前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大蔵高丸 花散策

DSC08459.jpg
チチブシロカネソウ

【山行日】2013年5月16日(木)
【天候】晴れのち曇り
【形態】単独・日帰り
【コース】湯の沢峠登山口~大蔵高丸~米背負峠(往路戻り)


4月26日と同じ、湯の沢峠登山口から登る。
今日の目的はチチブシロカネソウの花を見る為、去年初めてここで見た時は終わりに近く
背丈・花も大きかった。
今日のチチブシロカネソウは背丈も花もとても小さく、去年のを想像してたのでちょっとビックリ。
白い花びら(萼片)にほんのり薄紫が可愛く、美しい。


DSC08630.jpg
                                              チチブシロカネソウ
DSC08473.jpg

DSC08571.jpg

DSC08464.jpg

DSC08572.jpg

DSC08641.jpg 


他にサンリンソウ、小さいネコノメソウやコチャメルソウも沢沿いに可愛く咲いている。

DSC08549.jpg サンリンソウ

DSC08646.jpg

DSC08650.jpg

DSC08673.jpg コチャルメルソウ

DSC08606.jpg

DSC08588.jpg  シロバナエンレイソウ

DSC08535.jpg
 

DSC08670.jpg ヒゲネワチガイソウ

DSC08590.jpg ワチガイソウ


湯の沢峠迄の沢沿いで十分時間を掛け、花を楽しんだ。
少しは山に登らなければ、大蔵高丸から米背負峠迄行き戻って来る。
この先はスミレの花がとても多く、足元に可愛く咲き続けている。


DSC08511.jpg

DSC08547.jpg

DSC08477.jpg

DSC08485.jpg

DSC08495.jpg

DSC08506.jpg

DSC08501.jpg

DSC08524.jpg

DSC08498.jpg

DSC08546.jpg


DSC08492.jpg フジザクラ満開

DSC08488.jpg フデリンドウ

DSC08521.jpg  キランソウ
     (タチキランソウと思ったが、頭がVに割れていないので違うのかな?)


今日も花散策で山を楽しんだ。
スミレの花が何と多いことか、アケボノスミレがニョキニョキ顔だけ出しているのが面白い。
コチャルメルソウはとても小さく、写真で大きくしないとこの愉快な顔は分からない。
風よ吹かないで・・・・揺れないで・・・・・・と、何枚撮ってもピンボケばかり。







関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 22時25分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

チチブシロカネソウを見にいかれたんですね(*^_^*)
この時期、気になっていました。
今年も無事咲いていて嬉しいです。

| ヨレヨレ隊長 | 2013/05/20 21:01 | URL |

去年ヨレヨレ隊長様に教えて頂き、毎年見に行こうと(近いですから)思いました。
去年見たのが大きかったので、「無いナ~。」なんて思ってしまいましたが、
小さいのが彼方此方に可愛く咲いていて嬉しくなりました。
サンリンソウ・ネコノメソウはビッシリですね。

| タロウの母 | 2013/05/20 22:29 | URL |

コチャメルソウ?不思議な花?ですね。
名前の由来は、どんなでしょう?
タロウの母さんは、ホントに花の名前をよく覚えていらして、凄いです!!
私は聞いたそばから、忘れていきます。困ったものです。(笑)

| **ばーばら** | 2013/05/21 13:20 | URL |

ばーばら 様

全然分からないのですョ、早速間違えていました。
コチャメルソウではなく、コチャルメルソウでした、お恥ずかしい!
言い易いほうで覚えてしまいました。
リンクさせて頂いているヨレヨレ隊長様から、教えて頂いて少し覚えました。
スミレの写真を撮って見ると種類が多く、とても可愛いので覚えたいと思ったのですが・・・・、
根気が無く諦めました。
コチャルメルソウは楽器のチャルメラに似ているからとありますが、良く分かりません。
とても面白い顔をしていますよね。
キランソウも人っぽくて、ユーモラス(ニヤニヤしてしまうタロウの母)。

| タロウの母 | 2013/05/21 23:57 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/536-2e9556fa

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ