FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲武信ケ岳(2日目) 長野県・埼玉県・山梨県

DSC05970_201810152058036cc.jpg
雁坂峠

【標高】甲武信ケ岳(2475m)国師ケ岳(2592m)破風山(2317m)雁坂嶺(2289m)
【山行日】2018年10月8・9日(月・火)
【天候】8日 霧時々晴れ
    9日 霧のち晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 大弛峠(9:00)~前国師ケ岳(9:34)~国師ケ岳(9:44)~国師ノタル(10:59)~東梓(11:46)~両門ノ頭(12:40-13:11)~富士見(13:45)~甲武信ケ岳頂上(15:08)~甲武信小屋(15:33)
2日目 甲武信小屋(5:25)~破風山避難小屋(6:20)~西破風山(7:12-7:29)~東破風山(7:56)~雁坂嶺(8:58)~雁坂峠(9:30-10:01)~水晶山(10:34)~古礼山(11:05)~燕山(11:45)~雁峠(12:22-12:41)~新地平(14:51)

2日目の朝、頂上へ行って富士山を眺めてから出発しよう思っていたが、ガスっているので止めにして朝食をおにぎりにしてもらったので、其の儘出発する。

DSC05880_20181015205803513.jpg 分岐を破風山へ

DSC05886_201810152330527b9.jpg
何処の山かな?

DSC05887_201810152058031d1.jpg 破風山

DSC05890_201810152058028e2.jpg 太い木が道を塞ぐ

DSC05891_20181015205802ed6.jpg 笹平

DSC05893.jpg 破不山避難小屋

DSC05896.jpg

DSC05904_201810152102452ce.jpg 岩道の急登

DSC05909.jpg
西破風山頂上

DSC05910_20181015210244868.jpg 三等三角点

頂上標識が賑やかです、三角点は破不山。
環境庁・埼玉県「西破風山」、埼玉県「破不山」、山梨県「破風山」
破風山頂上は樹木に囲まれ見晴らしは無いが、ベンチで朝食のおにぎりを食べる。

DSC05911.jpg

DSC05914.jpg

DSC05924_20181015210357d30.jpg 東破風山

DSC05926_20181015210357261.jpg 大岩、何に見える? 

DSC05927_20181015210356dfc.jpg

DSC05938_201810152103561f9.jpg
ガスの切れ間から富士山、下に広瀬湖。

DSC05940.jpg 枯木

DSC05944_201810152103550d1.jpg 向かう雁坂嶺

DSC05945.jpg 続く枯木

DSC05946_20181015210749cb3.jpg 哀れ・・・

DSC05949_201810152107499d5.jpg 雁坂嶺頂上

DSC05952_20181015210748635.jpg 三等三角点

DSC05954.jpg 枯木の山

DSC05960.jpg

DSC05961_201810152110156ea.jpg 水晶山が正面に

DSC05964_20181015211015ede.jpg
下に雁坂峠と水晶山

DSC05968.jpg
日本三大峠 雁坂峠

DSC05966.jpg
雁坂峠、これから向かう水晶山

16年前は、此処から道の駅みとみへ下った。
その時に水晶山への縦走路を見て、歩いてみたいと思ったのを思い出す。
気持ち良い雁坂峠、たった一人でゆっくりとおにぎりタイム。

DSC05973.jpg おにぎりを食べ終わると、温かい言葉。手作りストラップも嬉しい。

DSC05967_20181015211014fa5.jpg 水晶山へ向かう

DSC05978_20181015211208420.jpg 苔の登山道

DSC05980.jpg

DSC05981.jpg 水晶山頂上

DSC05985_20181015211207307.jpg 優しい色合い

DSC05988_20181015211206806.jpg 古礼山へ

DSC05990_20181015212043eec.jpg 古礼山頂上

DSC06001_2018101521204328c.jpg 燕山へ向かう

DSC06003.jpg ルンルン気分・・

DSC06004.jpg 燕山

DSC06013.jpg
正面に小さな分水嶺、下に雁峠

DSC06014.jpg
左に笠取山、右に小さな分水嶺
DSC06019_20181015212211d80.jpg
下に雁峠

DSC06025_20181015212211dda.jpg 雁峠、奥に笠取山

この広く気持ち良い雁峠でも私一人だけ、笠取山の三角が可愛い。
甲武信小屋を出発してから此処まで、出会ったのは1組(2人)だけ。
新地平から入山して、今晩は雁坂小屋でテントだと話しておられた。
新地平へ下るのは初めて、幾つもの渡渉が有るので水量が気になる。

DSC06032_2018101521221156f.jpg 渡渉の始まり

DSC06033_20181015212210fbe.jpg 何処を渡ろうか・・・

DSC06038.jpg 林道も雨で荒れている

DSC06040.jpg ゲートが見えて来た

DSC06041.jpg 有難う御座いました

DSC06046.jpg 新地平バス停

国道140号新地平より、バスで塩山へ戻る。
最後の長い林道歩き、綺麗な水の広川沿いを楽しみながらゆっくり歩きたかったのだが、「熊出没注意!」の看板が目につき、何となく心忙しく急いで歩いてしまった。
山は台風の影響で木が倒され、林道は大雨のせいか砂・砂利が流され陥没していたり、被害が有った地域からしたら、この位は大したことは無いのかもしれない。
ガスって眺望は楽しむ事は出来なかったが、雲取山から瑞牆山への縦走コースを細切れながら、すべて歩きつながって大満足。
1日目は樹林帯の中をひたすら歩き、2日目は変化の富んだ道・頂上を幾つも越え楽しい。
身体が元気で居られたら、シャクナゲの時季にでも又歩けたら良いなと思う。

1日目 大弛峠~国師ケ岳~甲武信ケ岳~甲武信小屋


トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 23時34分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1090-43009fbd

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ