前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

阿弥陀岳 2805m (長野県)

6-5fRIMG1020.jpg
中岳から阿弥陀岳

【山行日】2011年6月29日(水)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
美濃戸(6:35)~行者小屋(8:42-9:04)~中岳のコル(10:05)~阿弥陀岳(10:45-10:58)~中岳のコル(11:27)~中岳(11:45-12:17)~文三郎尾根分岐(12:47-12:52)~行者小屋(14:04-14:35)~美濃戸(16:25)

行者小屋迄は19日と同じ、今日は平日なので美濃戸の駐車場も行者小屋のテントも少なく、ひっそりとしている。
天気予報では晴れ、中々ガスが消えてこないが明るいので期待はもてる。
行者小屋から中岳のコルまでは花を楽しみながら登る。

6-5fRIMG0987.jpg 美濃戸(赤岳山荘)駐車場

6-5fRIMG0988.jpg 30分位登った南沢

6-5fRIMG0990.jpg 川沿いから山側に登る

6-5fRIMG0992.jpg ひっそりした行者小屋

6-5fRIMG0995.jpg 中岳のコル(下に行者小屋)

6-5fRIMG1007.jpg 梯子を登り、コルを見降ろす

6-5fRIMG0997.jpg 岩場を登る

6-5fRIMG1000.jpg 阿弥陀岳頂上(セルフで撮った)

6-5fRIMG1004.jpg 阿弥陀岳より中岳・赤岳

6-5fRIMG1010.jpg コル・中岳・赤岳

コルから阿弥陀岳へは梯子を登ると岩場の急登が頂上まで続く。
頂上は平らでちょっと広くなっている。
ガスの切れ間から赤岳が聳える。
コルまで足場緊張しながら戻り、中岳に登る。
中岳ではすっかりガスが無くなり快晴になり山々が美しい。
今登って来た阿弥陀岳の急登を頑張っている人の姿が見える。
赤岳頂上にも人が見える。
今まで登った八ヶ岳の山々がぐるり見渡せ、最高の場所である。

6-5fRIMG1023.jpg 中岳より阿弥陀岳を後ろに

6-5fDSC00629.jpg 阿弥陀岳アップ

6-5fDSC00612.jpg 赤岳

6-5fDSC00611.jpg 
右から横岳・硫黄岳・天狗岳

6-5fDSC00620.jpg 大同心・小同心

6-5fDSC00621.jpg 
硫黄岳、左に赤岩の頭(19日ガスのなか歩いたコース)

6-5fDSC00628.jpg 権現岳

文三郎尾根分岐までは中岳から一気に下り、今度は赤岳方面に登る。
文三郎尾根の下りは歩きにくいザレと梯子の連続で、登りには敬遠したくなる。
行者小屋の所にカモシカがのんびり草を食べていた。
行者小屋から美濃戸まで下り、もみの湯で休み帰ってくる。

6-5fRIMG1028.jpg 中岳を振り返る

6-5fRIMG1030.jpg 文三郎尾根分岐、美濃戸へ下る

6-5fDSC00630.jpg 
文三郎尾根分岐から赤岳を見上げる、岩の上に人の姿が見える

6-5fRIMG1035.jpg 中岳と阿弥陀岳

6-5fRIMG1036.jpg 文三郎尾根の下り、ザレて歩きにくい

6-5fRIMG1037.jpg 階段を下りて

6-5fRIMG1039.jpg こんな階段も下り

6-5fRIMG1041.jpg 長~い階段を下って
6-5fDSC00651.jpg 行者小屋の傍にいた日本カモシカ

6-5fDSC00590.jpg

6-5fDSC00635.jpg コイワカガミ

6-5fDSC00569.jpg 未だ楽しめたサクラ

6-5fDSC00585.jpg ハクサンイチゲ

6-5fDSC00593.jpg イワヒゲ

6-5fDSC00625.jpg イワウメ

6-5fDSC00632.jpg ミツバオウレン

6-5fDSC00644.jpg ミヤマカタバミ

6-5fDSC00642.jpg オサバグサ


今回の山登りは、いつもコースから外れ登れなかった阿弥陀岳に登ることが出来、嬉しく感じた。
また快晴になり気持ち良い山歩き、景色・花を十分堪能することが出来た。
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2011年登山記録 | 00時30分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/111-291a2354

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ