前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩南嶺<コンドウ丸・大谷ヶ丸>(山梨県)

3-DSC00146.jpg
新緑に映えるツツジ

【標高】コンドウ丸1392m 大谷ヶ丸1643m
【山行日】2011年5月25日(水)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】景徳院(8:35)~お坊山分岐(9:55-10:00)~大鹿山(10:20)~曲り沢峠(10:35-10:40)~コンドウ丸(11:07-11:12)~大谷ヶ丸(12:23-13:10 昼)~曲り沢峠(14:12)~景徳院分岐(14:20)~景徳院駐車場(15:20)

3-RIMG0768.jpg 整備されたP

3-RIMG0798.jpg 景徳院脇に、歴史ある場所ですね

3-RIMG0769.jpg 民家の壁に、庭先を抜ける

景徳院前の公営駐車場から民家の庭先を抜け登山道に入る。
薄暗い樹林帯から新緑が美しい落葉樹林帯に入り、気持ち良い。
鉄塔の脇を抜け、さらに鉄塔の間を潜り急登が続く。

3-RIMG0770.jpg 開けて入ったら必ず鍵を忘れずに

3-RIMG0771.jpg 氷川神社

3-RIMG0775.jpg 鉄塔を潜り

3-DSC00147.jpg


3-DSC00148.jpg お坊山分岐

3-DSC00153.jpg 大鹿山頂上

3-DSC00154.jpg 曲り沢峠

3-RIMG0781.jpg 広々とした曲り沢峠

3-DSC00155.jpg コンドウ丸頂上

3-DSC00158.jpg 

3-DSC00159.jpg

大鹿山・コンドウ丸・大谷ヶ丸とも林の中なので見晴らしは良くない。
最後の大谷ヶ丸への急登は疲れた身体には応える。
5月8日に湯の沢から大谷ヶ丸まで歩いているので、今日はここ迄。
頂上で一人でゆっくり昼を食べていたら、湯の沢からのピストンの男性一人登って来た。
戻りは急坂を滑らないように下り、大鹿山手前の分岐を景徳院へ戻る。
どちらのコースも急登には変わらない。

3-RIMG0792.jpg 大谷ヶ丸にて

3-RIMG0796.jpg

3-RIMG0797.jpg 大鹿山手前を景徳院に下る

3-DSC00144.jpg ギンラン

3-DSC00151.jpg チゴユリ

3-DSC00157.jpg フデリンドウ

3-RIMG0793.jpg 低木にグリーン色の花(名前?)

いつか大菩薩からここまで縦走で下りてみたいので、今日は下見を兼ねて登ってみた。
見晴らしは望めないが、新緑の木々の中を野鳥の鳴き声を聞き、色鮮やかなツツジを楽しんだ。
ツツジは頂上の方はまだ蕾で、これからが見頃になる。


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2011年登山記録 | 02時10分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/75-78ff9084

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ