前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

茅ヶ岳・金ヶ岳    山梨県

DSC09956.jpg
茅ヶ岳と富士山


【標高】茅ヶ岳(1704m) 金ヶ岳(1764m)
【山行日】2014年11月15日(土)
【天候】晴れ時々曇り
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】観音峠(7:57)~尾根分岐(9:42)~茅ヶ岳頂上(10:21-11:13)~金ヶ岳(12:08-12:24)~分岐(12:38)~観音峠(13:52)


茅ヶ岳は深田公園からのコースとふれあいの里からのコースを何度か登り、楽しんでいる。
今回は観音峠からのコースを登る事にする。


DSC09996.jpg 観音峠からの案内図

DSC09940.jpg 道路脇に数台止められる


道路脇に車を停め、反対側が登山口になる。
土曜日なので何台か停まっているかと思ったが、誰もいない。
登り始めて直ぐに鎖・岩場の急登、ヤセ尾根の連続で気が抜けない。


DSC09942.jpg 登山口

DSC09943_201411160130568f2.jpg 富士山

DSC09945_2014111700383973e.jpg 早速、岩に鎖

DSC09948.jpg 船首岩

DSC09949_20141116013244ad5.jpg
                                        船首岩から瑞牆山・金峰山

船首岩からは富士山、瑞牆山・金峰山の眺望が良い。
幾つかピークを登り降りして、足元注意の岩場を乗り越えて進む。
目の前に大きな金ヶ岳南峰が迫り、茅ヶ岳への分岐を目指して登る。


DSC09951.jpg 金ヶ岳南峰と左に茅ヶ岳

DSC09952.jpg  岩を乗り越え

DSC09954.jpg 足元注意が続く

DSC09957.jpg 尾根の分岐に到着


金ヶ岳南峰に到着、右は金ヶ岳頂上、左は茅ヶ岳への分岐になる。
岩道の急坂を下って、登り返して茅ヶ岳に向かう。


DSC09960.jpg
                                            茅ヶ岳の奥に富士山

DSC09973.jpg 大きな岩の石門

DSC09962.jpg 石門をくぐって進む

DSC09964_20141117083611143.jpg 茅ヶ岳頂上

DSC09966.jpg 南アルプス方面

DSC09969.jpg


観音峠から此処までは私一人だけだったが、茅ヶ岳頂上は何時も大勢の登山者が居る。
深田公園から登って来た人や、ふれあいの里から金ヶ岳と周回コースの人達で賑わう。
頂上の足元は霜柱が融けてグチャグチャ状態、滑らない様に注意。
冷たい北風が吹きつけて寒く、風当たりの弱い所を探して昼食にする。
富士山は綺麗に見えているが、八ヶ岳は雲が掛り、南アルプスも少し雲が掛る。
昼を食べてから分岐迄戻り、その先の金ヶ岳頂上(北峰)へ向かう。

  
DSC09978.jpg 金ヶ岳南峰(分岐)へ登る

DSC09974_201411170836104ea.jpg マツムシソウが一輪

DSC09983_20141117083611db5.jpg 金ヶ岳頂上

DSC09985_20141116013346895.jpg 鳳凰山

DSC09986_2014111601334619c.jpg 茅ヶ岳と富士山

DSC09987.jpg 分岐を観音峠へ下る


金ヶ岳頂上から分岐迄戻って、観音峠へ下りる。
「行きは良い良い、帰りは怖い・・・」、登りは大丈夫だった岩場や鎖場も、下りは難儀した所が有った。


DSC09990_20141116013450800.jpg
                         帰りも綺麗に見えた瑞牆山・金峰山、右下に電波塔

DSC09992_2014111601344970c.jpg 熊・・・日本カモシカかな?


岩場を下りようとした時、下の方にふと目に入った黒い塊・・・・「何!!」。
一瞬熊かと身体が固まった、熊除けの鐘の音に反応が無いし、ビクともしない。
回り道出来るような所ではないし、そーっとそーっと下りてと思っても、深い落ち葉がガサガサ・・・。
成るべく見ない様にして下りて、視線から外れそうな所で見ると、顔がこちらを向いている。
わたしはズーッと見られていたと言う事で、日本カモシカと分かればビクビクしなくて良いのだけれど。


DSC09995_20141116013449add.jpg 電波塔まで下りて来た


岩場・鎖場で足が着かない、見えない等でヒヤリ、黒い物体にヒヤリとした下りだった。
電波塔まで来れば登山口は近い、やはり誰とも会うことなく下りて来た。
私の車だけかと思ったら、もう一台停まっていて、単独女性の方が少しして下りて来た。
今日のコースは岩場・鎖場・急登・ヤセ尾根と、気が休まる間が無く面白い。
行程時間は短いが、とても充実感溢れる楽しめるコースだった。
景色も楽しめるので、今度は季節を変えて又登りに来よう。






関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 23時40分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

茅ヶ岳登山について

はじめまして
茅ヶ岳登山の報告を拝見しました
観音峠からのコースというのは知りませんでした
写真がきれいなので他の報告も拝見しました
白馬から朝日の縦走や北岳から塩見の縦走を拝見し、行ってみたくなしました
美しい花をたくさん撮られていますね
よければHP見てください(立ち上げたばかりです)
https://sites.google.com/a/meizan-hitoritabi.com/hitoritabi/6-1a-kayagatake-050605

| kawabe.goro | 2015/06/09 21:11 | URL |

kawabe 様

コメント有難うございます。
HP見させていただきました。
私は冬山、ましてスキーは出来ませんので羨ましい限りです。
その為、雷鳥の真っ白な保護色になった姿を見たことが有りません。
半分くらい白くなったのはあるのですが・・・・、仕方ないです。
一人で行かれる夏山・秋の山を楽しんでいるお婆さんですから。

| タロウの母 | 2015/06/10 23:07 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/758-9045a9c6

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ