前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩・小金沢山  山梨県

6-5gDSC03303.jpg
小金沢山を前に富士山

【標高】大菩薩(2056m) 小金沢山(2014m)
【山行日】2011年12月15日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】上日川峠(8:05)~唐松尾根~雷岩(9:30-10:00)~大菩薩峠・熊沢山~石丸峠(11:20)~小金沢山(12:20-12:53)~石丸峠(13:50)~上日川峠(15:07)

上日川峠迄の林道が19日15時から冬季通行止めになるので、登りに行った。
4月中旬までは丸川峠分岐に駐車し、登る事にする。

ロッジ長兵衛の前に駐車、すでに1台停まっている。
福ちゃん荘から唐松尾根を登り、快晴で汗ばんでくる。
雷岩に着くと風がとても冷たく、急いで上着を着込む。

6-5gDSC03238.jpg 上日川峠駐車場

6-5gDSC03240.jpg 福ちゃん荘横の案内板

6-5gDSC03242.jpg 気持ち良く歩く

6-5gDSC03249.jpg 春雨みたいな霜柱

6-5gDSC03251.jpg 
 (富士山と右に南アルプス、甲府盆地はガスに覆われ)

6-5gDSC03255.jpg
 (南アルプスと街中の小山は塩山シンボルの塩の山)

6-5gDSC03260.jpg 雷岩

6-5gDSC03262.jpg 雷岩より

6-5gDSC03274.jpg 雷岩から大菩薩峠への尾根道

6-5gDSC03288-1.jpg 八ヶ岳と金峰山

6-5gDSC03286.jpg

今日も富士山・南アルプス・金峰山・八ヶ岳がハッキリ、いつもより間近に大きく見える。
一人で休憩し、大菩薩峠に向かう、日当たりのよい尾根道は霜が溶け、グチャグチャになる。
雲取山など多摩方面も今日はすべて見える。

6-5gDSC03289.jpg 今来た道を振り返る(避難小屋)

6-5gDSC03300.jpg
  (熊沢山より下に石丸峠、小金沢山へこれから向かう道)

6-5gDSC03307.jpg 石丸峠より小金沢山と富士山

6-5gDSC03311.jpg サクサクの雪

6-5gDSC03312.jpg 左に熊沢山と大菩薩嶺

6-5gDSC03315.jpg 狼平

6-5gDSC03319.jpg 樹林帯は雪道

6-5gDSC03318.jpg 小金沢山頂上

大菩薩峠からは雪の残る道を熊沢山に登り、明るい石丸峠に急下降する。
石丸峠からは気持ち良い笹原を狼平へ、そこからは樹林帯のピークを登り下りを繰り返す。
樹林帯は真っ白な雪が残り、サクサク気持ち良く、金沢山に向かう。
今日も小金沢山頂上は一人かと思ったら、2人(私より前に駐車した方)いらしたので、
ゆっくりお話しながら昼にした(頂いて食べたウインナー、熱くて冷めた身体に美味しかった)。
帰りは石丸峠までは往路戻り、最初はなだらかな道を下り、その後急下降の連続になる。
そこから少し登り返し上日川峠に戻る。

今日は眺望は最高、雪道・霜柱・凍てついた登山道、ガシャガシャ・バリッバリッ・グチャグチャ・サクサク、
飽きる事のない面白い山の一日だった。
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2011年登山記録 | 10時19分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

雪道はすべりませんか?
本当に変わった霜柱ですね。それにしても、お天気がいいこと。

ちょっとゆっくりめに就寝、朝日と共に起床するリズムが
丁度合ってらっしゃるのですね。私は、覚醒するとなかなか
昼寝も出来ないくらい目が冴えて、どうしても導眠剤のお世話
にならないと、眠れません。そのくせ、朝はだらだら眠くて困り
ます。身体の使い方が、きっと少ないのでしょうね。


そうそう、黒ワイン、思い出しましたよ。
アルベロベッロで買ってきて、手荷物で割れないように苦労
しましたっけ。味は、ちょっと甘口で濃厚でフルーティーな
(確かそんな説明でした)なんて、私には、違いはわかりません
が、オ タ ノ シ ミ に!

| **ばーばら** | 2011/12/16 16:44 | URL |

有難う御座います、黒ワインは一口飲むまでが最大の楽しみに・・・。
霜柱、長くて本当に綺麗ですョ。
雪道は滑らないのですが、陽のあたる踏み固めた所が凍って滑りやすいです。又太陽にあたって霜柱が融けた土の所は、よ~く滑ります。此処で滑ったら最悪、ドロドロですからね。「私は転びました!」と言って歩いているようなものです。

| タロウの母 | 2011/12/16 21:31 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/212-a66aa114

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ