FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

北岳・仙丈ケ岳(3日目) 山梨県・長野県

DSC04581_20180722161750c44.jpg
馬ノ背ヒュッテより日の出


【標高】北岳(3193m) 仙丈ヶ岳(3033m) 小仙丈ヶ岳(2864m)
【山行日】2018年7月18・19・20日(水・木・金)
【天候】3日間とも晴れ
【形態】単独・2泊3日
【コースタイム】
1日目 広河原(7:23)~白根御池小屋分岐(7:49)~白根御池小屋(9:45-10:12)~右俣コースと合流地点(12:04-12:40)~肩ノ小屋(14:01)(北岳頂上・花散策)
2日目 肩ノ小屋(5:10)~白根御池小屋(6:53-7:35)~広河原(9:25)
    バス(10:30)で北沢峠へ移動 
    北沢峠(11:10)~藪沢・小仙丈ヶ岳分岐(13:05)~馬ノ背ヒュッテ    (14:00)(丹渓新道散策)
3日目  馬ノ背ヒュッテ(6:13)~仙丈小屋(7:08-7:25)~仙丈ケ岳頂上       (7:55-8:52)~小仙丈ヶ岳頂上(9:36-10:21)~北沢峠(12:03)     バス(13:30)で広河原へ

3日目の朝、馬ノ背ヒュッテから日の出を見て、朝食を済ませゆっくりのスタートになる。
仙丈ケ岳・小仙丈ケ岳に登り、北沢峠に下山する。

DSC04569.jpg
朝焼けの空、甲斐駒ケ岳・摩利支天・仙水峠・栗沢山。

DSC04571.jpg


DSC04576.jpg


DSC04583.jpg ヒュッテから出発

DSC04590.jpg
馬の背より、小仙丈ヶ岳・仙丈ケ岳に囲まれる藪沢カールと仙丈小屋。

DSC04593_20180722155103366.jpg ヨツバシオガマ

DSC04599_2018072306095949d.jpg
仙丈小屋、仙丈ケ岳頂上は中央。
 
DSC04601.jpg
小屋前に雷鳥が遊んでいます(中央に親鳥)。

DSC04602.jpg 目線の先に・・・

DSC04603.jpg 雛が3羽写っている

トイレ休憩(水洗で綺麗)に寄った仙丈小屋、雷鳥の可愛い姿に暫く見入ってしまった。
親は首を伸ばし、雛(5羽)がチョロチョロ動き回る姿を見守って・・・。
後ろでは林間学校(長谷中学校1・2年生)の皆さんが、出発の挨拶をしていた。

DSC04614.jpg 列をなして進む中学生

DSC04623_20180723003449fe9.jpg チングルマ

DSC04618.jpg チングルマの果穂

DSC04627_20180723064008631.jpg  
登って来て見下ろす、仙丈小屋・馬の背・鋸岳。

DSC04629.jpg   仙丈ヶ岳頂上

DSC04651_201807230717155fa.jpg 

DSC04644_20180723003448b20.jpg
二等三角点、甲斐駒ケ岳・栗沢山・アサヨ峰・鳳凰山。

DSC04645_20180723003623636.jpg
富士山は雲の所、北岳・間ノ岳、塩見岳。
1・2・3番が並んだ姿は、写真には写りませんでした(残念)。

DSC04634.jpg    
塩見岳に続く仙塩尾根、大仙丈ケ岳。

DSC04647_20180723003622494.jpg
藪沢カールを見下ろす、歩いてきた馬の背、勇ましい鋸岳・甲斐駒ケ岳。

DSC04649.jpg
小仙丈ヶ岳への縦走路

DSC04654_20180723071714bf3.jpg
仙丈小屋への分岐、正面に鋸岳・甲斐駒ケ岳も見ながら歩く。

DSC04658_20180723003621113.jpg
小仙丈ケ岳の頂上が見えてきた。

DSC04660.jpg ゴゼンタチバナ

DSC04661_20180723003756cdd.jpg 小仙丈ヶ岳頂上

DSC04671_201807230037559a9.jpg

DSC04663_201807230037562a9.jpg
小仙丈カールと大仙丈ケ岳

DSC04664.jpg
甲斐駒ケ岳・摩利支天・仙水峠・栗沢山・アサヨ峰

DSC04665_20180723003755416.jpg
北岳から続く南アルプス

DSC04672.jpg
鳳凰三山

小仙丈ヶ岳から目の前に迫力の甲斐駒ケ岳・摩利支天を眺め、気持ち良い時間を過ごす。
その後はちょっと急な道を分岐(昨日、馬の背ヒュッテに向かった)まで下り、北沢峠まで樹林帯の中を下りて行く。

DSC04676_20180723003901055.jpg
分岐(大滝の頭)

DSC04677_201807230039014bf.jpg マルバダケブキ

DSC04679.jpg 北沢峠に下りてきた

バスの時間まで1時間30分、ザックを2番の椅子の上に置き、こもれび山荘へ向かう。お腹は余り空いていない・・・、冷たい地ビールで一人時間を潰す。

今回の2泊3日山登り、1日目はタカネマンテマ、2日目はタカネビランジ、3日目は雷鳥に会えて最高に気分が良い。
仙丈ケ岳は2002年7月・2006年10月に次いで3回目になるが、一人で登ったのは今回が初。歩きやすく、眺望も良いので、時季を変えて登りに行きたいと思う。
又広河原からのバスで一緒になった方々が、私が小学校・中学校を過ごした地域の人達で、勿論同じ中学校卒業で、ワイワイガヤガヤと賑やかになった。
宿も馬ノ背ヒュッテ・仙丈ケ岳・小仙丈ケ岳の頂上でも一緒になり、懐かしい地元の話に花が咲き、グループの一員になったようなとても楽しい山登りになった。

1日目 広河原~白根御池小屋~肩の小屋 北岳頂上
2日目 肩の小屋~広河原 バスで移動 北沢峠~馬ノ背ヒュッテ 丹渓新道散策



トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics
関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 12時09分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

 きれいな山と山の花の写真をありがとうございます。
私も去年登った思い出深い山です。
 次はどこへ登られるのでしょうか。
いつもレポートを楽しみにしています。

| Tsuka | 2018/08/02 09:49 | URL |

Tsuka 様

恐縮です、文を書くのが苦手なので大雑把で恥ずかしいです。
31日には、天狗岳に登ってきました。遅いとは思いましたが根石岳小屋周りコマクサを見てきました(やはり花びらは痛んでいました)。
何時も同じ山になってしまいますが、鳳凰山は今はタカネビランジ・ホウオウシャジンが、コースを選べばレンゲショウマも見られるので行きたいところです(一昨年は8月25・26日に登って、丁度ホウオウシャジンが見頃でした)。今年は花の時季がとても早く感じます。

| タロウの母 | 2018/08/02 16:03 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1077-99d356f7

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ