前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

北岳・鳳凰三山 (2日目)   山梨県

DSC09111_20141012162026411.jpg
鳳凰山(薬師岳)より北岳


【標高】 北岳(3193m) 地蔵岳(2764m) 観音岳(2840m) 薬師岳(2780m) 高嶺(2778m)
【山行日】2014年10月9日~11日
【天候】晴れ
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
1日目 広河原(6:54)~大樺沢左俣コース~吊り尾根分岐~北岳頂上~北岳肩ノ小屋(14:45)
2日目 北岳肩ノ小屋(6:12)~草スベリ~白根御池小屋~広河原~白鳳峠入口~白鳳峠~高嶺~地蔵岳~
     鳳凰小屋(15:32)
3日目 鳳凰小屋(7:00)~地蔵岳~観音岳~薬師岳~南御室小屋~夜叉神峠登山口(15:35)


天候が良い日が続きそうなので、混雑を避け平日に小屋泊りで山行きを決めた。
北岳も鳳凰山も何度も登っているので、ゆっくりと楽しめる山になると思う。
急登でキツイと言われた白鳳峠、此処だけが初めての道なので緊張する。


2日目 今日は北岳から下山して、鳳凰山の地蔵岳に登り鳳凰小屋に向かう行程。
昨日は霧に包まれ山々の眺望は無かったが、今朝は美しい富士山が姿を現している。
肩ノ小屋で朝食を済ませ、景色を楽しみながら草スベリから広河原へと下りて行く。


DSC08822.jpg
                             肩ノ小屋より、日の出前の甲斐駒ヶ岳・八ヶ岳

DSC08835_20141013143206b19.jpg
                                            肩ノ小屋と富士山

DSC08831_20141013143205bdf.jpg

DSC08837.jpg
                                         仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳

DSC08845.jpg
                                       仙丈ヶ岳と後方に北アルプス

DSC08843.jpg
                                               富士山と北岳

DSC08851_20141013143328554.jpg

DSC08844.jpg
                                    富士山の手前にポーコン沢ノ頭

DSC08846.jpg
                     甲斐駒ヶ岳、後ろに八ヶ岳、手前に小太郎尾根と早川尾根

DSC08853.jpg
                                  北岳を振り返る、右窪みに肩ノ小屋

DSC08870_20141013143327bfa.jpg
                        草スベリより白根御池を見降ろす、正面に高嶺・鳳凰山

DSC08873_20141013143327af2.jpg
                                            白根御池と高嶺・鳳凰山

DSC08879_20141013143517d80.jpg
                                    白根御池から北岳、右側が草スベリ

DSC08875.jpg

DSC08881.jpg
                                                  白根御池小屋


白根御池小屋まで下りて来て、景色を楽しみながら休憩する。
この先は樹林帯の長い下り、広河原へ向かう。
広河原へ下りてきて、白鳳峠の急登に向けて広河原山荘前で休憩する。


DSC08889_2014101314351686b.jpg
                                           広河原へ下りて来た

DSC08893_2014101314351636f.jpg
                                           吊橋より北岳を振り返る


南アルプス林道を少し歩き、白鳳峠入り口に着く。
此処から白鳳峠までは初めて歩く道、どの位時間が掛るか・・・・・・。


DSC08896.jpg フジアザミ

DSC08900.jpg 白鳳峠入り口

DSC08903.jpg 滑りそうな岩にはロープ

DSC08904.jpg 鉄梯子が連続する

DSC08911.jpg 苔生した林

DSC08912.jpg

DSC08915.jpg ゴーロ帯になる

DSC08917_20141013143854575.jpg
                ゴーロ帯からは北岳の見晴らしが良い、後ろから登って来る登山者

DSC08923.jpg
                                  若い男性2人、直ぐに追い越された

DSC08925.jpg
                                      まだまだ続くゴーロ帯の登り

DSC08929_20141013143853f65.jpg
           ゴーロ帯の途中から振り返る、急なゴーロを頑張って登って来た(正面に北岳)


DSC08931_20141013143852088.jpg やっと白鳳峠に到着

DSC08933.jpg 通行不能の立て札


長い急登の白鳳峠、3分の2は樹林帯、残り3分の1はゴーロ帯の感じだ。
樹林帯を抜けると広いゴーロ帯は見晴らしが良く、気持ちが良い。
赤薙沢ノ頭が去年の大雨で崩落し、広河原峠方面には通行禁止になっていた。


DSC08935.jpg
                              赤薙沢ノ頭の黄葉と後ろに甲斐駒ヶ岳
                       
DSC08936_2014101314401004f.jpg
                                                   甲斐駒ヶ岳

DSC08939.jpg
                           北岳と仙丈ヶ岳、右下に先ほど登って来たゴーロ

DSC08945.jpg 高嶺への岩場の登り

DSC08950.jpg
                高嶺への岩場より、仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳、手前にアサヨ峰・早川尾根

DSC08953.jpg
                         高嶺頂上より鳳凰山(観音岳・薬師岳)、奥に富士山

DSC08956_2014101314413360c.jpg
                                DSC08954_20141013144133cf1.jpg
        高嶺頂上より北岳(大樺沢・左俣コース)、右に小太郎尾根、左に池山吊り尾根

DSC08959_20141013144132303.jpg
                                        仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳方面

DSC08961.jpg
                                            鳳凰山・富士山方面

DSC08969.jpg
                                      地蔵岳・オベリスクと赤抜沢ノ頭

DSC08970_20141013144132e10.jpg
                                                 花崗岩と紅葉

DSC08971.jpg
                                   花崗岩越し甲斐駒ヶ岳と早川尾根

DSC08980.jpg
                                                  オベリスク

DSC08982_20141013144455372.jpg
                                    賽の河原のお地蔵さんと甲斐駒ヶ岳

DSC08983.jpg ズルズル、ザレを下る

DSC08984_201410131606455be.jpg  鳳凰小屋に到着

DSC08985.jpg 一瞬の楽しみ、虹



楽しかった一日、北岳から下って鳳凰小屋まで無事に到着する事が出来た。
今度は白鳳峠のゴーロ帯で、景色を眺めながらゆっくりと休憩したいな。
朝から美しい景色、紅葉を眺め、天候に恵まれて快適に歩く事が出来た。
鳳凰小屋ではこたつで楽しくお喋り、夕飯は何時ものカレーをお代わりして・・・。



1日目 広河原~左俣コース~北岳頂上~北岳肩ノ小屋
3日目 鳳凰小屋~鳳凰三山~夜叉神峠登山口



関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 14時45分 | コメント:1 | トラックバック:0 | TOP↑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/10/14 08:09 | |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/744-832d6528

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ