前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲斐駒ヶ岳(日向八丁尾根コース)(2) (山梨県・長野県)

DSC06577_20140725001947e49.jpg
烏帽子岳より甲斐駒ヶ岳(頂上は雲に隠れ)


【標高】甲斐駒ヶ岳(2967m) 烏帽子岳(2594m) 大岩山(2319m) 日向山(1660m)
【山行日】2014年7月21・22日(月・火)
【天候】21日(霧時々晴れ) 22日(晴れ)
【形態】2人・一泊2日
【コースタイム】
 1日目 尾白川渓谷P(5:05)~七丈小屋~甲斐駒ヶ岳~六合目石室(16:50)
 2日目 六合目石室(5:18)~三ツ頭~烏帽子岳~大岩山~(ロスタイム30分)~日向山~尾白川渓谷P(16:35)

kai.jpg


2日目、不安と期待感を膨らませ八丁尾根コースに向けて石室を出発する。

DSC06546.jpg 石室から登山道へ向かう

DSC06547_20140725213807ab3.jpg
        石室、何処か分かりますか?(真ん中より少し右、木に囲まれて少し屋根が見える)

DSC06548_20140725213807754.jpg
                                   石室から登山道に出て、振り返る。

DSC06558_2014072521380643f.jpg ニョホウチドリかな?

DSC06563.jpg ヨツバシオガマ


分岐迄の道には高山植物が沢山咲いて、ゆっくり眺めていたい。
今回は長いコース、初めてのルートなので残念ながら先を急ぐ。


DSC06559.jpg 快晴、気分良く進む。

DSC06565_20140725214948b11.jpg 三ツ頭頂上

DSC06571.jpg 鋸岳との分岐

DSC06574.jpg 烏帽子岳頂上直下

DSC06575.jpg 岩の上が烏帽子岳頂上

DSC06577_20140725214947fed.jpg
                                 烏帽子岳頂上から甲斐駒(雲が掛る)

DSC06578.jpg 頂上から鋸岳

DSC06580.jpg 鋸岳

DSC06581.jpg 頂上で一枚(後ろは仙丈ヶ岳)

烏帽子岳頂上から甲斐駒ヶ岳・鋸岳・仙丈ヶ岳の眺望を楽しむ。
この先大岩山迄の稜線上のハイマツ帯は、細いルートが有り進む。
延々と進むと、鋸岳の姿が微妙に変わって来るので楽しめる。
昨日から歩いて来た甲斐駒ヶ岳からの稜線を眺め、稜線から樹林帯の下りに入る。


DSC06584.jpg ハイマツ帯の道を進む

DSC06589.jpg
                                  甲斐駒ヶ岳と歩いてきた稜線を眺める  

<a
                                          大岩山(左前)へ向けて進む

DSC06591.jpg
                                烏帽子岳(左から2番目のピーク)と鋸岳

DSC06599_20140725221632203.jpg 鋸岳
                                            

DSC06600.jpg 稜線歩き、その先は樹林帯を下る

DSC06602.jpg シャクナゲが見頃

DSC06614_20140725221631969.jpg 鋸岳

DSC06618_20140725221631fac.jpg 甲斐駒

DSC06620.jpg
                                    甲斐駒ヶ岳と烏帽子岳(右端ピーク)

DSC06623_20140725223352ad5.jpg 下って来た樹林帯


樹林帯をどんどん下り、大岩山への急登に向かう。
一気にロープ・鉄梯子・鎖の連続で、高度を上げる。
管理人さんが設置して下さったので、登る事が出来有りがたい事です


DSC06634_2014072522335125f.jpg 大岩山の岸壁と正面に鉄梯子

DSC06632.jpg 真ん中に鉄梯子、登り始める。

DSC06637.jpg ロープ

DSC06640.jpg ユキワリソウ

DSC06644.jpg 鉄梯子

DSC06645.jpg ロープ・ロープ

DSC06649.jpg 鎖

DSC06650.jpg ロープ・鎖

DSC06653.jpg 大岩山頂上

DSC06657.jpg 駒岩(鞍掛山への分岐)

DSC06658.jpg 錦滝分岐から日向山へ登る

DSC06661.jpg 日向山頂上(正面、甲斐駒)


大岩山頂上から先は、歩き易い登山道を駒岩迄進む。
駒岩からは急な下りを、錦滝への分岐迄行き、雁ヶ原を日向山へ登る。
石室から此処まで誰とも会わなかったが、日向山で一人の登山者が休んでいた。
矢立石登山口へ下山し、そこから尾白川駐車場まで下る。


DSC06668_20140725224625858.jpg 矢立石登山口から下る

DSC06669.jpg 尾白川Pに到着



長い行程、天候に恵まれて十分に楽しむ事が出来た。
今まで黒戸尾根から登り、七丈小屋に泊り頂上ピストンで歩いていたが、
今回の周回コースで更に変化の有る、楽しめる山登りになる。
花も思った以上に咲いていて、シャクナゲは綺麗な見頃だった。
ゴゼンタチバナ・イワカガミ・ハクサンイチゲ・シコタンソウ・チングルマ・ヨツバシオガマ・・・・・・。


今回一緒に登ったTさんとは、2人で百名山を4年半で登って楽しんだ山友。
その後山登りの楽しみ方が違ってきて、2008年以来の6年ぶりの山行きとなった。
今回のコースは一人では不安、Tさんと一緒に登る事が出来て良かった。

今回の山登りで、私の失敗が二つ。
樹林帯の下りで、掴んだ木が折れて思いっきり前にでんぐり返し。
頭を打ったか、手・足はどうかと、一瞬不安がよぎった。
何処も打ってない、痛くない、良かった。
ユラユラしている木が有るので気を付けていたのに、大丈夫と思った木が折れた。
名誉の負傷を負ったのは新調したザック、小さい穴が・・・・・・。
(早速、修理に出した。)

もう一つ、大岩山からの下山の時、私の勘違いで無駄な時間を費やした。
ルートは合っていたのに、下見に登っていたのと違うと感じてしまい・・・・・・。
不安で私は頂上に戻って確認・・・・、やっと私の勘違いに気が付いた。
最近は一人で山に登る事が多く、納得してから行動する習慣が有るので・・・・。
Tさんには、時間と労力を掛けてしまい申し訳ない事をしてしまった。





関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 21時23分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

先日、ルートチェックされていたコースですね。岩場や梯子がたくさんで、結構厳しいコースのようですね。
百名山行かれているならどこでも大丈夫でしょうね。
百名山はコースを眺めていて、私にはどうしても行けそうにない山があります。
それぞれの山の楽しみ方でしょうが、精力的に歩かれているレポは刺激になります。今度は日向、鞍掛を歩いてみようと思ったりしてね。(笑)

| さえ | 2014/07/28 07:28 | URL |

さえ 様

はい、そうです。
歩けて良かったです。
百名山以外の山の方が、厳しく・ルート整備されていない山が多く、
私には登れない山が沢山有ります。
今は登れる山を、時季を変えてと云う事で、同じ山ばかり登っています。

八ヶ岳・天狗岳のお話し、楽しみにしています。

| タロウの母 | 2014/07/28 22:10 | URL |

凄い!

行っちゃったんですね、石室コース!
いつかは行かれると思っていたんですが・・・。
その体力が羨ましいです。

| akira12345 | 2014/08/01 15:08 | URL | ≫ EDIT

akira12345 様

楽しかったですョ、石室も4人で良かったです。
前日は14組とか、14組と云う事は確実に14名以上、土間にも寝た事でしょう。
大岩山は聞きしに勝るでしたが、梯子・鎖・ロープが設置してあるので大丈夫でした。
大岩山から駒岩間は、歩き易く楽です。
烏帽子岳からの稜線歩き、鋸岳を間近に見ながら(鋸岳には行かれないなと思いながら)ですが、天候に恵まれたのが良かったです。
聖・悪沢に行かれたのですネ、私も又行きたいと思いながら実現しません。

| タロウの母 | 2014/08/01 23:59 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/712-ee927fef

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ