前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

鳳凰山(2840m)  山梨県

DSC08192.jpg
ホウオウシャジン



【標高】観音岳(2840m) 薬師岳(2780m)
【山行日】2014年9月13日(土)
【天候】霧・晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】青木鉱泉(6:18)~南精進ヶ滝(7:43)~鳳凰の滝(8:20)~白糸滝(9:18)~五色滝(9:47)~鳳凰小屋(10:46-11:17)~観音岳(12:44)~薬師岳(13:25-13:48)~青木鉱泉(16:56)


やっと天気が良くなった週末、何処の山に行こうか。
3連休なので、山小屋は大変な混雑が予想される。
日帰りで花が楽しめて満足できる山はと考え、何度か登っている鳳凰山にした。
今回は8回目、今日のコースは2010年10月11・12日と1泊2日で一人で行っている。
混雑している小屋泊りは避けたいので、日帰りで行く事にした。
なのに、またしても目覚まし時計を止めて寝込んでしまい、出発が遅くなってしまった。


DSC08082.jpg 青木鉱泉に駐車

DSC08084_201409151631430aa.jpg 青木鉱泉からドンドコ沢を行く

青木鉱泉に駐車料750円を支払い、ドンドコ沢を登る。
前にも後ろにも列が出来、出発が予定より遅れているので焦るが仕方が無い。
暫く行くと自分のペースで歩けるようになり、楽しむ事が出来た。

DSC08088_2014091516314219e.jpg 良い雰囲気の道を進む

DSC08094.jpg 南精進ヶ滝

DSC08105.jpg 鳳凰の滝

DSC08102.jpg 水量が多く迫力有り

DSC08106.jpg 岩からオオビランジ

DSC08108.jpg ホウオウシャジン

DSC08116.jpg

DSC08118.jpg トリカブト

DSC08119_20140915164727891.jpg

滝の傍の岩から可愛く垂れ下がるホウオウシャジン、ビランジ(オオビランジと思う)が迎えてくれた。
トリカブト見頃沢山咲いて、此処で時間を潰して帰っても良いか・・・・・とも。
まだまだ時間は早いし身体の調子も良いので、予定通り先を急ぐ事にする。

DSC08122.jpg 鳳凰の滝から戻り白糸滝へ

DSC08124.jpg 迫力満点の白糸滝

DSC08129.jpg ダイモンジソウ

DSC08137.jpg 五色滝

DSC08134.jpg 
                                  黒々とした岩肌の五色滝を見上げる

DSC08143.jpg 

DSC08138.jpg オオビランジとダイモンジソウ

DSC08142.jpg 

水量が多く迫力満点の滝を堪能し、その傍には美しく可愛い花々が沢山咲き楽しめた。
鳳凰小屋でゆっくりと休憩するつもり、まだまだ続く急登をノロノロと頑張り進む。

DSC08147.jpg ドンドコ沢から地蔵岳オベリスク

DSC08151.jpg 鳳凰小屋に着いた

DSC08160.jpg 

DSC08158.jpg ヤナギラン

DSC08163.jpg ホウオウシャジン

DSC08165.jpg シラヒゲソウ

DSC08171.jpg イワインチン


やっと鳳凰小屋につきザックを下ろし、おにぎりで腹ごしらえ。
小屋泊りやテント泊の人が手続きを済ませ、賑やかに。
小屋のお花畑、ヤナギランは終わり掛けていたがホウオウシャジン・シラヒゲソウは綺麗だ。
地蔵岳によると遅くなるので、観音岳に向けて出発する。


DSC08172.jpg 鳳凰小屋を振り返る

DSC08173.jpg 地蔵岳からの稜線に合流

DSC08175.jpg 
                               花崗岩の白砂と岩を観音岳へ向けて登る

DSC08176_20140915171439515.jpg 

DSC08188.jpg ウラシマツツジ

DSC08197_20140916000912b55.jpg 


花崗岩の白い岩と砂を観音岳に向けて登り始めると、ホウオウシャジンが岩陰に可愛く咲いている。
もう少し早い時期だと、タカネビランジのピンクや白の花が沢山咲いて綺麗だ。
岩陰を覗き覗き、彼方此方にユラユラしているホウオウシャジンの写真を撮りながらゆっくりと進む。
今回は大きな株も見つける事が出来、思う存分楽しみながら薬師岳迄進む。
タカネビランジも少し残っていたので、嬉しかった。


DSC08180.jpg ホウオウシャジン

DSC08224_20140915171438b3d.jpg タカネビランジ

DSC08190.jpg

DSC08191.jpg

DSC08199_2014091600303292e.jpg  観音岳頂上にて 

DSC08201.jpg
                                  白砂の稜線を薬師岳へ進む

DSC08215.jpg

DSC08213.jpg

DSC08222.jpg

DSC08226.jpg 薬師岳頂上が見えて来た

DSC08231.jpg 白砂の薬師岳頂上

DSC08232.jpg 


薬師岳に到着、2時には下山し始めるつもりなので、それまでゆっくりする。
今日はガスって富士山も北岳方面も真っ白、眺望は無いがとても気持ちが良い。
これから長い下り、膝を痛めない様に気を付けながら中道を青木鉱泉に向けて下りる。


DSC08235.jpg ナナカマド

DSC08237.jpg

DSC08238.jpg タカネビランジ

DSC08240.jpg 御座石

DSC08241.jpg 足場の悪い道を下り

DSC08243.jpg 中道登山口に下りて来た


薬師岳から青木鉱泉へ向けての中道、樹林帯の岩や木の根の滑りやすい道が続く。
足場の悪い道を下って、やっと薬師岳(中道)登山口に下りて来る。
此処からは林道を歩き、青木鉱泉に戻る。
朝は少し空きが有った駐車場も、びっしりと埋まって満車だ。

ドンドコ沢の方は花も多く、写真には撮らなかったがアケボノソウ・サラシナショウマが綺麗だった。
天気さえ良ければ、中道コースの下りからも美しい富士山を見る事が出来る。

今回の鳳凰山、目的のホウオウシャジンが本当に多くて嬉しくなってしまった。
日帰りで予定通り歩く事が出来たので、良かった。










関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 23時02分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/732-48d80f78

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ