前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

鳳凰山 2日目 (山梨県)

DSC08608_201608280941211bf.jpg
影オベリスクと奥に甲斐駒ケ岳・アサヨ峰・仙丈ヶ岳

【標高】薬師岳(2780m) 観音岳(2840m) 地蔵岳(2764m)
【山行日】2016年8月25日・26日(木・金)
【天候】25日(晴のち霧) 26日(快晴)
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
 1日目 夜叉神峠登山口(6:07)~夜叉神峠~杖立峠~苺平~南御室小屋(10:55-11:30)~砂払岳~薬師岳~観音岳~鳳凰小屋(14:35)
 2日目 鳳凰小屋(5:40)~地蔵岳(6:47-7:13)~高嶺(8:30-9:20)~白鳳峠(10:09)~広河原(12:38)

2日目快晴、鳳凰小屋を後に地蔵岳に向けて登る。
夜中に降った土砂降りの雨、歩きにくい砂地の急登も雨でしまって登り易く感じる。

DSC08580.jpg
快晴、雲海が綺麗

DSC08582.jpg 砂地の急登を登る
DSC08586.jpg
青空に突き上げるオベリスク

DSC08591.jpg 太陽の陽を受けるビランジ

DSC08595.jpg
オベリスクに立つ登山者(気持ち良いだろうな~~)

DSC08602-1.jpg
お地蔵さんとオベリスク

DSC08604.jpg 裏に回って可愛いお地蔵さん
DSC08605.jpg ひっそりと手を合わせている
DSC08612.jpg
観音岳と富士山

DSC08617.jpg
賽の河原のお地蔵さん、後ろに甲斐駒ケ岳

地蔵岳・賽の河原に到着、岩陰にひっそりと置かれた可愛い地蔵さんや
甲斐駒ケ岳や富士山の眺望を眺めて時間を過ごす。
賽の河原からアカヌケ沢ノ頭に登り、分岐を高嶺方向に進む。

DSC08624.jpg
アカヌケ沢ノ頭から北岳、手前にこれから向かう高嶺

DSC08625.jpg
オベリスクと雲海に浮かぶ八ケ岳

DSC08630_20160829111438e44.jpg
大きな岩の隙間に力強く咲くホウオウシャジン

DSC08648.jpg 朝露を載せてビランジ
DSC08639.jpg ミネウスユキソウ
DSC08656.jpg ミヤマシャジン

DSC08665.jpg イワインチンとホウオウシャジン

DSC08671.jpg イワインチン

DSC08674_20160829113107ade.jpg
甲斐駒ケ岳

DSC08677.jpg
北岳と手前に高嶺頂上

DSC08678.jpg
高嶺頂上より北岳・仙丈ヶ岳

DSC08683.jpg
左からオベリスク・アカヌケ沢ノ頭・観音岳・薬師岳

高嶺は見た目以上に岩山、急登の岩を登り頂上へ着く。
此処は私のお気に入りの場所、眺望が良く、人があまり来ないので静かだ。
朝食のお弁当を食べながら、頂上と眺望をひとり占めで時間を過ごす。

DSC08684.jpg コケモモの実
DSC08688_201608291154435fc.jpg
ホウオウシャジン・ダイモンジソウ

DSC08696.jpg
左から仙丈ヶ岳・アサヨ峰・甲斐駒ケ岳、手前に早川尾根。

高嶺からの下りも最初は大きな岩を緊張して下り、その後は景色を眺めながら白鳳峠に到着。
その先は広いゴーロ帯の下り、本来ならば北岳を見ながら下るのだが、今日はガスで隠れている。

DSC08701.jpg 白鳳峠

DSC08703.jpg ゴーロ帯を下りる

DSC08704.jpg
延々と続くゴーロ帯を白鳳峠へ向かう登山者

ゴーロ帯を過ぎ、樹林帯に入ると景色が一変する。
緑一色、フカフカの苔むした美しい景色になる。

DSC08709.jpg
美しい苔むした別世界

DSC08711.jpg
しっとりと水分を含んで・・・

更に降りると、急な鉄梯子が連続する危険な場所が続く。
危険な場所の足元にも、可愛い花達が沢山咲いている。

DSC08713.jpg 緊張の鉄梯子
DSC08717.jpg 梯子が連なる
DSC08722.jpg サラシナショウマ
DSC08734.jpg  登山口に下山

急な細い登山道は、白鳳峠登山口まで続き、緊張の連続だ。
林道に降り立ち、ホッとして広河原へと歩を進める。
もう1泊して北岳に登り、花を見てくる予定にしていたので、
広河原インフォメーションセンターで明日の天候を聞くつもりで歩いて行く。

DSC08736.jpg 広河原に到着

「直ぐ、出発するよ。」との、乗合タクシーの声に乗り込んで帰る事にした。
夜叉神の森で乗合タクシーを降り、金沢山温泉に直行してゆったりとした。
温泉隣の第4・第5の市営駐車場にも多くの車、北岳の山小屋の混雑ぶりが伺えた。
(翌日、27日は雨になってしまったので、帰って来て正解だった。)
夜叉神コースで鳳凰山ピストンだと飽きてしまうが、高嶺~白鳳峠~広河原へのルートは変化があり楽しめる。白鳳峠は長い急登、登りと下りと両方を歩いてみて感じたのは、危険も少なく足への負担を考えると登りに使った方が良いように思った。


1日目 夜叉神登山口~薬師岳~観音岳~鳳凰小屋

-----------------------------------------
トマスパパ、磁器カップ販売中。
↓是非、ご覧ください↓

tom.jpg

ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)。
 Facebookもチェックしてね!
-----------------------------------------
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 17時41分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

花々

いろんな花達、花も良いし写真も上手いと思いました。
この時期、気の早い俺は花は終わりと決め込んでいましたが、考え直さなくっちゃ!
明日は、立山です。

| akira12345 | 2016/08/30 19:22 | URL | ≫ EDIT

akira12345 様

タカネビランジは終盤なので、日当たりの悪そうな岩陰を覗くと未だ綺麗なのが見つけることが出来ます。
ホウオウシャジンは丁度見頃で、今まで何度か見に行った中では一番綺麗でした。
akiraさんは、又北アルプスですか、良いですね~。

| タロウの母 | 2016/08/30 20:46 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/960-b6b1b5f6

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ