前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

和名倉山(2036m) 埼玉県

DSC07125_20160526222246a95.jpg
シャクナゲが見頃の西仙波

【標高】和名倉山(2036m) 東仙波(2003m) 西仙波(1983m)
【山行日】2016年5月22日(日)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】三ノ瀬(6:44)~七ッ石尾根~山の神士(8:30)~西仙波~東仙波(9:54-10:13)~川又分岐(11:07)~二瀬分岐(11:20)~和名倉山(11:35-12:08昼食)~東仙波(14:02-14:15)~西仙波~山の紳士~三ノ瀬(16:44)

2014年6月に和名倉山へ向かったが、頂上手前で下山してきたので、今回再度登る。
「みはらし」の駐車場(500円)は満車状態、和名倉山へも登っている人がいるだろう。
前回は誰とも会わなかったが、今回は何名の登山者と会えるだろうか。

DSC07065_20160526222246b4a.jpg 登山口

DSC07068_20160526222246a12.jpg 分岐を左へ

DSC07070_2016052622224544b.jpg 牛王院平へ向かう

林道を歩き、分岐を左に向かい七ッ石尾根を登り牛王院平へ向かう。

DSC07079.jpg 七ッ石尾根の急登を行く

DSC07071_2016052622224481a.jpg 若葉を見上げる

DSC07086_201605262231197bf.jpg 七ッ石尾根の登り

DSC07089.jpg 道が平になり

DSC07090_20160526223118218.jpg カラマツの植林地を抜け

DSC07093_20160526223117c78.jpg 分岐(山の神士)

七ツ石尾根の急登から道が平になり、歩きやすくなれば牛王院平。
直ぐに山の神士の分岐になり、和名倉山(白石山)方面に向かう。
此処からは歩きやすい道が続き、リンネノ峰を過ぎしばらくすると
シャクナゲの道になる。

DSC07094_20160531233313cd3.jpg リンネノ峰

DSC07104_20160531233312a38.jpg シャクナゲ

DSC07110_20160531233312991.jpg

DSC07114_201605312333118c8.jpg

DSC07118_20160531233554791.jpg

DSC07124_20160531233554a7e.jpg 西仙波

DSC07129.jpg

西仙波あたりはシャクナゲの花が見頃、足の進みが遅くなる。
岩場の所で今日初めての登山者と出会う。
和名倉山へ登り戻って来た方で、この後数人の方とすれ違う。

DSC07130.jpg 岩場

DSC07132_201605312335536f0.jpg
岩場から来た道を振り返る、すれ違った方が岩場を下っていく。
歩いてきた尾根と、その向こうに唐松尾山が見える。

DSC07138.jpg
これから歩く道、奥に目的地の和名倉山。

DSC07140.jpg
右に先ほどの岩場、又一人下山していく登山者。

DSC07142.jpg

東仙波で休憩、腹ごしらえをする。
此処で2名の方と会い、後何名の方と会えるやら。

DSC07145_20160531233927765.jpg 気持ち良い道を歩く

DSC07146_20160531233926d0b.jpg カバアノ頭

DSC07147.jpg 東仙波を振り返る

東仙波の隣にあるカバアノ頭、歩いてみたい気持ちになる稜線。
踏み後があるのかどうか、今度時間がある時に向かってみようか。
此処でもう一人下山者の方が、その先吹上ノ頭付近で最後の一人の方と会う。
この先和名倉山への道は樹林帯を進むので眺望はないが、木々の美しさを楽しめる。

DSC07154_20160531234214b61.jpg 樹林帯を歩く

DSC07155.jpg 古株から伸びた大木

DSC07157.jpg 川又分岐

DSC07158.jpg 水場分岐近く

前回はこの辺で水場(右方向)の方へ向かってしまった。
此処から和名倉山への道は、初めて歩く事になる。
直ぐに二瀬分岐になり、頂上が近くなる。

DSC07159_20160531234213209.jpg 二瀬分岐

DSC07161.jpg 頂上手前の場所

DSC07162.jpg 和名倉山頂上

DSC07166_20160531234551c2a.jpg 二等三角点

二等三角点のある和名倉山頂上、木々に囲まれてうす暗い。
セルフで写真を撮り、少し戻った開けた明るい場所で昼食タイム。
もう誰も登って来る人はいないだろう、来た道を戻る事にする。

DSC07171.jpg シラビソかな

DSC07172.jpg ダケカンバ

DSC07179.jpg この辺は赤い石や土

DSC07185_20160531235100e63.jpg 赤い岩塊を見下ろす

DSC07186.jpg 奥秩父の山々

DSC07188_20160531235340a16.jpg シャクナゲ

DSC07211.jpg

DSC07191_20160531235340468.jpg コイワカガミ

DSC07195_20160602232401359.jpg 左正面に東仙波

明るい林の中を歩き、吹上ノ頭付近からは山々の眺望を楽しんだ。
美しいい尾根道を進み東仙波に戻り、再度休憩最後の腹ごしらえをする。
西仙波のシャクナゲを再度楽しみ、山ノ神士から七ッ石尾根を下る。

DSC07226_2016053123533908e.jpg ミツバツツジ

DSC07231.jpg ヤマツツジ

三ノ瀬までの道はミツバツツジやヤマツツジが綺麗に咲いていた。
途中で出会った登山者、前日将監小屋泊まりやテントの方が多かった。
和名倉山頂上は見晴らしはゼロだが、途中の登山道や林の美しさが心に残る。
今度は、吹上ノ頭あたりまで来て、のんびりして帰ってもいいかと思う。



-----------------------------------------
トマスパパ、磁器カップ販売中。
↓是非、ご覧ください↓

tom.jpg

ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)。
 Facebookもチェックしてね!
-----------------------------------------


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 23時43分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/932-5da42ac7

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ