前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲斐駒ヶ岳(2967m)  山梨県・長野県

DSC00845.jpg
頂上より(富士山・鳳凰山・早川尾根、右奥北岳、手前に花崗岩の摩利支天)


【山行日】2013年10月7・8日(月・火)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 尾白川渓谷駐車場(8:00)~横手と合流~刀利天狗(昼)~五合目小屋跡~七丈第二小屋(14:52)
2日目 七丈第二小屋(4:50)~八合目御来迎場~甲斐駒ヶ岳頂上(7:15-8:00)~七丈第二小屋(9:20-9:45)~刀利天狗(昼)~尾白川渓谷駐車場(15:10)

甲斐駒ヶ岳は今回で4回目、黒戸尾根(2004年11月・2010年8月)、北沢峠から(2006年11月)に登った。
今日は黒戸尾根の長いコースを一人で登る。


駒ヶ岳
歩いた黒戸尾根コース

 

DSC00743.jpg 竹宇駒ヶ岳神社にお参りして

DSC00747.jpg 尾白川に掛る吊橋を渡る

DSC00752.jpg 樹林帯を登る、まだまだ続く・・・

DSC00756.jpg  横手からの道と合流

DSC00761.jpg  刃渡り

DSC00765.jpg  刀利天狗で昼食

DSC00766.jpg  五合目小屋跡、下山は登るの標識

DSC00769.jpg 登りなので下って行く

最初はこの標識、ちょっと頭が混乱気味だったが今はよ~く分かる。
頂上に向かう場合は、どんどん下って・・・下ったら、長ーい梯子を登る。

DSC00774.jpg 下った先には、大きな岩

DSC00775.jpg  沢山の石仏・石碑・剣

DSC00778.jpg 岩の後ろの長い梯子を登る

DSC00782.jpg 綺麗に紅葉して

DSC00783.jpg 下った橋の先に、梯子が見える


DSC00899.jpg この山も越えて行く

DSC00785.jpg 次々と梯子の連続

DSC00788.jpg 急な梯子も鎖が有るので、助かる


DSC00789.jpg 岩ゴロゴロ

DSC00906.jpg 続く梯子

DSC00790.jpg 七丈小屋に到着

今日の行程は殆ど樹林帯の中、五合目から小屋迄は鎖・梯子の連続。
小屋に着いて泊りの手続きの後、第二七丈小屋へ移動する。
3回目にして初めての夕食が有り、ビックリ超豪華で美味しかった。
小屋泊りは7人、ご夫妻・単独男性・素泊り3人グループと私、和気あいあいの雰囲気だった。
明日は7人で頂上にと・・・・、眠りに就いた。


2日目、4時に皆起き出し身支度を始める。
私は単独男性の方とご来光に間に合うように、小屋を出る。
テント場には一つだけ、ポツンと張られていた。
八合目御来迎場にて御来光、素晴らしい景色が広がる。

DSC00805.jpg
八合目御来迎場より御来光(5:43)、鳳凰山の後ろに富士山

DSC00794.jpg
鳳凰山(オベリスク)と富士山 

DSC00796.jpg

DSC00816-1.jpg
北アルプス 

DSC00814.jpg 八合目御来迎場、甲斐駒ヶ岳を後ろに

美しい御来光、浮かび上がる富士山・鳳凰山、北アルプス、奥秩父の山々・・・・。
十分楽しんだ後は、もう一踏ん張り頂上へ向け岩場・鎖場を登る。

DSC00827.jpg 岩場をよじ登る

DSC00829.jpg
右から(摩利支天、北岳、早川尾根、鳳凰山、富士山)

DSC00832.jpg
九合目(大岩と剣、鳳凰山と富士山)

DSC00838.jpg
駒ヶ嶽神社本社と向こうに駒ヶ岳頂上

DSC00843.jpg
花崗岩の白砂を登る同宿のご夫妻(頂上は目前に)

DSC00846.jpg
甲斐駒ヶ岳頂上
 
DSC00852.jpg
左から(中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス)

DSC00859.jpg
静かな頂上、景色、美しい花崗岩

DSC00862.jpg
向こうに八ヶ岳、同宿の3人グループの方がノンビリと楽しんで居られますね~。

DSC00863.jpg
北アルプスの連なる山々

DSC00865.jpg
手前に摩利支天、仙水峠から急登の栗沢山、アサヨ峰から鳳凰山への早川尾根。

DSC00871.jpg
左から(黒戸尾根、八合目御来迎場、九合目岩と剣)


DSC00886.jpg
黒戸尾根、手前の紅葉場所に七丈小屋

DSC00878.jpg
八ヶ岳

DSC00879.jpg
鳳凰山と富士山

DSC00887.jpg
稜線の紅葉と奥に鋸岳

DSC00890.jpg
テント場より紅葉と鳳凰山

DSC00911.jpg 可愛いジンジソウ



やっぱり来て良かった甲斐駒ヶ岳、黒戸尾根は長いけど面白みが十二分ある。
今回の目的の一つ、大岩山から駒ヶ岳への登山道が通れるようになったというので、
七丈小屋の管理人さんがコツコツと整備されていたので、お話を聞きたかった。
夕食時、美味しい食事を頂きながら色々お話しをすることが出来た。
クモイコザクラ・サクラソウの咲く場所まで、教えて頂き嬉しかった。
「・・・・・・道、と名前を付けられないのですか?」と、お聞きして見ると
「そんなの、いらない!」と、あっけない御返事。
「明日は荷揚げに下りるから・・・・。」、小屋は留守になると。
頂上から下りて来てみると、小屋の中は綺麗に整頓されていた。
小屋を後にし、鎖場・岩場を過ぎ樹林帯を下っていると、下から登って来る方が・・・。
荷を背負われた管理人さんが、登って来られた。
何と早い事、凄いナ~と、またまた感心させられてしまった。
七丈小屋を守ってから18年になるとか、私が2004年に登った時の壊れそうな梯子・・・も
全て今の様なきちんとした状態に整備したそうだ。
教えて頂いたクモイコザクラ、来年会いに登れると良いな・・・・。
最高に楽しく、嬉しく、充実した山登りが出来た。







関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 00時33分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

朝焼け

素晴らしい朝焼けに出会えましたね!
羨ましいです。
新ルートの
情報のおすそ分けを・・・。

| akira12345 | 2013/10/15 08:56 | URL | ≫ EDIT

Re: 朝焼け

大岩山からのコース、小屋の管理人さんが3年掛けて整備して下さったそうです。石室も綺麗になっているそうです。
大岩山から一気に下った所と、黒戸尾根の五合目先の大きな岩の所に可愛く咲くそうです。
長いコースと岩場・鎖・梯子・ロープの連続になりそうですが、
黒戸尾根をピストンするより更に楽しくなることだと思います。
石室を利用しなければならないし、一人ではちょっと不安なので友達と一緒にからです。
来年行かれる様に、足の筋肉が落ちないように・・・鍛えないと。

| タロウの母 | 2013/10/15 13:56 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/582-f6282884

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ