前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

雲取山(2017m) 東京・埼玉・山梨

DSC02998_201505291745333b5.jpg
雲取山頂上


【山行日】2015年5月26日(火)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】三峰神社駐車場(6:00)~地藏峠~霧藻ケ峰(7:33 休憩)~白岩山(9:35)~芋ノ木ドッケ(9:44)~大ダワ(10:20)~雲取山荘(10:48)~雲取山頂上(11:20)~雲取山荘(11:50-12:37 昼食) 往路戻り 霧藻ケ峰(休憩)~三峰神社駐車場(16:58)

雲取山は何度も登り楽しんでいるが、このコースは2005年11月20・21日に登ったことがある。
その時は途中から雪道になり、アイゼンを使用して頂上へ登った記憶がある。
今回は一人なので、無理して頂上まで行かなくても良いという感じで登り始めた。

RIMG0079_201505291723321e1.jpg 三峰神社駐車場

RIMG0080_20150529172329600.jpg ハイキング気分で・・
RIMG0081_2015052917232852a.jpg 造林地を行き

RIMG0083_20150529172324a1d.jpg 

RIMG0084_20150529172322862.jpg 炭焼窯跡

RIMG0085_20150529172320205.jpg 地藏峠に到着

RIMG0087_20150529172554d52.jpg 目安になる海抜標識

RIMG0092.jpg 秩父宮両殿下レリーフ。

RIMG0094_20150529172550e9a.jpg 霧藻ケ峰で休憩

霧藻ケ峰で休憩、両神山などの秩父の山並みが見える。
手前の展望地はロープが張られて、入れないようになっていた。
ここからお清平までは、下りになる。

RIMG0095_201505291725473bd.jpg 下ってきてお清平

RIMG0096_201505291725458d7.jpg 大血川方面分岐

RIMG0097.jpg
                現在地(お清平)は、雲取山へ半分未満

お清平からは急な登りになる。
この先、白岩山まで上り下りを繰り返す。

DSC03057.jpg 岩混じりの登山道になる

RIMG0099_201505291749243a2.jpg 急登

RIMG0100.jpg 前白岩の肩

RIMG0101_201505291749222e2.jpg やっと半分を超えた

RIMG0102_201505291749206b6.jpg 前白岩山

RIMG0108_2015052917491918a.jpg 雲取山がだんだん近くなる

RIMG0112_20150529174917afe.jpg 白岩山

三峰から半分を過ぎると、キロ数標識を見るのが嬉しくなる。
白岩山からは下って芋ノ木ドッケ、更に下って下って・・・大ダワに着く。
三峰からのキロ数の標識、雲取山まで2.7キロ、近づいてきた。

RIMG0114_20150529181227508.jpg 芋ノ木ドッケ

RIMG0115_20150529181226e69.jpg

RIMG0116.jpg 嬉しい標識のキロ数

DSC03011.jpg 下ってきて大ダワ

大ダワへ着けば、一頑張りで雲取山荘に着く。
小屋前にザックを置いて、空身で頂上へ向かう。

RIMG0118_20150529180214ff6.jpg 雲取山荘に到着

DSC02999_2015052918233514f.jpg
                雲取山頂上、三峰から10.7キロの表示

DSC03000_20150529183522555.jpg 東京都の標識

DSC03003_20150529182334b8c.jpg 埼玉県の標識

雲取山は東京都・埼玉県・山梨県に接しており、頂上標識が夫々ある。
山梨県の頂上標識は、避難小屋の所にある。

DSC03004.jpg 田部重治レリーフ

DSC03008_20150529222848795.jpg 小屋へ戻って昼食

小屋前はひっそりとして、日陰でゆっくりと昼食にする。
今は静かだが、今晩は60名の団体さんが泊まるという。
下山は往路を、少しゆっくりと花を見ながら歩く。

DSC02996_201505292250530a9.jpg オサバグサ

DSC03016_20150529225052c45.jpg マムシグサ

DSC03019.jpg ミツバツチグリ

DSC03024.jpg キバナノコマノツメ

DSC03027_20150529230440ef5.jpg ハルリンドウ

DSC03029.jpg 石灰岩が彼方此方に

DSC03036.jpg

DSC03051.jpg

DSC03060.jpg

帰りも霧藻ケ峰で両神山方面の景色を見ながら、ゆっくりと休憩する。
ここから駐車場までのだらだらとした道を下るのが、長く感じた。

DSC03063.jpg
                      霧藻ケ峰より両神山

DSC03064.jpg サラサドウダン

DSC03069.jpg

DSC03074.jpg クワガタソウ

DSC03075.jpg 後少しで駐車場

DSC03079.jpg 鳥居の所に登山届入れ

DSC03081.jpg
                駐車場から霧藻ケ峰・白岩山・雲取山


今日は朝から下山まで、天候も安定しており心地よい風を受けて気持ち良く歩けた。
夏になったら何の花が咲くのだろうかと、葉を見ながら歩いた。
バイケイソウの群生地、大きな石灰岩が彼方此方にあり、時季を変えて登りたいと・・。
平日でも百名山の雲取山、すれ違う登山者も何組かいて、寂しさはなかった。






関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2015年登山記録 | 22時51分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/826-7682f051

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ