前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

白峰三山縦走(2日目)  山梨県・静岡県

DSC07255.jpg
農鳥岳より間ノ岳・北岳


【標高】北岳(3193m) 間ノ岳(3190メートル) 西農鳥岳(3051m) 農鳥岳(3026m)
【山行日】2014年8月4日~6日(月~水)
【天候】1・2日目(霧・霧雨) 3日目(霧・晴れ)
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
1日目 奈良田駐車場(乗合タクシー)= 広河原(7:56)~大樺沢~右俣コース~肩ノ小屋(14:00)
2日目 肩ノ小屋(6:13)~北岳頂上~吊尾根分岐~トラバース道~北岳山荘~間ノ岳~農鳥小屋(12:28)
3日目 農鳥小屋(5:17)~西農鳥岳~農鳥岳(7:14-8:12)~大門沢下降点~大門沢小屋(10:54-11:35)~
     奈良田駐車場(14:20) 


白峰三山縦走は2007年10月と2008年7月にTさんと2人で、北岳山荘利用で1泊2日で歩いた。
今回は単独なのでお花を楽しみながら、2泊3日で余裕のある行程にした。
天候は予報通り1日目・2日目、霧状態から霧雨状態になったが、高山植物はとても綺麗で楽しめた。

2日目、今日は肩ノ小屋から農鳥小屋までの行程。
天気が良ければ間ノ岳から三峰岳へ行き、巻き道を通って農鳥小屋に行く予定にしていたが天候があまり良くない。

DSC06997.jpg 朝焼けと富士山

DSC07008_2014081014001839e.jpg ご来光、霧が生き物のように

DSC07004.jpg テント場と太陽

DSC07011_2014081014001862e.jpg 霧の中、北岳へ登る

DSC07017_2014081014001865b.jpg ミヤマシオガマ

DSC07023.jpg 黙々と頂上へ・・・

DSC07024.jpg 振り返って、小屋も甲斐駒も見えない

DSC07032.jpg 北岳頂上


肩ノ小屋から綺麗な朝焼けと富士山を眺め、少しは天候が良くなるかと期待。
朝食を済ませ北岳頂上へ向け出発したが、天候は霧が濃く強風と悪くなって来た。
黙々と登る登山者の列、後ろからも霧で良く見えないがゾロゾロ続いて登って来る。
頂上に着いて一面真っ白、早々に間ノ岳に向けて下り始める。


DSC07042.jpg

DSC07044.jpg 吊尾根分岐


吊尾根分岐迄下りてきて、北岳山荘へ向かうが風が強いので八本歯方向に下り
トラバース道を通って行く事にする。
それが良かった、風当たりも弱く、トラバース道のお花畑を十分楽しむ事が出来た。


DSC07046.jpg ミネウスユキソウ

DSC07047.jpg タカネツメクサ

DSC07050.jpg イワオウギ

DSC07073.jpg

DSC07054.jpg タカネコウリンカ

DSC07064.jpg チシマギキョウ 

DSC07076.jpg シコタンソウ

DSC07078.jpg タカネイブキボウフウ(?)

DSC07080.jpg イブキジャコウソウ

DSC07091.jpg ミヤマムラサキ

DSC07083.jpg トラバース道に咲く花達

DSC07086.jpg

DSC07087.jpg

DSC07090.jpg

DSC07093_201408101420404b6.jpg

DSC07095.jpg キタダケトリカブト

DSC07096_20140810142039137.jpg

DSC07097.jpg

DSC07102.jpg
                 優しい色合い、ハクサンフウロ・イブキトラノオ・ミネウスユキソウ・・・・・

DSC07105_201408130849552af.jpg
                             キタダケトリカブト・ハクサンフウロ・タイツリオウギ・・・・・・ 

DSC07107.jpg
                                      風に揺れるイブキトラノオ

DSC07110.jpg
                                      シナノキンバイとハクサンイチゲ

DSC07112.jpg 

DSC07114_201408101536460ea.jpg
                           ハクサンフウロ・タカネナデシコ・イワオウギ・・・・・

DSC07118_2014081015364518f.jpg 色鮮やかトリカブト・コウリンカ

DSC07120.jpg
                        八本歯のコル・八本歯の頭、その右奥にポーコン沢の頭

DSC07122.jpg シコタンソウ

DSC07124_201408101537502ce.jpg アオノツガザクラ

DSC07126.jpg チングルマ

時間がいくらあっても足りない、トラバース道の高山植物の可愛い花達。
稜線での強風・霧が嘘の様に、穏やかな時間を過ごし北岳山荘に歩を進める。
途端に風当たりが強くなり、山荘脇で早目の昼食にする。
霧から霧雨になり、身支度を整え、間ノ岳へ向かう。
後になり先になり進んでいたテント泊の高校生、頂上手前の雪渓で一休みしている。
他の登山者も休んでいるので、風当たりが弱いのだろう。

DSC07131.jpg 雪渓で戯れる高校生達

DSC07132.jpg 間ノ岳頂上

DSC07134.jpg 農鳥小屋


北岳山荘で早目の昼食にしたのは良かった、その後は休める状態ではなかった。
間ノ岳頂上も天候が良ければ、大勢の人達が休み楽しむ場所、今日は無理だ。
早々に下って農鳥小屋に到着、14名の泊り(キャンセルが多かったとか)。

問題の(?)農鳥小屋、気を引き締めて、様子を伺う。
思っていたより安心して、小屋泊りを楽しむ事が出来た。

ストーブが点いて、濡れたものを干して・・・・・。
小屋の主人が入って来て、ストーブをパチンと消した?????
「皆、濡れた物を着て、外に出ろ! 太陽で乾かせ!!」
言われるままに、濡れた服を上に羽織って外に出ると青空に太陽が出ていた。
風も吹いているので、本当に直ぐに乾いてしまった。

更に真っ白で何も見えなかった景色、富士山や鳳凰三山、下界の甲府盆地までスッキリと見える。
皆で何時までも外に居て、景色・山談義に花を咲かせた。


DSC07144.jpg ゾロゾロ外に出て来た

DSC07151.jpg 富士山

DSC07153.jpg 鳳凰山

DSC07156.jpg 
           農鳥小屋から出て、景色を楽しむ小屋泊り・テント泊の登山者、一体感がわく

DSC07166.jpg 下りて来た間ノ岳

DSC07168_2014081015394698a.jpg
         西農鳥岳の頂上標識がハッキリと見える(農鳥小屋の農の字の真上の丸い山)

DSC07169.jpg
                                          真っ白な雲と富士山     

DSC07171-1_201408101539452cc.jpg
                                        夕日に色付いてきた富士山



2日目は可愛く咲き乱れる高山植物の花を楽しみ、夕方からは素晴らしい景色も眺めて楽しい一日だった。
明日は農鳥小屋から農鳥岳に登り、大門沢を奈良田迄下りる。


1日目 広河原から肩ノ小屋
3日目 農鳥小屋から奈良田迄

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 14時01分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

こんばんは。

“縦走”凄いの一言です。

| 安曇野 | 2014/08/13 19:11 | URL | ≫ EDIT

安曇野 様

2泊3日のゆったりの行程ですから、凄い事は無いです。
お花が多いので、この時期はゆったりの行程で無いと楽しめません。

燕岳の記録、見させて頂きました。
合戦小屋のスイカ、私も大きなのを食べました。
槍の姿は何時見ても、良いですネ。
最近は南アルプスばかり、北アルプスとは縁遠くなっています。

| タロウの母 | 2014/08/14 08:26 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/718-42c112a8

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ