前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

姥の栃

6-5gDSC07766.jpg 
 (栃ばあさんの木の前で、じいさんはベンチでお茶)


18日、三尺藤を見学した後に再度「姥の栃」を見に行った。
前回は4月25日小楢山に登った帰りに、一人で眺めてきた。
今回はタロウの父と2人で、その大きさを感じに向かった。
枝先に新緑の葉を広げ、更に大きく感じた。


6-5gRIMG0312_20120522135950.jpg

6-5gDSC07777.jpg 何人必要かな


それともう一つの目的、初めて目にしたレンプクソウ。
面白い形をした蕾が、咲いているのではないかと・・・・。


6-5gDSC07796-1.jpg とても小さいレンプクソウの花


一台の観光バスが停まって、ゾロゾロと「姥の栃」の周りに。
「今日は何処の観光ですか?」
「NHKの巨木を見る会で、千葉から来ました。」


6-5gRIMG0329_20120522135949.jpg


わざわざこの木を見る為に・・・・・。
お話を聞いてみると、
ブナ爺さんと栃婆さん、それにサワラの巨木が目的とか。

ブナじいさんはこの先の乙女高原にあると言う。
乙女高原は標高1700m、もう少ししたらお花が沢山咲く場所。
サワラの巨木は、この林道の下に有ると言う。

今度は、さわらの巨木とブナじいさん、乙女高原のお花を楽しみに来よう。



6-5gDSC07814-1.jpg


家に向かい車を走らせていると、目線に紫の花!!
高い木に咲くのを見上げて、綺麗な紫色だな~と。
どんな花だろうか、見てみたいと思っていた花。

桐の花が目線に咲いていた。
高い位置に道路が作られ、下に生えている桐の花が目の前に。
早速車を停めて、綺麗な色・香り・花・・・・、嬉しい事です。


6-5gDSC07822.jpg

6-5gDSC07816.jpg



関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 14時01分 | コメント:2 | トラックバック:1 | TOP↑

ごつごつとした幹が長い年月を生き抜いてきた力強さを感じます。
大きな木を見るのは大好きです。
それと小さな小さな、レンプクソウ。
咲きましたね~(*^_^*)
小さくてそれも緑色、目立たないけど可愛いです。
桐の花、素敵な色です♪

| ヨレヨレ隊長 | 2012/05/22 16:41 | URL |

何百年と生きている木、根元の穴から中に潜り込んで大きな空洞にビックリ、
それでもちゃんと生きて枝を伸ばし葉を広げ、感動しますね。
「姥の栃」ゴツゴツした大きなコブだらけ、力強さと温かみを感じます。
これから先も永く生き続けてほしいと思いますね。
レンプクソウの花、本当に小さくて可愛い、写真が良く撮れず・・・。
桐の花綺麗でした、来年もあそこに行けば又会える、ウキウキします。

| タロウの母 | 2012/05/22 21:21 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/352-4ebfb1bc

まとめtyaiました【姥の栃】

  (栃ばあさんの木の前で、じいさんはベンチでお茶)18日、三尺藤を見学した後に再度「姥の栃」を見に行った。前回は4月25日小楢山に登った帰りに、一人で眺めてきた。今回...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/22 21:59 |

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ