FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

乾徳山・黒金山   山梨県

DSC03521.jpg
月見岩と富士山

【標高】乾徳山(2031m) 黒金山(2231m)
【山行日】2018年5月20日(日)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】林道ゲート前に駐車(7:03)~大平高原登山口(7:09)~月見岩(8:18-8:27)~乾徳山(9:23-9:48)~笠盛山(10:28)~黒金山(11:20-12:11)~牛首ノタル(12:29)~ササ原下展望台(13:11)~林道出合(13:40)~乾徳山林道~駐車地(14:27)

2週間前に西沢渓谷から登った黒金山、今回は乾徳山・黒金山を周回コースで登る。
何度か登っている乾徳山、今回の大平高原登山口は初めてになる。

DSC03486.jpg ゲート前に駐車

DSC03488.jpg 少し戻り乾徳山登山口

DSC03490_201805271821295e4.jpg 道満尾根と合流

DSC03494.jpg 分岐を月見岩へ

DSC03498.jpg
南アルプス

DSC03499.jpg
甲府盆地と富士山

大平高原登山口から登り、月見岩へ歩を進めていると道も平で歩きやすくなる。
そこはミツバツツジが群生して、とても綺麗で気持ち良い。
トンネル状のミツバツツジ、先を急ぐのは勿体ない。

DSC03501_20180527182352715.jpg ミツバツツジ

DSC03515.jpg

DSC03514.jpg

ハイキング気分でミツバツツジを眺めながら進むと、ひらけた場所月見岩に到着。
徳和からの登山者が多く、一気に賑やかになる。
富士山の絶景ポイント、月見岩に上がって楽しむ人たちが多い。

DSC03517.jpg
月見岩に到着、左からのコースは徳和方面から、正面に乾徳山。

DSC03520.jpg 月見岩

DSC03519.jpg
富士山、先ほどより雲が多くなってきている。

月見岩から進んで扇平、この先からは岩場の始まりになる。

DSC03526.jpg 髭剃り岩、奥に人が見えます。

DSC03529.jpg 鎖場の始まり

DSC03531.jpg
胎内、空身なら通れそう・・・。

DSC03535.jpg
クモイコザクラ

DSC03536.jpg 鳳岩

頂上への最後の長い鎖場、今日は迂回路から頂上へ登る。

DSC03537.jpg
乾徳山頂上

DSC03540.jpg
これから向かう黒金山

DSC03541.jpg
北側の岩場より、乾徳山と富士山

DSC03542.jpg
左奥に金峰山の五丈石が見える。

乾徳山頂上は大勢の人でゆっくり出来ないので、北側の岩の上で昼食タイム。
岩場・鎖場、眺望の良さで人気の乾徳山だが、この先黒金山方面に進む人は少ない。

DSC03543.jpg 分岐、水ノタル

DSC03547_201805271827436e6.jpg 樹林帯の笠盛山

DSC03548.jpg 原生林を進む

DSC03550_20180527182943312.jpg 大ダオへの分岐

DSC03553.jpg 黒金山頂上

DSC03554.jpg 甲武信ケ岳

乾徳山から笠盛山・黒金山までの道は、手つかずの原生林の中を進む。
先ほどの喧騒は嘘のように、物静かな登山になる。
黒金山の頂上では3名の方と一緒になり、2名の方は大ダオから徳和に戻ると下って行った。
一人になった頂上、国師ケ岳・甲武信ヶ岳を眺めゆっくりとする。

DSC03559.jpg
牛首ノタルから、富士山と乾徳山。

牛首ノタルから進むと、シャクナゲがとても綺麗だ。
今日は時間に余裕が有るので、花を眺めながら気分よく歩く。
ササ原下展望台から下って林道出合までは、ミツバツツジが満開だ。

DSC03570.jpg
シャクナゲ

DSC03565_201805271831192e9.jpg

DSC03577_20180527183118a21.jpg 青空に新緑

DSC03578_2018052718492601f.jpg ササ原下展望台

DSC03579_20180527183118f57.jpg ミツバツツジが

DSC03586.jpg ヤマツツジ

DSC03587_2018052718311722d.jpg 林道出合

DSC03589_20180527183345379.jpg 林道を歩く

DSC03590_201805271833454d0.jpg 駐車地に戻った

DSC03591_20180527183345226.jpg 雲が取れた富士山

今回の乾徳山、大平高原から登ってミツバツツジの群生地を楽しめた。
可愛いクモイコザクラにも会えた。
黒金山からの下山では、シャクナゲとミツバツツジの美しさを楽しんだ。
途中にはマルバダケブキの葉、チョロチョロ流れる水の傍には蕾のクリンソウがひっそりと。
更にバイケイソウの群生地、時季を変えて楽しめそうだ。



トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 23時27分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1070-f513d5d2

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ