FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲武信ケ岳(1日目) 長野県・埼玉県・山梨県

DSC06220.jpg
甲武信ケ岳、後ろに三宝山

【標高】甲武信ケ岳(2475m) 木賊山(2468m) 三宝山(2483m) 国師ケ岳(2592m)
【山行日】2018年11月2・3日(金・土)
【天候】2日間とも晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 西沢渓谷入口(9:42)~徳ちゃん新道入口(10:10)~近丸新道合流(12:15)~昼食(14:00-14:20)~木賊山(14:45)~甲武信小屋(15:05)
2日目 甲武信小屋(5:06)~三宝山・三宝岩(5:49-6:32)~甲武信ケ岳頂上(7:05-7:15)~水師~富士見(9:03)~両門の頭(朝食9:30-9:53)~東梓(10:37)~国師ノタル(11:12)~国師ケ岳(13:09-13:35)~大弛峠(14:10)

10月8・9日に大弛峠から甲武信ケ岳を歩いたが、天候がガスっていたので両門ノ頭からの景色を見ることが出来なかったので再度歩いてみることにした。
1日目、塩山からバスで西沢渓谷へ行き、徳ちゃん新道を登り甲武信小屋へ。
2日目、甲武信ケ岳から国師ケ岳へ歩き、大弛峠からバス(予約制)で塩山へ戻る。

塩山からの西沢渓谷行きのバスは満員、紅葉真っ盛りの渓谷と滝を楽しむ方々だ。
徳ちゃん新道入口までは、ノンビリと皆さんの後に付いて歩く。

DSC06172_20181106105723cd3.jpg ノンビリと・・・

DSC06174.jpg ゆっくりと・・・

DSC06178.jpg 此処から登山道に入る

DSC06180.jpg
直ぐに急登が始まる

DSC06187.jpg
余りの急坂に、降りてくる登山者は怖そう・・・。

此処で降りて来た方が、「今日、熊の親子が居たそうです。」と。
「何処で? 何時頃ですか?」と、聞き返す。
「今から1時間半くらい前・・・。」
今日は、間を空けて前にも後ろにも登山者が居るので、ちょっと安心。

DSC06189.jpg
先を行く登山者

DSC06190_20181106105921e89.jpg
樹々の間から鶏冠山

DSC06193_20181106105921b73.jpg
後ろに富士山

DSC06197.jpg 痩せ尾根を進み

DSC06198_201811061059201d6.jpg 近丸新道と合流

DSC06200_201811061059208f8.jpg シャクナゲの間を進み

DSC06205.jpg 樹林帯の急登

徳ちゃん新道に入った途端に急登の連続になる。
植林地・シャクナゲ・樹林帯の中の急登を登って、やっと見晴らしの良い所へ。
皆さん歩くのが早く、次から次と追い越され最後になった。
マイペースで登っていると、後ろに一人の男性が登って来た。
私が乗った次の時間のバスで来たようで、どんどん登って行かれた。
皆さん先に行ってしまったが、景色を眺めながら一人で遅い昼食タイム。

DSC06210.jpg
正面に富士山、下に広瀬湖、右に乾徳山・黒金山

DSC06211_201811061100477d1.jpg 破風山への分岐

DSC06213.jpg 木賊山

DSC06219.jpg
木賊山から進んで、正面に甲武信ケ岳が大きい。

DSC06223_20181106110046fab.jpg 甲武信小屋に到着

何時ものホッとする場所、甲武信小屋。
夕飯は美味しいカレー、勿論おかわりをした。

2日目  甲武信小屋~三宝山~甲武信ケ岳~両門ノ頭~国師ケ岳~大弛峠


トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 11時46分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1092-630a50de

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ