FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

天狗岳(2646m) 長野県

DSC04759.jpg
ヒメシャジンと西天狗岳・東天狗岳頂上

【標高】西天狗岳(2646m) 東天狗岳(2640m) 根石岳(2603m)
【山行日】2018年7月31日(火)
【天候】晴れ・霧
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】唐沢鉱泉(6:50)~第一展望台~第二展望台~西天狗岳(9:46)~東天狗岳(10:12)~根石岳(10:46-11:40 花散策)~東天狗岳(12:20-12:51)~スリバチ池~黒百合ヒュッテ(14:12-15:00)~唐沢鉱泉(16:42)

天狗岳は、2011年9月(唐沢鉱泉から)2012年6月(桜平から)に登り、景色を楽しんだ。
今回はちょっと遅いかもしれないが、根石岳・根石岳小屋のコマクサを見たいと思う。

DSC04682_20180802175248f49.jpg 唐沢鉱泉駐車場

DSC04686.jpg 西天狗岳へ向かう

DSC04689.jpg 苔むした登山道

DSC04696.jpg 岩々の登山道

DSC04700_20180802175247d3d.jpg 木の根の登山道

苔むした樹林帯の中を進み、他の登山者にどんどん抜かれマイペースで登る。
やっと見晴らしの良い場所に出て、ぐるり見渡す。
此処からの眺望は最高なのだが、今日は雲との闘いで今の所頭だけを雲の上に出している。

DSC04706_2018080217544251c.jpg 第一展望台

DSC04702.jpg 南アルプス

DSC04704_20180802175442423.jpg 中央アルプス

DSC04712.jpg
第二展望台より赤岳・中岳・阿弥陀岳

DSC04713.jpg
正面に西天狗岳

第一・第二展望台と気持ち良い場所に出て、目の前にこれから登る西天狗岳が大きい。
此処から一旦下り、岩々の急登が待っている。

DSC04724.jpg
頂上へ岩々をよじ登る

DSC04725.jpg
途中で振り返り、正面に第二展望台

DSC04729.jpg 西天狗岳頂上

DSC04726_20180802175555784.jpg 東天狗岳はガスに包まれ

岩々の急登を登って来た西天狗岳頂上は、平坦な穏やかな表情をしている。
ガスが忙しく動き、東天狗岳の姿が見え隠れする。
西天狗岳から足場を注意しながら下り、東天狗岳に登る。

DSC04732_20180802175555939.jpg
ガレを下り、東天狗岳へ向かう。

DSC04741_20180802175726758.jpg 鞍部にコマクサ

DSC04743.jpg 東天狗岳へ登る

DSC04744.jpg  東天狗岳頂上

DSC04747.jpg
  東天狗より西天狗岳

東天狗岳頂上は西天狗岳とは大違い、狭く岩だらけだ。
此処からさらに下って登り返して、根石岳へ向かう。
根石岳からは、西天狗・東天狗の姿が美しい。
今日の目的、コマクサはこの先に一面咲いている。

DSC04762_20180802175725eb3.jpg 根石岳

DSC04763.jpg
根石岳より、西天狗岳・東天狗岳

DSC04802_20180803010852589.jpg
ロープ守られ一面コマクサ

DSC04783_20180802175905e0d.jpg
白花も見られる

DSC04767_2018080217590574c.jpg

DSC04765_2018080301085182e.jpg  今日は此処まで

DSC04775.jpg

コマクサの群生地、ゆっくりとカメラを手に可愛い花を探す。
花の盛りは過ぎているので、アップで撮ると花びらが痛んでいるのが目立つ。
十分楽しんだので、根石岳からへ東天狗岳に登り返す。

DSC04806_201808021800494c7.jpg
白砂新道入口(本沢温泉へ分岐)

DSC04807.jpg
白砂を歩き、東天狗岳へ登り返す。

DSC04814_20180802180048a7d.jpg
根石岳を振り返る

DSC04816.jpg トウヤクリンドウ

DSC04818.jpg イブキジャコウソウ

DSC04753_20180802180048b29.jpg ヒメシャジン

DSC04828.jpg 東天狗頂上へもう少し

DSC04830.jpg 再度東天狗岳頂上

東天狗岳でゆっくりと昼食にする。
下山は、中山峠へは歩いた事が有るので、今回はスリバチ池方面へ下る。

DSC04833_20180802180234ceb.jpg 分岐をスリバチ池へ

DSC04838.jpg 天狗の奥庭上

DSC04840_20180802180234126.jpg 天狗の奥庭

DSC04841.jpg
天狗の奥庭の岩場を下りてくる登山者

DSC04846.jpg
頂上より岩々の道を下りてきて、見渡す(長く疲れた!)。

天狗の奥庭と呼ばれる岩だらけの場所、天狗はヒョンヒョンと軽々飛べるから良い。
飛べないタロウの母は、一歩一歩岩の上に足を下ろし、瞬時に次の岩の頭を探し・・・。
神経を使いっぱなしで、長く長く感じて天狗の奥庭を楽しめる余裕は無い。

DSC04847.jpg スリバチ池

DSC04850_20180802180354ec8.jpg 下に黒百合ヒュッテ

DSC04851_20180802180353743.jpg ヒュッテで休憩

黒百合ヒュッテについて一安心、ザックを下ろしてアイスを食べて大休憩。
後は唐沢鉱泉に下るのみ・・・と安心したのは間違い、またまた岩々の登山道だ。
2011年にも此処を下っているのだが、すっかり忘れてしまっていた。

DSC04854.jpg 此処からも岩だらけの道

DSC04855_20180802180353dcd.jpg 渋の湯への分岐

DSC04856.jpg ホッとする道

DSC04858.jpg 源泉池

DSC04860.jpg 唐沢鉱泉へ戻った

何はともあれ、滑ることも無く、踏み外すことも無く、無事に下山した。
眺望はちょっと残念だったが、コマクサの群生地をゆっくり堪能出来て良かった。
スリバチ池への岩場の道、「もう絶対に来ない。」と思いながら下って来たが、
様子も分かったのでもう一度来て、奥庭でゆっくりとしてみたいな・・・・と。
「喉元過ぎれば熱さ忘れる」で、又行ってみたくなっているタロウの母。


トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 16時49分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

ヒメシャジン、コマクサなど八ヶ岳の花が
素敵ですね。私もまた行きたい。

| Tsuka | 2018/08/05 06:20 | URL |

Tsuka  様

本当はとても綺麗なコマクサ、傷んでいるのをアップするのはコマクサに申し訳ない気がしてしまいます。
長い時間待っていた夏山は、直ぐに終わってしまう、今年は特に早く感じ寂しく思います。

| タロウの母 | 2018/08/06 07:15 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1078-c27b7066

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ