前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

北岳(3193m) 山梨県 (2)

DSC00193.jpg
肩ノ小屋より(21日AM5:37)


【山行日】2013年9月20・21日(金・土)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
 1日目 広河原(7:40)~二俣~左俣コース~八本歯ノコル~北岳頂上~肩ノ小屋(16:10)
 2日目 肩ノ小屋(6:15)~北岳頂上~トラバース道~八本歯ノコル~八本歯ノ頭~ポーコン沢ノ頭~八本歯ノコル~左俣コース~二俣~広河原(15:50)


2日目 今日も快晴、広河原最終のバス(16:10)で帰る予定、目一杯山を楽しめる。
もう一度頂上に登り、北岳山荘の方へ下りてトラバース道を歩かなくては。
今回の目的、ヒメセンブリの花に昨日は出会えなかったので、探しながら歩く。


DSC00186.jpg
日の出、手前は鳳凰山

DSC00199_20130924222125f13.jpg
肩ノ小屋と富士山

DSC00202.jpg
仙丈ガ岳、左後ろに中央アルプス

DSC00201_20130924222124052.jpg
仙丈ガ岳の右奥に北アルプス

DSC00206_20130924222124179.jpg
肩ノ小屋から登って来て 

DSC00210.jpg
北岳(頂上に登山者)と富士山、右に農鳥

DSC00229_20130924223539ecc.jpg
北岳頂上

DSC00215.jpg
北岳三等三角点と富士山

DSC00226_201309242235399cd.jpg
頂上が次第に賑やかになって来たので、下りる事にする

DSC00236_20130924223539f1b.jpg
間ノ岳への稜線を見降ろす

吊り尾根分岐を北岳山荘の方へ下り、トラバース道を歩く。
ゆっくりゆっくり、目を凝らし小さな花を探す。
やっと咲いているヒメセンブリに出会えた、快晴の空のようにスッキリとした気分になった。
残念ながらアカイシリンドウの花には出会えなかった。


DSC00246.jpg コケモモの実

DSC00256.jpg ヒメセンブリ

DSC00255.jpg

DSC00261.jpg サンプクリンドウ


八本歯のコル迄下り、八本歯の頭の岩場を登りポーコン沢の頭迄行って来る。
初めて歩く道、八本歯の頭の岩場を越えれば歩き易い道、景色は最高に良い。


DSC00269_20130924225240d25.jpg
下りて振り返る(登りはきつかった・・・・)

DSC00267.jpg
八本歯の頭からポーコン沢の頭への稜線

DSC00275.jpg
八本歯ノ頭の岩場をよじ登る

RIMG0211.jpg
ポーコン沢の頭より富士山

RIMG0215.jpg
ポーコン沢の頭より北岳から間ノ岳

RIMG0212.jpg
ポーコン沢の頭より甲斐駒ヶ岳から鳳凰山への稜線、奥に八ケ岳

RIMG0216_20130925000526cd6.jpg ポーコン沢の頭にて

RIMG0231_201309250014533e9.jpg
紅葉のナナカマド、北岳と左に八本歯ノ頭

RIMG0240_20130925001452aea.jpg
八本歯ノ頭より、八本歯の梯子を登る登山者

RIMG0243.jpg
八本歯ノ頭より、八本歯ノコルを見降ろす(休憩する登山者)

DSC00282_20130925001451778.jpg
左俣コースを蟻の行列のように登って来る人達


今回14回目の北岳は天候に恵まれ、素晴らしい眺望と可愛い花に逢えて最高の登山になった。
更に初めて歩いたポーコン沢ノ頭、此処から見る北岳から間ノ岳・農鳥への稜線、甲斐駒ヶ岳、早川尾根・・勿論富士山もとても良い。
4つの山小屋(農鳥小屋・北岳山荘・肩ノ小屋・白根御池小屋)を見る事が出来る。
八本歯ノコルから下山の時、切れ間なく登って来る登山者と時間が合ってしまって困った。
こちらから強引に「ちょっと下ろして下さい。」と、声を掛けないと下りる事が出来ない。
一番キツイ梯子、皆上を見る余裕が無いらしく黙々と下を向いて登って来る。
梯子場が終わっても、二俣の分岐までゾロゾロと繋がっている。
大分時間が掛って二俣分岐にっ下って来て休憩、最終タクシーの時間に間に合うか?
そこからは疲れた足に頑張ってもらい、広河原に4時前に到着して無事タクシーで芦安へ。
最後はちょっと慌しくなってしまったが、大満足の2日間を過ごせた。









関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 23時10分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

北岳!素晴らしいコースでしたね

写真も素晴らしいし・・・。
ところで、昨日一昨日と西鎌尾根から槍に行ってきたんだけど、紅葉というかナナカマドが茶色く変色したのが多くみられ、なんだか紅葉期待薄という予感がしました。
北岳あたりの紅葉はいかがでしたでしょうか?
また、今年の紅葉の時期をタロウの母さんとして、いつ頃がベストとお考えでしょうか?教えていただければ幸いです。

| akira12345 | 2013/09/29 20:28 | URL | ≫ EDIT

タロウの母さん、登山を満喫してますね~。
上では、色づき始めているようですね。
下では、紅葉の色が年々悪くなるばかりですが、お山はきれいでしょうね。

私は、低いところで楽しんでいますよ(笑)

| **ばーばら** | 2013/09/30 14:29 | URL |

akira12345 様

今回の北岳は2日間とも快晴で、眺望がとても良かったです。
大樺沢でのナナカマドは葉は緑で実は綺麗に色づいていました。
写真の赤いナナカマドはポーコン沢への道です。ウラシマツツジの葉は真っ赤で綺麗でした。
私には紅葉の事は全然分からず・・・すみません。

前回の地蔵岳に比べると、今回は筋肉痛もそれ程なくホッとしております。やはり間を空けずに登ったのが良かったのだと思います。

| タロウの母 | 2013/09/30 23:14 | URL |

ばーばら 様

山を楽しんで来る事が出来て、本当に良かったです。
ヒメセンブリの花に会いたくて登ったので、紅葉の事は気にしていませんでしたが、確実に秋色に変わって来ていました。
山でなくても秋は楽しめますよね、私は庭の紫式部の色がが好きです。

| タロウの母 | 2013/09/30 23:28 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/578-405b7048

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ