FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

地蔵岳・高嶺(2日目) 山梨県

DSC05321_20180822154912b8e.jpg
ホウオウシャジン


【標高】地蔵岳(2764m) 高嶺(2778m)
【山行日】2018年8月17・18日(金・土)
【天候】2日間とも晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
 1日目 御座石鉱泉(8:00)~旭岳~燕頭山(昼食)~鳳凰小屋(14:35)
 2日目 鳳凰小屋(5:50)~地蔵岳~高嶺(9:10-10:13)~白鳳峠~広河原(13:15)

今日も快晴、鳳凰小屋を後に地蔵岳に向け砂地を登る。
写真を撮ろうとすると「バッテリーが無くなりました。」の表示、これから写真を撮りながら楽しもうと思っているのに・・・・。
バッテリー残85%の筈なのに、気温が低い証拠、撮ったら外して手袋に入れるを繰り返した。

DSC05288_20180822154911989.jpg
青空にオベリスク、砂地を登る。

DSC05293_201808221549105e0.jpg
観音岳と富士山、下に砂地を登る登山者。

DSC05294_20180822154908fd6.jpg
アップすると、大変さが伝わって来る。

DSC05301_2018082215490740c.jpg
影オベリスク、仙丈ケ岳・アサヨ峰・甲斐駒ケ岳、左尖りが高嶺

DSC05304_20180822154905292.jpg
甲斐駒ケ岳、奥に北アルプスの山々。

DSC05305.jpg
アサヨ峰・早川尾根、甲斐駒ケ岳

DSC05307.jpg
賽の河原より、観音岳。

DSC05310_201808221550562cf.jpg
地蔵岳・オベリスク

DSC05311.jpg
オベリスクの左奥に八ケ岳

DSC05315.jpg
アカヌケ沢ノ頭よりパノラマ

DSC05313_201808221550550d6.jpg
アカヌケ沢ノ頭より、これから向かう高嶺。

DSC05314.jpg
白峰三山

地蔵岳・アカヌケ沢ノ頭で、眺望を楽しむ。
北アルプスの連なりがはっきりと見え、8月とは思えない程すっきりとしている。
この先高嶺の頂上でゆっくりするのが、今日の目的の一つ。
ホウオウシャジンの花と、時季が過ぎてしまったタカネビランジの綺麗なのを探すのが楽しみ。

DSC05326.jpg 砂地にタカネビランジ

DSC05331.jpg 綺麗なのを見つけて・・

DSC05324.jpg

DSC05348.jpg ミネウスユキソウ

DSC05349.jpg ホウオウシャジン

DSC05340_20180822155509f1c.jpg
ホウオウシャジンは丁度見頃

DSC05350.jpg

DSC05352.jpg
アカネケ沢ノ頭から白砂を進み、高嶺へ。左に北岳。

DSC05354_20180822155508064.jpg
綺麗に咲いているタカネビランジ

DSC05359.jpg 足元にホウオウシャジン

DSC05356.jpg イワインチン

DSC05369.jpg
オベリスク・アカヌケ沢ノ頭・観音岳・薬師岳・富士山

DSC05370.jpg
高嶺頂上へ向けて、岩場を進む。

DSC05372.jpg
高嶺頂上、仙丈ケ岳・アサヨ峰・甲斐駒ケ岳

DSC05375.jpg
農鳥岳・間ノ岳・北岳、下に広河原。

DSC05378_201808221557052fa.jpg
観音岳・薬師岳・富士山

DSC05385.jpg
三等三角点の高嶺頂上

DSC05381.jpg

高嶺頂上は大好きな場所の一つ、静かで景色が良い。
今日の眺望は360度すっきりとして、遠方の山々の連なり迄見えている。
何時までも座って眺めて居たい景色、ゆっくりと腰を上げる。
頂上から直ぐに急な岩場の下りになり、景色を眺める余裕は無くなる。

DSC05376.jpg
景色を目に焼き付けて、白鳳峠へむけて岩場を下る。

DSC05388.jpg
岩場を登って来る登山者、右の窪みが白鳳峠。

DSC05392_201808221558418d1.jpg 白鳳峠

DSC05394.jpg
正面に北岳を見ながら、ゴーロ帯を下る。

DSC05397.jpg
苔むしたシラビソ林

DSC05402.jpg
レイジンソウ

DSC05404.jpg 林道に下りてきた

DSC05406_20180822155951c6d.jpg 広河原に到着

舗装された林道歩きはいつもは苦手なのだが、白鳳峠からの急坂の連続の後はホッとする。
カメラのバッテリーも何とか持ってくれ、楽しむ事が出来た。
今回の山登りは、目的にしていた事すべてが果たせて大満足だった。
広河原からバスで甲府に向かい、電車を利用して帰る。

1日目 御座石鉱泉~燕頭山~鳳凰小屋


トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 17時18分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1082-f5cdfe97

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ