前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

陣馬山~高尾山   神奈川県・東京都

DSC06203_201602282032458b0.jpg
陣馬山頂上

【標高】陣馬山(855m) 景信山(727m) 高尾山(599m)
【山行日】2016年2月27日(土)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】藤野駅(バス)陣馬登山口(8:08)~(栃谷尾根コース)~陣馬山~明王峠~景信山~小仏峠~城山~一丁平~高尾山~(稲荷山コース)~高尾山口駅(16:28)

2009年11月に陣馬高原下から登り、陣馬山から高尾山へ縦走したことが有るので、今回は登山口を変えて登った。
藤野駅から和田行のバスで移動、出発時には登山者でいっぱいになった。
直ぐに陣馬登山口に着き、分岐を栃谷尾根コースに進む。

DSC06183.jpg 藤野駅

DSC06185.jpg 陣馬登山口

DSC06186.jpg 栃谷尾根コースへ

DSC06190.jpg 栃谷休憩舎

DSC06192_201602282032444ba.jpg
栃谷集落から富士山

DSC06196.jpg 桜が咲き始めていた

DSC06200.jpg

栃谷集落の中を延々と歩くが、集落からの景色を楽しむ事が出来る。
スミレやネコヤナギ・椿など、見つけては楽しみながら進む。
富士山が良く見える場所に、咲き始めたばかりの桜が綺麗だ。

IMG_20160227_093524.jpg 尾根歩き

IMG_20160227_100921.jpg キツイ階段状を登る

気持ち良い尾根歩きから、急な階段を登り陣馬山頂上に到着。
一人でノンビリと登って来た今までと違い、頂上は案の定大勢の人で賑わっていた。
富士山は見えているが、少し霞んでしまった。

DSC06204.jpg 陣馬山頂上

DSC06202.jpg

DSC06209_20160228203617b7e.jpg

人気の陣馬山なので、テーブル・ベンチが沢山設置されている。
足元は霜が解けてグチャグチャ状態、テーブル・ベンチが無いと困る。
ゆっくりパンを食べてから、滑らないように歩いて景信山へ出発する。

DSC06211.jpg 明王峠

DSC06214.jpg 雪がある所も・・

DSC06215.jpg 景信山に到着

DSC06218.jpg

DSC06217.jpg 楽しんでいます

DSC06223.jpg なめこうどんを食べて・・

景信山では更に大勢の人達が、楽しんでいる。
ビールを飲んでゆっくりする人も、「いいナ!」と目が行く。
先に進まなければいけないので、なめこうどん(500円)を食べて我慢。

DSC06228.jpg  小仏峠に到着

DSC06229_2016022820404577d.jpg

DSC06227_20160228205700733.jpg 登山詳細図の販売

小仏峠で登山詳細図を購入、今回の目的が果たせた。
その先、小仏城山に到着。
此処にもテーブル・ベンチ、ついついザックを下ろしたくなる。
気持ち良いので、休憩してばっかり、これも人気の一つかもしれない。

DSC06230.jpg 小仏城山

DSC06234.jpg

DSC06233.jpg 城山茶屋

ちょっと進んでは休みたくなる場所、甘酒・おでん・饅頭・・・。
山登りに来ているのを忘れてしまいそうな、の~んびりしてしまう。
高尾山へ向けて進み、富士山は見えなかったが大勢の観光客で賑わう。

DSC06240.jpg 高尾山頂上

DSC06241_20160228204317003.jpg 大見晴園地

DSC06244.jpg

高尾山頂から稲荷山コースで降りてきて、高尾山口駅に到着。
駅に入る前に、用意されているタワシで登山靴の泥を落とす。
今日は縦走で楽しめ良かったが、又違うコースで歩いてみよう。
景信山や城山で、ノンビリするのも楽しい事だろう。
花の咲く時期は縦走で無く、ゆっくりと歩きに来ても良いかな。







関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 23時43分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

陣馬山~高尾山

はじめまして

冬は空気も澄んでいて富士山などきれいに眺められますね。
私は陣馬山、高尾山は別々に登りましたけど、
通して歩けばけっこうな距離ですよね。
ご健脚に感心いたしました。

| ふさじろう | 2016/02/29 12:36 | URL |

ふさじろう 様

はじめまして、コメント有難うございます。
陣馬山に登ってしまえば、標高がだんだん下がるので距離は長いですがそれほどでもありません。道も整備されているので(階段は疲れますが・・・)、歩きやすいです。
花の季節や紅葉の時季は、縦走で無くゆっくりと時間をかけて楽しみたいです。
「山と渓歩く」では沢山の美しい写真、楽しませて頂いております。滝もとても綺麗で、行ってみたくなります。

| タロウの母 | 2016/03/01 00:04 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/899-08e351dd

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ