前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

おこんぶくろ

去年初めておこんぶくろを作った。
おこんぶくろとは道祖神の行事に一つで、竹に七夕のように飾る。

初めてこの竹を見た時、「この地方は冬に七夕を飾るの?」と思った。
どんと焼きは14日に行われる。
その次は「おひまち」、皆が一緒に食事・お酒・・・親交を深める。

去年は作り方が分からないので、見本を頂いて解きながら見よう見まねで作った。
今年は思い出しながら、何とか可愛らしいのが出来た。

6-5gRIMG0003_20120104141143.jpg 去年のおこんぶくろ
 
竹に飾った物を家に持ち帰り、1年間部屋に飾って置いた。
今年のどんと焼きで燃やす。

6-5gRIMG0008_20120104141142.jpg 作る為の色紙

6-5gRIMG0010_20120104141142.jpg 左は去年、右は今年(布で作った)

6-5gRIMG0011.jpg 丸く詰め物をし

6-5gRIMG0018_20120104142637.jpg  飾りをつけ

6-5gDSC03422_20120104143251.jpg 更に飾りをし、可愛くなった

役員さんが7日に集めて、竹に飾り付け道祖神の傍に立てる。
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 13時54分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

初めて聞きました。冬の七夕ですね~。
「おこんぶくろ」は、小袋がなまったのでしょうか?
それとも、狐から?

家の方では、おひまちは、秋にやります。一つ一つが
意味があるのでしょうね。

| **ばーばら** | 2012/01/05 09:50 | URL |

可愛いですね。(大きなお手玉みたい・・・)
新年早々から忙しそうですが、
ずっと絶えることなく続いている行事がある事がとても良いですね。

| toraの母 | 2012/01/05 12:26 | URL |

ばーばら様
私も「おこんぶくろって、どういう意味?」と去年、
地元の方に聞いたのですが、皆いろいろ、ハッキリしないような・・・。
伝統で、子供の頃からやっているので・・・・・
お幸袋、お金をためる・・・・、とか。
私は、幸せを詰める・詰まった、と云う意味かな?と。

徐々に解るようにします。

| タロウの母 | 2012/01/05 17:21 | URL |

toraの母様
1月は道祖神の行事が色々あります。
どんと焼きの火消しから、タロウの父・母が役になり、
1年やります。
行事は12月と1月だけですが、皆さんに教えて頂きながら
やって行きます。

| タロウの母 | 2012/01/05 17:27 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/225-2695457f

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ