FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

乾徳山・黒金山  山梨県

DSC06076.jpg
月見岩より富士山


【標高】乾徳山(2031m) 笠盛山(2072m) 黒金山(2231m)
【山行日】2018年10月21日(日)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】乾徳公園駐車場(6:24)~乾徳山登山口(6:52)~銀晶水(7:24)~錦晶水(8:14)~国師ヶ原・高原ヒュッテ避難小屋(8:22-8:38)~月見岩(9:05-9:20)~乾徳山頂上(10:16-10:21)~笠盛山(11:12)~黒金山(12:00-12:47)~牛首ノタル(13:05)~林道出合(14:06)~天科(15:22)

やっと秋晴れの登山日和になったので、10月8・9日甲武信ケ岳縦走した山々を眺める事が出来る乾徳山・黒金山へ登る。
今回のコースは、5月5日に西沢渓谷から黒金山縦走した時、天科への下山道で迷った所が有ったので、再度そこを確認のために天科へ下り、バスで乾徳山登山口まで戻る。

DSC06051.jpg 乾徳山登山口

DSC06061.jpg 錦晶水

DSC06063.jpg
正面に乾徳山、右に月見岩

DSC06065.jpg 国師ヶ原

急登から少し道が緩やかになり、乾徳山が正面に見えてくると国師ヶ原。
国師ヶ原から少し歩くと高原ヒュッテ避難小屋が有る。
中はとても綺麗になっており、トイレもとても綺麗だった。
国師ヶ原から進めば、後ろには美しい富士山の姿が見える。

DSC06072.jpg
後ろに富士山

DSC06074.jpg
南アルプス

DSC06078.jpg 月見岩

DSC06082_201810232259335a0.jpg
ススキと富士山

DSC06086_20181023225933a37.jpg 水の溜まった手洗石

DSC06087.jpg

月見岩・扇平からは、富士山の眺望が素晴らしい。
久しぶりの青空に富士山・南アルプス、最高の景色が広がる。
この先は岩場・鎖場になるが、今日は大勢の登山者で渋滞待ちになる。

DSC06096_20181023225932e6b.jpg
雷岩の鎖場、渋滞待ち

DSC06097.jpg
頂上直下の鳳岩の鎖場、順番待ち

頂上直下の鎖場の渋滞、黒金山まで行くのでまきみちで頂上へ登る。
頂上も大勢の登山者、直ぐに先へ進み北側の岩場へ出る。
此方には誰も居なくて、こっちの方がゆっくり出来るのにと思う。

DSC06099_20181023230131e58.jpg
頂上より富士山

DSC06102.jpg 乾徳山頂上

DSC06108-1.jpg
黒金山、奥に甲武信ケ岳・木賊山・破風山・雁坂嶺・水晶山・古礼山・・・

DSC06117.jpg
北側の岩場より、乾徳山頂上と富士山

DSC06120.jpg 苔の道を登り

DSC06121_20181023230301161.jpg 笠盛山頂上

DSC06125_20181023230301768.jpg
黒金山への登山道より振り返り、乾徳山と富士山

DSC06127.jpg 大ダオ分岐

乾徳山から樹林帯を進んで笠盛山、先ほどの賑やかさは何処へやら誰も居ない。
さらに進んで大ダオ分岐まで来れば、後一登りで黒金山頂上。

DSC06129_20181023230300859.jpg 黒金山頂上

DSC06133.jpg 金峰山・五丈岩

DSC06136.jpg
左、国師ケ岳から縦走した山々の眺望、又歩きたいな。

DSC06144.jpg
三宝山・甲武信ケ岳・木賊山・破風山・雁坂嶺

今日の目的、先日歩いた国師ケ岳から雁峠までの縦走した山々が全部見渡せる。
昼を食べながら静かな頂上で、ゆっくりと眺めて楽しむ。

DSC06145_20181023230534e3a.jpg
牛首山・牛首ノタル

DSC06150.jpg

DSC06161_2018102323053374a.jpg 下に林道出合

DSC06162.jpg 林道出合

黒金山から下り、林道出合までの道は明るく気持ちが良い。
ササ原下展望台からの見晴らしは良く、富士山を又眺める事が出来る。
林道出合からの下る道は、最初の方は踏み後もしっかりあるがピンクテープ頼り。
5月の時に迷った所、気を付けて歩いて行くと正面の木に×印が目に入った。
もしや此処かと、直角に曲がる方を見るとピンクテープが目に入った。
前回より、ピンクテープが数多くついており、更に木の×印は有難い。

DSC06164_201810232354510e7.jpg ピンクテープ頼りに

DSC06167_20181023235450939.jpg うす暗く・・

DSC06168.jpg 天科へ下山

DSC06170.jpg バスで乾徳山登山口へ

天科へ無事に下って来て、最終のバスで戻るつもりでいたので時間はタップリ有る。
ところが一台前のバスの時間に1分過ぎ、バスが通りすぎて行った様子が無かった。
西沢渓谷からの出発なので混んでいるのかな?と思い、待っているとバスが来た。
案の定少し混んでいて居たが、一台前に乗れてラッキーだった。
快晴の日曜日、やっと晴れたので乾徳山は混んでいることは想像できた。
天科への下る最後の方の道がうす暗く、大勢の登山者の中には天科方面に下る人も居るのではないかと、少し期待したのだったが黒金山から天科まで誰とも会う事は無かった。



トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics




関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 23時49分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

富士山、綺麗でしたね

はじめまして。
いつも、こっそりお邪魔しています。
当日、私も登っていました。
駐車場7:00、山頂9:50ですから、何処かですれ違っていますね。
どの方かなぁ~
また、楽しい山歩き読ませて下さいね。

| 風のタクト | 2018/10/27 11:17 | URL |

風のタクト 様

コメント有難う御座います。
風のタクト様は、歩かれるのが早いですね。
私はザックに押しつぶされそうな、小さい婆です。
当日は秋晴れ、景色・気分共に最高に気持ち良かったですね。

| タロウの母 | 2018/10/27 22:33 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1091-19942393

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ