前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大塚山(920m) 奥多摩

DSC02004_20150401165740bfe.jpg
岩ウチワ

【山行日】2015年3月31日(火) 
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】小丹波駐車場(9:00)~金毘羅神社~鉄五郎新道~広沢山~大塚山~富士峰園地 (往路戻り)小丹波駐車場(14:50)

岩ウチワとカタクリの花を見に、2013年4月に楽しんだコースを登る。
町営駐車場(平日なので無料)に車を置き、寸庭橋を渡って出発する。
ここは東京なので、電車・バスを利用しての登山者の方が多いようだ。

DSC01910.jpg 小丹波駐車場

DSC01913.jpg 小さい滝を見て

寸庭橋を渡り、直ぐに多摩川添いの道を進み小さい滝を見る。
奥多摩町森林再生間伐事業」の森の中を進み、金毘羅神社に着く。
鳥居だけ残っている神社奥の岩に登ると、奥之院があった。

DSC01916_20150401142354643.jpg 金毘羅神社

DSC01923.jpg

DSC01925_201504011434274ff.jpg

DSC01926.jpg

その先に進むと、切り立った大きな岩の上に出た。
下を覗きたいが怖くて・・・、下で岩登りの方が準備する姿が見える。
ここは越沢バットレスの上部なのか、私には縁がない所です。

DSC01921.jpg 越沢バットレス(クリック大)

DSC01930.jpg 岩ウチワ

DSC01932_20150401143426d4c.jpg

DSC01942_20150401143426077.jpg

金毘羅神社から登り始めると、すぐに岩ウチワの保護地がある。
丁度見頃で、とても可愛く綺麗だ。
これから鉄五郎新道の急登が続くので、ここに時間を費やしては居られない。
痩せ尾根の滑りやすい急坂が続き、その脇にも可愛く岩ウチワが咲いている。

DSC01947.jpg 鉄五郎新道を振り返る

DSC01952_201504011444394c5.jpg 広沢山

DSC01953.jpg 大塚山

鉄五郎新道を頑張って登り切れば、広沢山に出る。
そこからは歩きやすい道を大塚山へと進み、富士峰園地まで行く。
富士峰園地でカタクリを探す、日当たりの良い所に綺麗に咲き出していた。

DSC01961.jpg カタクリ

DSC01975.jpg 

DSC01965.jpg

DSC01982.jpg

DSC01997.jpg

DSC01993_201504011657391b9.jpg

DSC01998.jpg

来た道を戻り、ゆっくりと岩ウチワの花を眺め写真を撮るつもりだ。
そうは上手く行きません・・・・。
朝は静かだった痩せ尾根、下から吹き上げる風に小刻みに震える岩ウチワ。

DSC02012.jpg

DSC02006.jpg

DSC02010.jpg

DSC02038.jpg

DSC02014.jpg 

ブルブル・・・、震えが止まらない岩ウチワの花びら。
背丈が低くて、揺れが少なめなのを探してパチリと撮った。
鉄五郎新道は気の抜けない登山道、可愛い岩ウチワと綺麗なカタクリ。
やっぱり来て良かった、大満足。




関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2015年登山記録 | 14時11分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/803-59a1b949

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ