前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

心弾んだ日

朝早く雨戸を開けると、庭の隅に雉が見えた。
いつもは物音に、直ぐ下の畑に降りて行ってしまうが・・・・。
今日はいつもと違う、急いでカメラを持ってきて部屋からパチリ。


DSC01767_201503290058332fb.jpg

嬉しいね、やっと写真を撮れた。
傍の草むらに住み着いているのか、よく散歩している。

DSC01760-1_20150329005832f28.jpg

ケーンケーン バタバタと、大きな声と羽ばたく音が聞こえる。

DSC01761-1_20150329005832ffd.jpg

そうだ、今日はゆっくりとはしていられない。
母の94歳の誕生日、電車に乗って出かける。

長~い時間電車に揺られ、今日は父の墓参りはせずにケアハウスに向かった。
駅から歩いて向かうと、工場の前で何やら販売している。
通り過ぎてから、ふと見覚えのあるパン屋の名前に戻って買った。

大きなビニール袋を下げて、母の部屋に入っていった。
「おばあちゃん、誕生日おめでとう。」
「ほら、懐かしいでしょ、コスゲパンだよ。」
母の口から、嬉しく懐かい話が次から次と・・・よかった。
40年以上前、隣のご主人が勤めていてよくパンを頂いて食べたという。

私が家から持って行ったものは「ケーキ」ではなく、お芋。
アパートで一人で住んでいた時は、毎日お芋を蒸かして食べていた。

サツマイモとパン・・・・、なんと安上がりな。
母の喜んだ顔に、大満足。

母のところにいる時間はわずかだが、家に着くのは夜になる。
帰りに見たパン屋の工場、何事もない静かな様子。
偶然にも販売日に・・・
雉にもあえて・・・・
母との楽しい会話に、心弾んだ一日だった。








関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時11分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/802-feeda76c

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ