前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

西仙波・東仙波・和名倉山(白石山)  埼玉県

DSC05525.jpg
東仙波より唐松尾山


【標高】西仙波(1983m) 東仙波(20003m) 
【山行日】2014年6月19日(木)
【天候】晴れ・薄曇り・小雨
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】三ノ瀬(6:32)~分岐(7:00)~七ツ石尾根~山ノ神士(8:12)~西仙波~東仙波(9:25)~川又分岐(10:32ー11:00 水場)  往路戻り 東仙波(12:16-12:31 昼食)~西仙波(12:50)~三ノ瀬(14:50)

白岩山
歩いたコース


シャクナゲの時季は過ぎてしまったが、西・東仙波、和名倉山へも登るつもりでいた。
昨日の天気予報では3時までは晴れマーク、今朝パソコンで見ると3時は雨マークに変わっていた。
それと朝寝坊してしまい、予定の時間より遅い出発、和名倉山へ行く気持ちが薄れてしまった。
取敢えず、東仙波迄行き、その先は天候・時間次第で決める事にして出発する。


DSC05474.jpg 民宿「みはらし」に駐車

DSC05476_20140621003619d36.jpg 石尾根への分岐

DSC05479.jpg 設置された標識

去年迄はこの分岐に標識がなく不安だったが、標識が設置されて分かりやすくなった。
石尾根コースに向かうと、大きな木が倒れ通り難い所がある。
唐松林を登り、なだらかな道に変わると鹿避けネットが張られた場所になる。
紐を外して中を通り抜けると牛王院平の分岐になり、その先が山ノ神士になる。

DSC05480.jpg 道を塞ぐ倒木

DSC05498.jpg 唐松林を抜け

DSC05499.jpg 平らな道になる

DSC05500.jpg 鹿避けネットが張られ

DSC05504.jpg 牛王院平

DSC05506_201406210105323bb.jpg 山ノ神士の分岐を東仙波へ

DSC05507_20140621010532280.jpg 魚? 手?

山ノ神士の分岐を白石山・東仙波方向へ進み、しばらく行くと小高いリンノ峰が見えて来る。
リンノ峰の脇を抜けて、西仙波へと進む。



DSC05510.jpg リンノ峰

DSC05512.jpg 西仙波へ向かう

DSC05516.jpg 自然林の樹林帯

DSC05541.jpg  残っていたシャクナゲ

DSC05519_20140621021411d4a.jpg  蕾も有った

DSC05573.jpg  登った先に東仙波

DSC05571_20140621021410984.jpg  岩場の上から東仙波

DSC05531.jpg  岩場を振り返る

DSC05568.jpg 東仙波頂上

DSC05534.jpg 三角点

DSC05532.jpg 歩いてきた尾根

東仙波に到着、標識が無いが三角点が有り東仙波に間違いないと思う。
西仙波は何処だったのか、気が付かないまま来てしまった。
これからどうするか、時間は有る、天候も晴れている。
和名倉山へ向け歩き、11時になった時点で戻って来る事にしよう。

さて出発しようとしたが、登山道が何処やら・・・ちょっとウロウロする。
やっと見つかり、樹林帯を下っていく。
見晴らしの良い尾根・岩場・手つかずの原生林を歩く。


DSC05535.jpg 気持ち良い尾根歩き

DSC05538.jpg ガレ場を下り

DSC05542_20140621014555bbc.jpg 大きな巌

DSC05548.jpg 林業の名残り・・・ワイヤー

DSC05556.jpg 登山道にワイヤー

DSC05565.jpg ダケカンバ

DSC05543.jpg 広い樹林帯

DSC05544.jpg 川又分岐

DSC05546.jpg 水場へ向かってしまった場所

意外と早く川又分岐に着いた。
次の二瀬分岐迄行って戻る事にしようと、赤テープに沿って歩を進めた。
「何か、変だ。」
段々踏み後が細くなり、水の音がしてきた。
しまった、水場への道を下って来てしまったようだ。
戻って、よ~く見まわしてみると、赤テープが違う方にも有った。
(ちゃんと地図を確認すれば、良かった。)

時間も11時ちょっと前、頂上迄は30分有れば行かれるが、頂上は次にしよう。
東仙波迄来た道を戻り、昼食にする。
あまりゆっくりはしていられない、天気予報の雨が気になるので下山する。

朝登るときには気が付かなかった西仙波、ちゃんと頂上の印が有った。
西仙波付近がシャクナゲの群生地、もう少し早ければ満開のシャクナゲを潜る事になる。




DSC05576.jpg

西仙波を過ぎ、山ノ神士近くになったらポツポツ雨が降って来た。
ザックカバーを掛け急いで歩いて、石尾根を下り始めたら止んでしまった。
雨具を着なかったが、洋服は濡れるほどで無くて良かった。

DSC05580.jpg 石尾根コースの山ツツジ

DSC05605.jpg 三ノ瀬に戻った

DSC05604.jpg 民宿のお花畑

DSC05599.jpg ルピナス

DSC05608.jpg 


今日は頂上を目的にしていなかったが、思ったより早く歩け時間的には行けたと思う。
雨が降って来る心配が有り、迷い易い樹林帯を早く戻った方が良いと思った。
登山道の様子が分かったので、今度はもう少しゆっくり景色を楽しみながら登りに来よう。
美しい樹林、気持ち良い尾根、見晴らしの良い岩場・・・・・、今度は秋でも良いかな。
新しくしたザックを背負って登ってみたが、違和感なく調子良く歩く事が出来た。




関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 23時32分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

西仙波、東仙波

八ヶ岳の向こう側へはほとんど足を運んだ事がないので、
タロウママさんのレポは参考になります。
埼玉、東京なんて地名を聞いただけで遠いと思うのですが、
地図を見ていたら妙義山の真下ですね。
それならそんなに時間がかからずに行けそうです。
「いずれの山行きリスト」に入れておきます。

せんばって入力したら「船場」って大阪の地名がでてきました。(笑)

| さえ | 2014/06/23 10:56 | URL |

さえ 様

「いつも八ヶ岳」になったら、是非こちらの山にもいらして下さい。
静かな山が好みなら、良いですョ(今回、誰とも会いませんでした。)寂しすぎますか。
明日、山友と二人で桜平から八ヶ岳に登ります。
今回は2人なので、山小屋に泊る予定・・・、天候によっては帰って来るかな。

| タロウの母 | 2014/06/23 16:49 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/694-ec01ebc0

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ