FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲武信ケ岳(1日目) 長野県・埼玉県・山梨県

DSC05870.jpg
甲武信ケ岳頂上

【標高】甲武信ケ岳(2475m)国師ケ岳(2592m)破風山(2317m)雁坂嶺(2289m)
【山行日】2018年10月8・9日(月・火)
【天候】8日 霧時々晴れ
    9日 霧のち晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 大弛峠(9:00)~前国師ケ岳(9:34)~国師ケ岳(9:44)~国師ノタル(10:59)~東梓(11:46)~両門ノ頭(12:40-13:11)~富士見(13:45)~甲武信ケ岳頂上(15:08)~甲武信小屋(15:33)
2日目 甲武信小屋(5:25)~破風山避難小屋(6:20)~西破風山(7:12-7:29)~東破風山(7:56)~雁坂嶺(8:58)~雁坂峠(9:30-10:01)~水晶山(10:34)~古礼山(11:05)~燕山(11:45)~雁峠(12:22-12:41)~新地平(14:51)

甲武信ケ岳は今回で7回目になる。
今回のコースは去年11月に計画し塩山からのバスに予約を入れようとしたら、降雪があり冬季閉鎖が早まって行かれずになっていた。
瑞牆山・金峰山・甲武信ケ岳・飛龍山・雲取山と楽しんだ山々、この縦走コースで唯一歩いていない所が2カ所ある。
大弛峠から甲武信ケ岳と、雁坂峠から古礼山までが歩いた事が無いので通しで歩いてみたい。

DSC05810_20181013102158698.jpg 大弛峠

DSC05812_20181013134656758.jpg

塩山から、予約のバスは補助席も使って27名で出発、柳平で乗合タクシーに乗り変えて大弛峠に到着。大弛峠の駐車場は勿論満車、長い長い路駐の列。
殆どの人は金峰山の方に向かう、私は反対方向の登山口を進む。

DSC05814.jpg 国師ケ岳方面に向かう。

DSC05815_20181013102155749.jpg 大弛小屋

DSC05816_201810131021553db.jpg 木製階段・夢の庭園へ

DSC05819_20181013102155339.jpg 何処までも階段

DSC05822_20181013102302242.jpg 前国師岳

DSC05823.jpg 北奥千丈岳への分岐

DSC05828_201810131023029cc.jpg
国師ケ岳、正面には北奥千丈岳(奥秩父最高点)

DSC05827_20181013102301795.jpg 一等三角点の国師ケ岳

大弛峠から国師ケ岳や北奥千丈岳は、余り時間が掛からずに登れる。
この先、甲武信ケ岳へ進む人は極端に少なくなる。

DSC05830_20181013102301751.jpg シャクナゲの間を進み

DSC05831.jpg 樹林帯を下る

DSC05833_20181013102442bbf.jpg 更に下る

DSC05835_20181013102441587.jpg 倒木が現れた

DSC05840.jpg 次から次と倒木

DSC05841_20181013102441d5c.jpg 幻想的

DSC05844_201810131024417f9.jpg 国師ノタル

国師ケ岳から進み樹林帯へ、下る・下る、どんどん下る。
誰とも行きあわない、深い樹林帯・白いガスに包まれ少し不安になる。
先の方から人の声、作場平から入山、雁坂峠・甲武信ケ岳を縦走してきた方々だった。私とは逆コースになる。
甲武信小屋の方が、「倒木が多いので、時間が掛かりますよ。」と。
続いた台風の影響で、大きな生木が次から次と倒されて道を塞ぐ。

DSC05849.jpg 跨ごうか、捲こうか・・

DSC05851.jpg 東梓

DSC05853.jpg

DSC05855.jpg 両門ノ頭(?)

DSC05856_20181013102639084.jpg ガスで眺望は無し

長く続く原生林の道、倒木の嵐の道、やっと岩場の上に出た。
見晴らしが良さそうな場所、今日はガスって何も見えない。
此処は休憩に良い場所、私以外に2組(4名)の方と一緒に昼食。
行程は同じく、甲武信ケ岳・甲武信小屋に向かう。

DSC05857.jpg 富士見

DSC05861.jpg 更に激しくなる倒木

DSC05862_201810131027589d8.jpg
甲武信に向けての急登、先ほど一緒に休んだご夫婦が先を行く。

DSC05864.jpg
此処も見晴らしが良いのだろうな、どんな景色が見えるのだろう?

DSC05865.jpg 長野県側からの合流地点

DSC05867.jpg もう少しの頑張り

DSC05868_20181013102757660.jpg ガレを登れば頂上

DSC05871.jpg 三宝山への分岐

DSC05873.jpg 甲武信ケ岳頂上

DSC05872_20181013102847ff2.jpg

今日の目的の山、甲武信ケ岳に到着。
ガスが動き青空にもなるが、残念ながら景色は何も見えない。
懐かしい甲武信小屋に下りて、温かいストーブの傍でゆっくりとする。

DSC05876.jpg 甲武信小屋

甲武信小屋に初めて泊まったのは、2002年11月だった。
その後何度か泊まって、甲武信ケ岳を楽しんでいる。
徳さんの温かい人柄、小屋も変わらず暖かく良い雰囲気の儘だ。
徳さんは倒木の整理のために十文字の方へ下山していて、お会い出来なかった。
小屋に居られたのは十文字小屋の息子さんご夫婦で、カレーがとても美味しかった。

2日目 甲武信小屋~破風山~雁坂峠~古礼山~雁峠~新地平


トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 15時05分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1088-66ffbd2f

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ