前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

乙女高原

6-5gDSC09063.jpg 湿地にクリンソウ


小楢山に焼山峠から登った折、その先が乙女高原と知った。
乙女高原は山梨県内初の競技用スキー場として整備、利用されていた。
2000年にスキー場は終わりとなり、その後ボランティアの方々が毎年草刈作業をし、
草原とお花畑が保たれているそうです。

この乙女高原にスミレが多く咲き、18種類は確認されていると言う。
一つづつでもスミレの花の区別が出来たらと、行ってみる事にした。
5月から咲きだしているので、今からではいくつ覚えられるか?

森のコースから歩きはじめると、早速大きなスミレが沢山咲いていた。
次には背の高いスミレ。

そこで出会った方から、嬉しい物を頂いた。
ネットで見て、欲しいと思っていた乙女高原のパンフレット。
「乙女高原のお花たち」と「乙女高原のスミレ・ウォッチング」。

スミレ4種類の名前が分かった。

6-5gDSC09080.jpg 大きな花のサクラスミレ

6-5gDSC08997.jpg 背が高いエゾノタチツボスミレ

6-5gDSC09019.jpg スミレ(マンジュリカ)

6-5gDSC09021.jpg マンジュリカの葉

6-5gDSC09075.jpg ニョイスミレ


黄色の花、キンポウゲ・ミツバチチグリが今は盛りに。
もう少ししたら一面オレンジ色のレンゲツツジが満開になる。
此処は標高1700m、これから違う花が次から次と咲きだすだろう。
家から近く、山登りしなくても楽しめるので、タロウの父には良い場所だ。


6-5gDSC08979.jpg ギンリョウソウがお出迎え

6-5gDSC08999.jpg 巨木・ブナじいさん

6-5gDSC09013_20120615015725.jpg いい香り・ズミの花

6-5gDSC09024.jpg 富士見台にタロウの父

6-5gDSC09027.jpg 今は蕾のレンゲツツジ

6-5gDSC09084.jpg 草原は何色に変わるかな



帰りには姥の栃で車を止め、水を汲んで来た。
栃の花がすごいね~。
頭の上から何か落ちてきた。
見ると小さな可愛い花びらのような。


6-5gDSC09094.jpg 姥の栃の苔が色濃く


これって、栃の花の花びら?
あの白っぽく見える栃の花なの?
近くでじっくり見たいのに・・・・・・。


6-5gDSC09090.jpg 栃の花

6-5gDSC09100.jpg 可愛いね~



関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時54分 | コメント:4 | トラックバック:1 | TOP↑

乙女高原はスミレ観察会があるほどスミレの種類が多いと他の方のブログで拝見しました。
今年はサクラスミレは美濃戸口と美濃戸の間の林道沿いで見ました。
大きくて綺麗ですよね♪
でもニョイスミレも小さくて可愛いです。

このトチノキはとても花を近くで見れないほど大木ですね!!
苔むした幹が年輪を感じさせられます。

| ヨレヨレ隊長 | 2012/06/15 09:39 | URL |

私もスミレが大好きです。家のほうでさえ沢山の種類を見ることが
できますが、古木の森では又なんとも可愛らしいですね。v-10
栃の苔が又、趣がありますね。

| **ばーばら** | 2012/06/15 16:25 | URL |

ヨレヨレ隊長 様

ヨレヨレ隊長さんの様に、スミレの名前が分かったら可愛さ倍に、一つづつ覚えて行きたいと思います。
沢山の栃の木が有ったのですが、皆大きくて近くで花を見られませんでした。
小さい木には花が付いてなくて、又探してじっくりと見てみようと思います。

| タロウの母 | 2012/06/16 01:29 | URL |

ばーばら 様

スミレは春を告げる可愛い花ですよね、来年は庭に咲くスミレから名前を分かるように、頑張ってみます。
姥の栃の古木、葉をつけた姿に更に力強さ・凄さを、大切に守りたい木ですね。

| タロウの母 | 2012/06/16 01:51 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/368-62e3b6f3

まとめtyaiました【乙女高原】

 湿地にクリンソウ小楢山に焼山峠から登った折、その先が乙女高原と知った。乙女高原は山梨県内初の競技用スキー場として整備、利用されていた。2000年にスキー場は終わりとなり、

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 07:16 |

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ