前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

乾徳山(2031m) 山梨県

RIMG0365_20131021223355468.jpg
頂上直下の一枚岩を登る


【山行日】2013年10月18日(金)
【天候】霧
【形態】2人・日帰り
【コースタイム】登山口駐車場(8:53)~国師ヶ原(10:38)~月見岩(11:04-11:21休憩)~扇平~頂上(12:13-12:43昼食)  往路戻り・駐車場(15:03)

kenn.jpg


近場で楽しめる山、岩場を登った頂上からの景色を息子にも見せたいと登った。
人気の山、平日にもかかわらず単独の方やグループの方々が大勢登って居られた。


RIMG0336_201310212233556d8.jpg 登山口近くの駐車場

RIMG0337.jpg 林道歩きから登山口へ

RIMG0338_20131021223354d00.jpg 深い樹林帯を登る

RIMG0340.jpg 銀晶水

RIMG0344.jpg 錦晶水

RIMG0345_201310212235409a3.jpg ガスに覆われた頂上方面


樹林帯の長い登り、やっと開けた国師ヶ原に着く。
頂上方面はガスが掛り、眺望は望めそうに無い。
国師ヶ原を直進、鎖場から頂上への道を行く。


RIMG0347_20131021223539225.jpg 国師ヶ原を直進

RIMG0349.jpg 月見岩

RIMG0350.jpg 霧につつまれた扇平


扇平から先は大きな岩になり、鎖場になる。
スパッと割れた髭剃岩、間に入って行く息子・・・・・。
「出られなくなっても知らないよ!」
不安になったか、ちょっとで戻ってきた。
髭剃岩の先から大きな岩と鎖になる。


RIMG0354_20131021223538e6f.jpg 髭剃岩

RIMG0356.jpg 大きな岩を登り

RIMG0381_20131021223724418.jpg 最初の鎖場

RIMG0360_20131021223724742.jpg 次の鎖場


頂上直下の鎖場には迂回路があるが、勿論真っ直ぐ進み天狗岩見上げる。
大きな岩に鎖、これを登れば頂上だ。


RIMG0361.jpg 最後の鎖場へ

RIMG0363.jpg 頂上直下の天狗岩

RIMG0364_20131021223719908.jpg スイスイ登っていますね~

RIMG0373_201310212239091ad.jpg 乾徳山頂上


息子は簡単そうに鎖を登って頂上へ、次は私の番だ。
息を整え、いざ鎖を掴み・・・・・・何とか登って頂上へ到着。
ガスに包まれ見晴らしはゼロ、でも高い岩の上の頂上での昼食は気分良い。
下山、扇平迄来るとガスが晴れて景色が見えるようになってきた。


RIMG0385.jpg 霧が晴れてきた扇平

RIMG0392_2013102122390983e.jpg 月見岩に登って


国師ヶ原への林の中に鹿の群れ、ジッとにらめっこ(見つめあい)する。
全然動く気配が無いので、痺れを切らし下り始める。


RIMG0396_20131021224003ce4.jpg 前の林に鹿の群れ

RIMG0397_20131022095221a5e.jpg ジッとして動きませんね~

RIMG0395_20131021223908036.jpg お尻が可愛い・・・



3回目の乾徳山、富士山の美しい景色は見られなかったが岩場・鎖を息子と楽しんだ。
前回2011年11月24日は晴れていたので、富士山が綺麗だった。
家から近いので、又登りに来る事にしよう。











関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 01時24分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/585-b4354d25

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ