前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

北岳(3193m)2日目  山梨県

DSC09239.jpg
肩ノ小屋より、日の出と富士山

【山行日】2016年10月20日(木)~21日(金)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
 1日目 広河原(7:55)~右俣コース~肩ノ小屋(14:09)
 2日目 肩ノ小屋(6:37)~北岳頂上(7:25ー8:54)~左俣コース~広河原(13:35)

やっと晴れの日が続き、2泊3日で山を楽しもうといつもの北岳に向かう。
順調に歩き肩ノ小屋に着いて、明日は農鳥小屋に泊まって農鳥岳を楽しみたいと。
「農鳥小屋は、今日で降りてしまったかもしれないよ。」
電話して留守電、後から農鳥小屋主人から電話かかって来て
「ごめんな、又来年な。気をつけて間ノ岳楽しんでな。」と。
計画変更、1案は北岳から間ノ岳迄歩いて、下山し帰宅。
     2案は北岳から下山し、バスで北沢峠に移動。翌日、甲斐駒ケ岳登山し帰宅。
予定の2泊3日で山を楽しめるのは2案、その方向で気持ちは固まった。


2日目 朝食前に外に出て、朝焼けとご来光を楽しむ。
夏ならば大勢の人で、外も小屋の中も大賑わいの時間なのだが、とても静かで落ち着いている。
小屋を後に北岳頂上へ向けて、登りだす。

DSC09230_20161023220911d22.jpg
日の出前

DSC09240_2016102322091009f.jpg
日の出

DSC09252_20161023220910e98.jpg
仙丈ケ岳と左奥に中央アルプス

DSC09257.jpg
仙丈ケ岳と右奥に北アルプス

DSC09269.jpg
小屋から登って、甲斐駒ケ岳、八ケ岳

DSC09271.jpg
富士山と北岳頂上

DSC09272.jpg
北岳頂上と間ノ岳

DSC09273.jpg
1番・2番・3番が並んだ

IMG_20161021_082650.jpg
頂上より、仙丈ケ岳の左後ろに中央アルプス・御嶽山・乗鞍岳

DSC09283.jpg
頂上より、仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳

IMG_20161021_082622.jpg

DSC09278_20161023221802f00.jpg
甲斐駒ケ岳・八ケ岳

DSC09311_2016102322193670c.jpg
右に鳳凰山(オベリスク)、その奥に秩父連山

DSC09282.jpg
三等三角点と富士山、右は頬被りのお地蔵さん

DSC09279_20161023221938a74.jpg

DSC09288_20161023221937eed.jpg
間ノ岳・農鳥岳、正面奥に塩見岳

DSC09290.jpg 至福の時間

頂上からの眺望は良いに決まっている、更に風も無くてとても暖かい。
中央アルプス・北アルプス・御嶽山・乗鞍岳・甲斐駒ケ岳・八ケ岳・秩父連山・南アルプス。
更に奥に見えている山々の山座同定は出来ないが、なんと気持ち良い事か・・・。
小屋で一緒だった青年達とも話が弾み、記念写真も一緒にと嬉しいね。
今日の行程の予定、下山後北沢峠(明日甲斐駒ケ岳)行きは中止とする。
此処の気持ちいい時間をゆっくりと過ごし大満足、今日帰宅する事に変更。

DSC09322_20161023222110273.jpg
八本歯のコルへの岩場の下り、八本歯の頭と富士山。

DSC09327_2016102322211095d.jpg
頂上から下って来て、振り返る(中央左に下りてくる登山者)。

DSC09338_20161023222306e87.jpg
大きな間ノ岳と左に農鳥岳

DSC09344_20161023222306774.jpg
八本歯の頭と八本歯のコルを見下ろす
此処から梯子が連続、今日一番の緊張の時間が始まる。

DSC09340.jpg
迫力のバットレス
DSC09345_2016102322230505f.jpg

DSC09347.jpg 梯子から大樺沢を見下ろす

DSC09351.jpg
左俣コースのザレを二俣へ向けて下る。

DSC09367.jpg
大樺沢二俣の何時もの場所、ザックを下ろして長~い休憩・・・。


DSC09386.jpg
大樺沢からの紅葉

DSC09405_2016102323492084b.jpg
吊り橋より広河原

DSC09408_201610232349193c6.jpg
広河原インフォメーションセンターに下山した。


2泊3日の予定を1泊2日の山登りに変更してしまったが、気持ちは大満足。
時間は有りすぎ、ザックを下ろしては景色を眺めお茶の時間が多かった。
今年の夏山最後、北岳21回目の山登りにして良かった。
というのも嬉しい出来事が一つ、肩の小屋から少し登って写真を撮った後、バッテリーを外してポケットに入れたつもりが、落としてしまっていた。
気が付いて戻れる距離だったのだが・・・、あの急なザレ・岩場をと思うと面倒くさくなってしまい戻らなかった。だが、歩を進めながらも「戻れば良かった。」と、後悔しきり。
頂上に着いて予備バッテリーを入れて写真を撮っていると、見覚えのある青年が手を振りながらやって来た。見ると、手にバッテリーを持ち「落としたでしょ!」と。
一気に気分爽快、小屋で同じテーブルで食事をした人達だった。
下界に下りたタロウの母は気弱(?)なので、若者と話しなど出来ないが山ではなんで違うのか。又若者たちも、婆さんを相手に嫌な顔をしません(嬉しいですね)。


1日目 広河原~右俣コース~肩の小屋


-----------------------------------------
トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg

【英語で楽しく☆スロバキア料理教室】
https://www.facebook.com/slovakiacooking/

【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics

-----------------------------------------

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 22時58分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/968-e44b3a13

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ