前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩(柳沢峠から) 2057m  山梨県

6-5gDSC07366-1.jpg
バイカオウレン


【山行日】2012年5月14日(月)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
柳沢峠P(7:15)~六本木峠(7:50)~天庭峠(8:25)~寺尾峠(8:38)~丸川峠・丸川荘(9:07-9:45丸鍋談義)~大菩薩頂上(10:54)~雷岩(11:00-11:20) 往路戻り、丸川荘(13:00-13:30)~柳沢峠P(16:00)


5日に続き、柳沢峠から登る。広い駐車場、今日は私の車だけだ。
六本木峠分岐を右に丸川峠に向かう。
丸川峠までは殆ど水平道の感じで、進む。

6-5gDSC07282.jpg 柳沢峠駐車場

6-5gDSC07285.jpg 登山口(道路は411号線)

6-5gDSC07288.jpg 六本木峠を右に

6-5gDSC07295.jpg 苔生した樹林帯

6-5gDSC07296.jpg 苔の好きな方は梅雨時がお勧め

6-5gDSC07298_20120515122710.jpg 天庭峠

6-5gDSC07302.jpg 寺尾峠

6-5gDSC07308.jpg またまた苔生した岩

苔で覆われた岩等を眺め、足元に咲くヒメイチゲ・スミレを楽しみながら丸川峠に到着。
今日の一番の目的、注文しておいた丸鍋との御対面。
美味しいコーヒーで、小さく可愛い丸鍋談義に花が咲く。
管理人・只木さんの手彫りの品々が並ぶ小屋の中。
良いな~、欲しいな~、取敢えずストラップ(帽子)を購入。
「それはカヤの木だよ。将棋盤の木だよ。」と教えて下さった。

6-5gDSC07319.jpg 丸川峠に到着

6-5gDSC07321.jpg 今日の富士山、ちょっと薄め

6-5gDSC07323.jpg 丸川荘

6-5gDSC07329.jpg 管理人さんと丸鍋談義

6-5gDSC07324.jpg 管理人さんの手彫りの品々

6-5gDSC07434.jpg 可愛いく温かみのある、登山靴・フクロウ・帽子・・・

ここから帰っては山登りの筋肉を使っていないので、大菩薩頂上から雷岩へ。
いつものように景色を眺めながら休憩、今日は風も無く暖かくて最高なのだが、
富士山・南アルプスは少し霞んでいる。
柳沢峠からは一人だったが、頂上・雷岩には上日川峠からの登山者で平日だが賑わう。

6-5gDSC07339.jpg 頂上への登山道

6-5gDSC07340.jpg 大菩薩頂上

6-5gDSC07349.jpg 雷岩より(唐松尾根を下る登山者)

帰りは今来た道を戻るだけ、バイカオウレンの花がビッシリと咲いている。
屈んで写真を撮っていたら、ウスギオウレンが目に入りパチリ。
帰りは時間を掛け、写真を撮りながらノンビリと一人柳沢峠に戻る。

6-5gDSC07371.jpg 可愛いバイカオウレン

6-5gDSC07386.jpg

6-5gDSC07383.jpg

6-5gDSC07388.jpg

6-5gDSC07392_20120515182500.jpg

6-5gDSC07404.jpg

6-5gDSC07430.jpg ウスギオウレン

6-5gDSC07418-1.jpg 

6-5gDSC07425.jpg

6-5gDSC07446.jpg バイカオウレン

6-5gDSC07447.jpg ヒメイチゲ

6-5gDSC07464.jpg 小さいスミレたち

6-5gDSC07470-1.jpg

6-5gDSC07474.jpg


だが六本木峠を過ぎてからは、キョロキョロ、あっちに屈み、こっちに屈み必死に探し物。
5日に鶏冠山の帰りにコチャメルソウをこの辺で見たのだ。
色も姿も目立たない、地面に近づかないと・・・・目星は朽ちた苔生した木だ。
横たわる木の苔を覗きながら進み、やはり見つからないな。
今度何時目にすることができるだろうか、残念。
諦めサッサと歩きだした時、苔が生えたちょっと太めな木が・・・、
寄って行ってみたら有ったコチャルメルソウ!! 
なんと嬉しい・・・・、記憶も適当なもので、苔生した木に生えていたのではなく、
木の前の地面から一本生えていた(見つかったので良し)。

6-5gDSC07478.jpg コチャルメルソウ

6-5gDSC07481-1.jpg

今日の山行きの一番は丸鍋、次にバイカオウレン・ウスギオウレン・コチャルメルソウと、
ゆっくりとした時間を過ごせ良い一日だった。


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 12時18分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

記事を拝見してたら大菩薩って「峠」がたくさんあってびっくりしました。
歩きやすい登山道に見えますが実際は厳しいのかしら?
コチャルメルソウが見つかって良かったですね(*^_^*)
渋く目立たないけど私も好きです。
バイカオウレンやウスギオウレン,ヒメイチゲ、スミレたちも可愛いですね。
まだ春浅いという感じでしょうか。

| ヨレヨレ隊長 | 2012/05/16 15:51 | URL |

ヨレヨレ隊長 様

今回のコースは丸川峠までアップダウンも無く、歩き易い道です。
丸川峠から頂上迄が登るだけで、3分の2は横移動の感じです。
殆ど上日川峠から登る方が多いので、このコースは静かです。
大菩薩峠から雷岩までが富士山を見ながら歩くので、上日川峠から登る方が多いです。
今回の花達は、こちらから寄って行かないと可愛らしさ・美しさが目立たないですが、
じっくり見て心魅かれる好きな花達です。

| タロウの母 | 2012/05/16 23:54 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/344-25a761d5

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ