前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

白峰三山縦走 2日目 (山梨県・静岡県)

DSC08163_20160805002902859.jpg
1番・2番・3番が並んだ(富士山・北岳・間ノ岳)


【標高】北岳(3193m) 間ノ岳(3190m) 西農鳥岳(3051m) 農鳥岳(3026m)
【山行日】2016年7月28日(木)~30日(土)
【天候】晴れ・霧
【形態】2人、2泊3日
【コースタイム】
 1日目 奈良田(9:00バス)==広河原(10:08)~右俣コース~肩の小屋(16:25)
 2日目 肩の小屋~北岳~間ノ岳~農鳥小屋(13:40)(ゆっくりと花散策の一日)
 3日目 農鳥小屋(5:18)~西農鳥岳~農鳥岳~大門沢~奈良田(15:28)

花と展望を楽しみに、白峰三山を縦走する。
1日目はキツイ登り、3日目は長い下り、2日目はゆっくりと花散策で体力温存の行程にした。


2日目の朝、いつもの様に朝食前に外に出てご来光を待つ。
鳳凰山の向こうから太陽が上がって来て、皆一斉にカメラのシャッターを押す。

DSC08080.jpg

DSC08084_201608031447419e4.jpg

DSC08066_201608031447416d3.jpg

DSC08087.jpg

DSC08105_201608031454300ed.jpg
 甲斐駒ヶ岳、八ケ岳は雲海に沈み赤岳の頭だけ出ている。

DSC08103_20160803145430038.jpg
 仙丈ヶ岳

DSC08109.jpg

DSC08113_20160803145430b6d.jpg

美しい景色を十分楽しんだ後、ゆっくりと最後の回の朝食を頂き北岳へ向け出発。

DSC08132_201608031516595da.jpg
 両俣小屋分岐

DSC08141.jpg ヨツバシオガマ
DSC08157.jpg シコタンソウ
DSC08160_20160804153718551.jpg イブキジャコウソウ
DSC08167_20160805170158892.jpg 頂上手前のピークにて
DSC08176_20160804153718871.jpg 北岳頂上

北岳頂上へ到着、真っ青な空に真っ白な雲海が広がる。
休憩の後、間ノ岳に向けて急峻な道を下る。

DSC08180_20160804153718f47.jpg
 正面に間ノ岳、右に塩見岳、左に農鳥岳。

DSC08183.jpg
 気の抜けない急坂を下る。

DSC08196.jpg
 下りてきた梯子を見上げる。

DSC08204.jpg
 下って来て、北岳を振り返る。

DSC08205.jpg
 チシマギキョウ、左中ほどに北岳山荘が見える。

DSC08206.jpg 北岳山荘
DSC08218.jpg 気持ち良い稜線散歩
DSC08219.jpg  中白根山
DSC08223.jpg
 タカネツメクサ ・イブキジャコウソウ

DSC08227_20160804154231b53.jpg 色の薄いチシマギキョウ

DSC08228.jpg 間ノ岳への登山道

DSC08233.jpg
 タカネヤハズハハコ・チングルマ

DSC08235_201608041543599e5.jpg
 イワギキョウ

DSC08243_20160804170340592.jpg 間ノ岳頂上

DSC08256_2016080417034042d.jpg

間ノ岳頂上でゆっくりと昼食タイム、後は農鳥小屋へ向けて下る。

DSC08258.jpg
 チングルマ・アオノツガザクラ

DSC08263_201608041659197ff.jpg
 間ノ岳から農鳥小屋への下り、ザレた急坂。

DSC08266.jpg
 岩だらけの登山道を延々と・・・。

DSC08274_20160804170340584.jpg
 タカネツメクサ・シラネヒゴダイ

DSC08275_20160804154358878.jpg
 三国平への分岐、農鳥小屋は近い。

DSC08301.jpg
 農鳥小屋に到着

DSC08302_2016080417063122a.jpg
 左に農鳥岳、右から3つ目の丸いピークが西農鳥岳

早い時間に到着、小屋主さんの説明を受け一番奥の寝床となる。
18名で余裕ある寝床、後から到着した人は別棟になる。
「水は最小限あげるが、鹿除け対策にもなるので水場へ行って汲んできてくれると助かるんだ。花も楽しめるよ。」との、言葉に水場に向かう。
往復30分、ウサギキク・トモエシオガマ・ハクサンフウロ・・・、高山植物の咲く道を楽しみながら水場へ行って来た。
「前は、あんなものじゃなかった。鹿にやられてしまって少なくなった。」と。

DSC08280.jpg 水場

DSC08278_201608050029020b6.jpg ウメバチソウ
DSC08287_201608050029022b4.jpg トリカブト
DSC08288_20160805002902b81.jpg トモエシオガマ
DSC08298.jpg ウサギギク

食事場所は狭く、18名全員入って一度に食べる。別棟はその後に食べる。
「お代わりは自由だが、残すと怒るよ。」と、小屋主さんの説明。
農鳥小屋は2回目の利用、お味噌汁がとても美味しいと思った。
「みそ汁は出汁から取って、作っているからな。」と、ちょっと自慢気に。


1日目 広河原~大樺沢~右俣コース~肩の小屋
3日目 農鳥小屋~西農鳥岳~農鳥岳~奈良田

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 23時42分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/950-ddfcb79a

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ