前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩嶺 2057m (山梨県)

6-5gDSC04690.jpg
雷岩からの富士山


【山行日】2012年3月27日(火)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
丸川峠分岐駐車場(8:05)~丸川峠(9:42-10:00)~大菩薩頂上(11:25)~雷岩・昼食・大菩薩峠(13:00)~上日川峠(13:53)~丸川峠分岐P(15:03)


今日の天気予報は「晴れで暖かい」、直ぐに行かれる大菩薩へ登る。
駐車場には私の車を含め5台・7名の登山者、2名が上日川峠に、5名が丸川峠のコースに向かう。
丸川峠の急登をのんびり登って行くと、後から来た女性2名に抜かされ、どんどん差が開いていく。
丸川峠手前までは雪もなく、普通に登れる。
丸川峠からは雪、さらに凍っているのでアイゼンを付けて登る。

6-5gDSC04648.jpg 丸川峠分岐P

6-5gDSC04651.jpg ひっそりとした丸川峠

6-5gDSC04654.jpg 丸川峠からの富士山

6-5gDSC04657-1.jpg 
農鳥岳から甲斐駒ヶ岳(丸川荘上の登山道より)

6-5gDSC04659-1.jpg 
聖岳から間ノ岳(丸川荘上の登山道より)

6-5gDSC04664.jpg 凍っている登山道

6-5gDSC04666-1.jpg 

6-5gDSC04670-1.jpg 樹林帯の雪道

6-5gDSC04672.jpg 大菩薩頂上

6-5gDSC04683.jpg 
雷岩から南アルプス全山


雪の頂上、雷岩に出ると雪がシャーベット状に融けだしている。
大菩薩峠までは岩場が有るのでアイゼンを外して下る。
今日も富士山・南アルプス・八ヶ岳・金峰山が綺麗に見える。

6-5gDSC04712.jpg

6-5gDSC04722.jpg 雷岩方面と左奥に金峰山・八ヶ岳

6-5gDSC04729.jpg 大菩薩峠

6-5gDSC04732.jpg 雪が融けて現れたベンチ


大菩薩峠から勝緑荘までは雪・凍った道、その先は殆ど雪は無くなり、登山道がぬかり滑りやすい。
上日川峠から丸川峠分岐駐車場に下る。
今日も小屋はどこも開いていなかった。
3月11日に登った時は、雪が深く大菩薩峠までで戻って来た。
その時雪に埋もれて休めなかったベンチが、今日は休んで下さいとばかりに現われていた。
今日は逆コースで下りなので利用することは無かった。
風もあまり無く暖かな一日、景色と雪道を楽しめた。



関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 23時45分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

こんにちは!
や~気付かなかった!
でも、見つけましたよ~。娘さんのブログ。リンク先を何気なく
見ていてね。
ナナちゃん、可愛いですねぇ!!お目々大きい!!
義母さんとのことや、出産前のレストラン行きがキャンセルされた時の話
など、可笑しくて声を出して笑ってしまいました。
遠く離れていても、これならお互いのことが、よくわかっていいですね!

| **ばーばら** | 2012/03/29 15:52 | URL |

ばーばら 様

見て下さって有難うございます。
私も可笑しくて、声を出して笑ってしまいました。
出産に関しては、私は何もしてやる事は出来なかったのですが、
母子ともに無事に、お産も軽くて良かったと思いました(本人は大変だったでしょうが)。
スカイプで話す時、パソコンにカメラを付けて姿を見ながら話し、成長の様子が分かるのは嬉しい事です。

| タロウの母 | 2012/03/29 21:28 | URL |

はじめまして、我々も山が好きで歩き回っています。
今年の大菩薩は積雪が多いと思いましたが、もうかなり、解け始めて
いますね。牛ノ背をこの時期歩いてないので行こうと思ってます。
ブロブ参考にさせて頂きました。

| 山バカ夫婦 | 2012/03/30 13:15 | URL |

山バカ夫婦 様

はじめまして、良いですねお二人で登られて。
心強く、山を歩けますね。
私は一人が多いので、あまり冒険はできません。
単独登山は、他からみれば十分危ないって思われていますが、
お花の時季は特に一人で登りたくなります。

参考になりますかどうか、北斜面の樹林帯は雪・凍結が有りました。

| タロウの母 | 2012/03/30 17:59 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/291-9719240e

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ