前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩峠(1897m) 山梨県

6-5gDSC04262.jpg
雪の大菩薩峠

【山行日】2012年3月11日(日)
【天候】曇りのち晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
丸川分岐駐車場(7:50)~上日川峠(9:40)~大菩薩峠(11:50-12:15昼)~上日川峠(13:30-13:50)~P(15:00)

昨日雪が降ったので大菩薩に行く。
先週は登山口で引き返して来てしまったので、今日は登りたいの気持ちが強い。

冬季閉鎖のゲート手前の駐車場にはすでに7台の車が停まっており、支度をして出かける。
最初から雪道の登りになる。何人か先に登っているので、その足跡をたどりながら上日川峠に着く。

6-5gDSC04241.jpg 丸川峠分岐駐車場

6-5gDSC04249.jpg 先を行く登山者の足跡を踏み登る

6-5gDSC04253.jpg 雪の上日川峠

上日川峠から先は登山道と林道が並行しているので、林道を行く。
車輪の後をたどれば雪が固くなっているので良いと、最初は良かったのだが、雪が深くなると歩きにくい。
狭いU字溝の中を歩くようなもので、足が逆ハの字に開けないので疲れる。
富士見山荘先は車輪の後はないので、前の人のツボ足を辿りながら登る。
これも足の短い私には疲れ、雪が益々深くなると一層大変になる。

6-5gDSC04272.jpg ツボ足で歩く

6-5gDSC04266.jpg

6-5gDSC04271.jpg 介山荘はもう直ぐ


6-5gDSC04265.jpg ひっそりと誰もいない大菩薩峠

6-5gDSC04258.jpg この先もツボ足なので・・・

大菩薩峠(介山荘)に着き、小屋がやっていたら暖かいラーメンと思っていたが、残念小屋は開いていなかった。
持参のパンに暖かいワカメスープでゆっくりし、先に進もうか・・・・と考えたが、
これから先もツボ足を辿って登るのは辛いので下山する事にした。
今来た道を戻る、後からも何組か登って来た。
歩き難かった車輪の後、やはり皆同じ思いのようで片側の車輪の溝の山が潰れて、歩きやすくなっていた。

6-5gDSC04276.jpg

6-5gDSC04274.jpg 青空に

6-5gDSC04277.jpg 片側の溝山が潰され歩き易く

上日川峠・ロッヂ長兵衛は開いていたので(泊り客が有る)、コーヒーを注文し休んでから駐車場まで下る。
此処からは上とは雪の感じも違い、大分下ってくるとシャーベット状に融けていた。

6-5gDSC04278.jpg ロッヂ長兵荘に戻って来た

6-5gDSC04279.jpg 駐車場まで気持ち良く下山

6-5gDSC04287.jpg 栗の巨木にコハウチカエデが育ち


今日は快晴ではなかったが、風が無く暖かで良かった。
前回の山から1カ月ぶり、深い雪道の歩きで大分時間が掛ってしまった。
今日は新雪の上を思いっきり歩きたいのが目的だったので、十分満足の山登りが出来た。
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 13時55分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

わ~!!登ったんですか?!雪山!!
前の人の足あとの上を歩くことが、つぼ足というのですか?
最初に歩くのは、ほんとに大変そうですねぇ!
運動不足の私は、思うだけで・・・・。

| **ばーばら** | 2012/03/12 20:12 | URL |

いつも登っていてルートが分かっているので、行ってきました。
今回は疲れて・・・後の人に抜かされ・・・、峠までで帰って来ましたが、雪が綺麗で良かったです。
もう少し人が登れば直ぐトレースが出来、歩き易くなります。
スノーシューとかカンジキを履けば、ツボ足でなく快適に歩けますが。

| タロウの母 | 2012/03/12 21:07 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/276-859257c7

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ