前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲武信ケ岳(2475m)  山梨県・埼玉県・長野県

DSC00834_2016010516093477e.jpg
木賊山からの登山道より、甲武信ヶ岳

【山行日】2016年1月2日(土)
【天候】晴れ
【形態】2人・日帰り
【コースタイム】西沢渓谷P(6:40)~近丸新道登山口(6:57)~近丸新道~戸渡尾根合流(9:20)~木賊山(11:50)~甲武信小屋~甲武信ヶ岳頂上(12:33-13:40)~甲武信小屋~まきみち~徳ちゃん新道~西沢渓谷P(17:50)

正月で来ていた息子と「何処か山へ行こう。」と、甲武信ヶ岳に行くことにした。
暖冬で雪が少ないのと、何度も登ったことが有るので帰りにヘッドライトを利用するようになっても安全に戻れる。

IMG_1657.jpg 西沢渓谷駐車場

IMG_1659.jpg 近丸新道登山口

IMG_1663.jpg

IMG_1665.jpg

何時も徳ちゃん新道を登っているが、今日は近丸新道を始めて利用してみる。
途中、崩壊し狭いザレを通る個所が幾つか出てくる。
下にストックが落ちているが、落とされた方はさぞかしヒヤッとされたことでしょう。
ヌク沢に出て、どこを渡るかキョロキョロ、小さい橋を見つけた。

IMG_1668.jpg ヌク沢を渡渉する

IMG_1670.jpg


IMG_1677.jpg 戸渡尾根に合流

IMG_1680.jpg 急登の樹林帯

IMG_1681.jpg 雪と氷の登山道になる

IMG_20160102_143226.jpg
  戸渡尾根の展望地から、富士山と下に広瀬湖

IMG_1688.jpg
    此処でアイゼンを装着する

IMG_1690.jpg 分岐を左に木賊山へ登る

IMG_1694.jpg 木賊山頂上

戸渡尾根の樹林帯の急登、木賊山までがとても長く疲れる。
木賊山まで来れば、その先からの景色を目にして疲れも吹っ飛んでしまう。
目的地、甲武信ヶ岳が目前に元気を出して進むことが出来る。

IMG_1695.jpg 甲武信ヶ岳が目前に

IMG_1699.jpg

DSC00833.jpg

IMG_1703_20160105160144115.jpg
      八ケ岳      

IMG_1706.jpg 甲武信小屋

IMG_1710.jpg 甲武信ヶ岳頂上

IMG_1720.jpg

IMG_1713.jpg

IMG_1722.jpg

IMG_1737.jpg 木賊山(左)

DSC00839-1.jpg

甲武信ヶ岳頂上からの景色、富士山・南アルプス・八ケ岳・浅間山や金峰山の五丈岩もニョキと良く見える。
風が当たり寒いので少し移動し、富士山を眺めながらの昼食にする。

1452077688228.jpg  昼食タイム

DSC00848.jpg

十分景色を楽しみ、下山開始する。
甲武信小屋の徳ちゃんに挨拶をしてきたかったが、時間がないので仕方なく素通り。
まきみちのほうが雪が多いが、例年から比べれば全然少ない。

IMG_1740.jpg 下山はまきみちを行く

IMG_1741.jpg 分岐を木賊山方面へ

IMG_1745.jpg 分岐を戸渡尾根へ

IMG_1748.jpg 近丸新道との分岐

近丸新道の分岐まで下って来て、いつもの徳ちゃん新道を下りる。
この時間だと、最後はヘッドライトを使うようになる。
最後の下りまで行けば、暗くなっても大丈夫、その後は西沢渓谷の遊歩道だ。
予想した通り、途中でヘッドライトをつけて下り、駐車場に無事に到着。

今年の一回目の登山は、天候・眺望ともに良く十分に楽しんだ。
正月2日、出会った人は6人だけだった。




-----------------------------------------
トマスパパ、磁器カップ販売中。
↓是非、ご覧ください↓

tom.jpg

ハンドメイドマーケット minne(ミンネ)。
 Facebookもチェックしてね!
-----------------------------------------



関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2016年登山記録 | 16時51分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/879-6b2811b1

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ