FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

大菩薩嶺(2057m) 山梨県

DSC05691_201809291010132af.jpg
丸川峠から富士山

【山行日】2018年9月28日(金)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
丸川峠分岐駐車場(8:32)~丸川峠(10:17-10:36)~大菩薩頂上(11:54)~雷岩(12:01-12:36)~唐松尾根~福ちゃん荘(13:16)~上日川峠・ロッジ長兵衛(13:37-14:04)~丸川峠分岐駐車場(15:13)

雨の合間の貴重な晴れの一日、山に登りたい、直ぐに行かれる大菩薩へ向かう。
平日でも皆考えることは同じで、行きかう登山者の人が多かった。

DSC05730.jpg 駐車場

DSC05678.jpg 丸川峠に向かう

DSC05680_20180929101953cfb.jpg 急登が続く

DSC05682.jpg 陽射しが嬉しい

DSC05686.jpg 小さな丸川荘

DSC05687.jpg 丸川峠

駐車場から丸川峠までは、急登の連続になる。
9月に入って3回目の山登りになるが、毎回天候が悪くなり霧が多かった。
今日は久々の晴れ、急登も木漏れ日をうけ気持ち良く登れる。

DSC05689.jpg
丸川荘前から富士山

DSC05693.jpg
南アルプスに雲

DSC05694.jpg ワレモコウ

DSC05700.jpg アザミ

DSC05701_20180929101150640.jpg
大菩薩頂上への登山道

DSC05702.jpg

DSC05708_20180929101322a6e.jpg 大菩薩嶺頂上

DSC05711.jpg
雷岩

DSC05714.jpg
雷岩から富士山、下に大菩薩湖

DSC05713_201809291013179ff.jpg
甲府盆地と南アルプス(雲に覆われて)

丸川峠から静かな原生林の中を登り、大菩薩頂上へ。
頂上は樹々に囲まれ見晴らしは無いので、直ぐに雷岩へ向かう。
何時もの岩の上で、ゆっくりと昼食。
景色は富士山・南アルプス方面は雲が多く、雲取方面はスッキリと見えていた。
今回も大菩薩峠へは向かわず、直に福ちゃん荘へ唐松尾根の急坂を下った。

DSC05720.jpg 福ちゃん荘

DSC05722.jpg

DSC05724.jpg 上日川峠

DSC05725.jpg ロッジ長兵衛

上日川峠の駐車場には多くの車が、大多数の人が此処を起点に登って楽しむ。
ここでもゆっくりとコーヒータイム、足を休めてから丸川峠分岐まで下る。

DSC05728.jpg 駐車場に戻った

秋本来の登山、とても爽やかで気持ち良い。
雷岩で休憩時は冷たい風に上着を、歩き出すときには脱いで丁度良い。
2週間に一度のペースで山に登ると、筋肉痛も起こる事が無いの調子が良い。



トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 11時01分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1087-78dca2b7

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ