前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

日向山・大岩山  山梨県

DSC05344.jpg
日向山・雁ヶ原と鳳凰山(右)、奥に富士山


【標高】日向山(1660メートル) 大岩山(2319メートル)
【山行日】2014年6月14日(土)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】矢立石登山口(6:08)~日向山頂上(7:34-8:05)~駒岩・分岐(9:42)~駒薙(10:35)~大岩山頂上(11:07-11:38)~駒岩(12:36-クモイコザクラー13:24)~錦滝(14:55)~矢立石登山口(15:42)

大岩
濃紺が今日のコース


甲斐駒ヶ岳には4回登っているが、八丁尾根・黒戸尾根で周回出来る事を知り、途中の大岩山迄行って見る。
去年10月甲斐駒ヶ岳に登った時、七丈小屋の管理人さんにコースの情況をお聞きして来た。
管理人さんがコツコツ整備して、鎖・ロープ・鉄梯子を設置して下さり通れるようになった。
鞍掛山へは何度かクモイコザクラを見に登っているので、その先だけが初めての道になる。


DSC05298_20140617014651caf.jpg 矢立石登山口

DSC05469.jpg

DSC05300.jpg 気持ち良いハイキング道

DSC05303.jpg 雨量計

DSC05304_20140617100723cda.jpg 日向山三角点

DSC05306.jpg 日向山頂上

DSC05316.jpg 甲斐駒ヶ岳

DSC05328.jpg 鳳凰三山

DSC05317.jpg
                                         甲斐駒ヶ岳と左に鳳凰三山

DSC05323.jpg
                             花崗岩の雁ヶ原、八ヶ岳には雲が掛っている

DSC05325.jpg
                          下に錦滝分岐(自分の影が・・)、右の岩群に登って見る

DSC05338.jpg 大権現が安置

DSC05340.jpg
                                            大権現と甲斐駒ヶ岳

DSC05342.jpg
                      花崗岩と富士山・鳳凰山(オベリスクもハッキリと見えている)    

DSC05346.jpg
                                  日向山頂上方向、雁ヶ原・花崗岩の奇岩


日向山の人気がこの景色、雁ヶ原の白・空の青・山々の眺望、今日は最高です。
何時もは素通りしている岩峰に登って見ると、大権現が祀られている。
富士山・鳳凰山・甲斐駒ヶ岳、花崗岩の岩峰・新緑を楽しんでから、大岩山へ向けて出発。


DSC05334.jpg
                         富士山と鳳凰山、錦滝分岐から登って来る登山者

DSC05354.jpg
      分岐迄下って来て、振り返る(真ん中上部に登山者)、左岩群に大権現が祀られている   

DSC05351.jpg 錦滝分岐、真っ直ぐ鞍掛山方向へ進む


錦滝分岐から鞍掛山・大岩山方面は、人影が無くなり黙々と急登を行く。
クモイコザクラの時季はこちらに向かう人もいるが、ちょっと遅いので居ないようだ。


DSC05360.jpg 見た目より急登、キツイ

DSC05365.jpg 静かです

DSC05368_20140617104543d57.jpg
       途中の見晴らしの良いガレ場から、鳳凰山とその左に富士山(雲に隠れてしまった)

DSC05378.jpg 駒岩分岐、大岩山方面へ

DSC05379.jpg 歩き易く、気持ち良い登山道

DSC05380.jpg 足元フカフカ・・・・

DSC05382.jpg 鋸岳

DSC05384.jpg 右が大岩山

DSC05389.jpg 自然林の急登 

DSC05393.jpg 大岩山頂上

DSC05395.jpg セルフで一枚


駒岩分岐から大岩山へは初めての道、唐松林の気持ち良い事、フカフカの登山道。
駒薙への登り、そこから下って大岩山へ登り返して頂上、静かで歩き易くて良い感じだ。
大岩山から少し先に進んで行って見る・・・・どんどん下るので、途中で引き返してくる。
この先烏帽子岳・三ツ頭から甲斐駒ヶ岳への道、険しそうだけど、行って見たい。

コイワカガミは鞍掛山への登山道は終わっていたが、大岩山付近は未だ蕾状態。
大岩山から先に進み、日当たりのよい所では開いていた。
来た道を駒岩分岐迄、気持ち良く戻る。

DSC05398.jpg コイワカガミ

DSC05406.jpg クッション最高

DSC05410.jpg ルンルン気分で・・・

DSC05412.jpg

DSC05413.jpg 駒岩分岐をクモイコザクラへ


駒岩分岐迄戻って来て、時期は少し遅いがクモイコザクラの咲く場所迄下っていく。
散っているのが多かったが、辛うじて残っていた可愛いクモイコザクラに会えた。


DSC05417_2014061711350058e.jpg クモイコザクラ

DSC05424.jpg

DSC05439_201406171135004cd.jpg

DSC05455.jpg 帰りも鳳凰山は綺麗に見えている

DSC05456.jpg
                                   甲斐駒ヶ岳と手前に烏帽子岳と思う

DSC05460.jpg 錦滝

DSC05463.jpg コアジサイ



錦滝方向に下り、東屋から林道を駐車場に戻る。
台風の影響で錦滝への下りは(禁止)、注意して慎重に下る。
林道も前より荒れて、ゴロゴロ石だらけになり疲れた足にはこたえる。

今日の目的、大岩山への登山道は一番歩き易く気持ち良かった。
日向山からの眺望は最高に良く、良い山登りになった。






関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 11時49分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

どのリュックで行かれたのでしょう?
小さな身体に大きなリュックで・・・・。

梅の実採りも、皆でやれば楽しそうv-10
去年、沢山なりすぎたので(ほとんど、私一人で収穫ですので)
欲も得もなくなり、バッサリと大きく枝を落としたので、今年は
無し・・・・。ちょっと寂しいです。

| **ばーばら** | 2014/06/17 14:59 | URL |

**ばーばら** 様

ピンクのと黄色の大きい方を背負っている時は、すれ違う人に「大きな荷物だね。」と、良く言われていました。
決してザックが特別大きいわけではないのです、私が背負うから大きく見えるだけ・・・背が高い人が羨ましい!
最近のザックは女性用のが沢山有り、形も色々ありますから、今度は大きいとは言われないと思っていますが、果してどうでしょうか。

梅捥ぎを一人でやると、嫌になりますね。
採り終わったと思っても、結構実が残っているものです。
家のもまだ3分の2は残っているのですが、タロウの母は梯子が苦手なので高い所のが採れない、考えて竿で叩きますか。
山の高いのは好き、鎖・ロープも大丈夫・・・梯子が怖い。

| タロウの母 | 2014/06/17 22:57 | URL |

145cmってかなり小柄ですね。

日向山とか飯盛山はチョコット歩きたい時に行くのですが、
鞍掛山は気になっていました。こんど調べて挑戦してみます。

こちらの山域にはなれなくて、コース探し、地図と登山口探しに明け暮れています。南アルプスは未踏です。
山小屋の評判があんまり良くないのと、関西からだとアプローチが悪いので今まで行きませんでした。
これからちょこちょこお邪魔して参考にさせていただきます。

私は163cmあるのですが、あんまり歩けません。年は同じ位でしょう。

| さえ | 2014/06/18 07:27 | URL |

さえ 様

本当は145㎝に足りていないんです、小さすぎ・・・その分横に広がって、
余計可笑しいでしょ。
20㎝の差は大人と子供、羨ましい憧れですネ。
年齢は一回りは違うのではないでしょうか、私は年金生活が何年も経って
いますから。
鞍掛山の登りは日向山よりキツイですが、来年6月初めのクモイコザクラを
見に登られてはどうですか。

| タロウの母 | 2014/06/18 17:41 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/693-ef3bf868

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ