FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

八ヶ岳(ツクモグサ)   長野県

DSC09491.jpg
ツクモグサと蕾のウルップソウ


【標高】赤岳(2899m) 横岳(2829m) 阿弥陀岳(2805m) 硫黄岳(2760m) 
【山行日】2013年6月11日・12日(火・水)
【天候】曇り、霧
【形態】2人・1泊2日
【コースタイム】
  1日目 美濃戸(8:30)~北沢~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~赤岳天望荘(16:00)
  2日目 赤岳天望荘(6:50)~赤岳~中岳~阿弥陀岳~行者小屋~美濃戸(12:30)

やつ
青が今回のコース



1週間前にツクモグサを見に登った八ヶ岳、今日はFさんと2人で1泊2日で登る。
台風の影響で晴れる気配が無いが、Fさんは初めてのツクモグサを楽しみに北沢から登る。

DSC09441.jpg 赤岳山荘P

DSC09457.jpg キバナノコマノツメ

DSC09453.jpg ツバメオモト

DSC09450.jpg

北沢コースは小さな花が足元に咲き、芽吹きが始まったばかりの新緑の木々でとても気持ち良い。

DSC09462.jpg

DSC09463.jpg

新緑と花を楽しみながら歩き、赤沢鉱泉に着きちょっと腹ごしらえをして硫黄岳に向かう。

DSC09468.jpg 赤岳鉱泉、横岳方面はガスに包まれて

DSC09469.jpg 赤岩の頭

DSC09471.jpg もう少しで硫黄岳

赤岩の頭の雪も1週間前と比べると大分少なくなっている。
向かう先はガスに包まれ、硫黄岳からの横岳・赤岳の景色も見えない。
周りは一面真っ白、目線は足元だけに集中し登って行く。
赤いザレ地にはコマクサの小さな葉が沢山出て、ウルップソウも小さな蕾を付けていた。

DSC09477.jpg 見頃のキバナシャクナゲ

DSC09485.jpg ツクモグサ

DSC09492_20130613161717.jpg

DSC09499.jpg

DSC09500.jpg

この岩場は一面にツクモグサ、何処を見てもツンツン可愛いツクモグサがお日様の光を待っている。
今日は太陽が出ていないので、どれも花びらを閉じているがその姿が可愛らしい。

DSC09482.jpg  水滴を沢山付けて

DSC09501.jpg

何時までも見ていたいツクモグサ、あんな所にも・・・こんなとこにも・・・と。
Fさんは初めて見て「ワッ、なんて可愛いの!! 4年ぶりに念願かなって嬉しい。」と。

DSC09496.jpg 咲き始めたチョウノスケソウ

DSC09506.jpg 此処は気を付けても滑る・・

DSC09508.jpg 天望荘に泊る

時間も夕方になって来て、今日の泊りは赤岳天望荘にした。
前には赤岳頂上小屋を利用した事が有るので、こちらはどんなかな。
此処は個室タイプになっていて、今日は3人部屋を2人で使った。
今日の泊りは私達2人と、男性単独の方2名の4名だけです。
大きな五右衛門風呂、2人でゆっくり入り気持ち良く疲れも吹き飛んだ。


翌日の天候もあまり良くない感じ、夜も大分風が強かった。
諦めていた明けがた、窓から青空と美しい景色が見えた。

DSC09518.jpg
        赤岳天望荘より(阿弥陀岳とその奥に御嶽山、中央に乗鞍岳から北アルプス)

DSC09527.jpg
                                                      御嶽山と乗鞍岳

DSC09513.jpg
                                                      乗鞍岳と北アルプス

期待した青空も一瞬のうちにガスに包まれてしまった。
朝食を済ませ、雨具を着て赤岳への急登を行く。
赤岳頂上も真っ白の中、霧も益々濃くなり風も強くなって来た。

DSC09532.jpg 頂上小屋と向こうに赤岳頂上

DSC09541.jpg 赤岳頂上を後に
DSC09543.jpg 険しい岩場を下って

霧雨状態になり、赤岳からの足場の悪い岩場を注意して下る。
足場・天候の悪さで、写真が撮れないのが残念。
中岳頂上も通過、阿弥陀岳の分岐に着く。
阿弥陀岳への登りも岩場の連続の急登、私は2011年6月に登った事が有る。
ガスは濃いが雨は降っていないので、予定通り阿弥陀岳に登る。


DSC09545.jpg 広い阿弥陀岳頂上

阿弥陀岳から分岐迄下りて来て、行者小屋へ向かう。
今日の行程で一番残雪が有ったのが、此処からの登山道。
崩れている所が有ったりして、歩き難かった。
行者小屋でゆっくり休憩、温かいラーメンを食べて南沢を下りる。
途中からは明るく青空になり、足元のカタバミの花を見ながら下る。
ホテイランも終わりになっているのも有ったが、十分に綺麗な花を楽しませてくれた。

DSC09555.jpg ホテイラン

DSC09560.jpg


今回の登山は眺望はあまり無かったが、Fさんの目的のツクモグサに会えて良かった。
高山植物の花達は、どんどん咲き始めて夏山本番に向けている。
チョウノスケソウは蕾を膨らませ、ハクサンイチゲは小さな花を咲かせていた。
次はウルップソウ、その後はコマクサと山が呼んでいますョ~。





関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 16時27分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/544-949d5389

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ