FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

笠取山(1953m) 山梨県・埼玉県

DSC02952_20171225101151181.jpg
小さな分水嶺(左)と笠取山

【山行日】2017年12月23日(土・祭)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】作場平(8:54)~一休坂分岐~ヤブ沢峠~笠取小屋(10:23)~
 小さな分水嶺~笠取山頂上(11:22-12:05)~水干・源流~笠取小屋(13:12)~一休坂(13:54-14:20)~作場平(14:43)

今年の最後の山歩き、景色を眺めのんびりと歩きたく笠取山に向かった。
東京都の水道水源林になっており、整備されているので歩きやすい。

DSC02901.jpg 作場平登山口

DSC_0626.jpg 一休坂分岐

一休坂分岐をヤブ坂峠へ進み、笠取小屋へ向かう。
今日は風も無く、太陽の陽射しも暖かく気持ちよく歩ける。

DSC_0632.jpg 歩きやすい登山道

DSC02954.jpg 笠取小屋

DSC_0634.jpg
手前に雁峠・雁坂峠への分岐、奥に小高い小さな分水嶺

DSC02902_2017122510153472a.jpg
分水嶺から正面に笠取山

DSC02906_20171225101836449.jpg 三方向の川へ別れて・・・

DSC02947_2017122510183659a.jpg

DSC02949_201712251018363fc.jpg

小さな分水嶺からの眺望は良く、とても気持ち良い。
此処までの道は整備されていて歩きやすい。
笠取山へは、急登の道が待っている。

DSC02908.jpg 笠取山へ向かう

DSC02916.jpg
登って振り返る(国師ケ岳・金峰山方面)

DSC02924_20171225102135c63.jpg 笠取山頂上

DSC02923.jpg
大菩薩嶺(左)と富士山

DSC02921_201712251018356e7.jpg
南アルプス(手前に乾徳山)

DSC02926_20171225102135019.jpg
左下の雁峠から雁坂峠に続く燕山・古礼山、正面奥に国師ケ岳

DSC02929.jpg 東峰頂上

笠取山頂上でゆっくりと昼食タイム、ポカポカ陽気で暖かい。
急登を登り切って頂上を楽しむ登山者、此処で降りて行ってしまう方が多い。
東峰に進む道は今までとは違い、狭く足元に注意しなければならない。
景色が良いのは先ほどの頂上(西峰)、東峰はシャクナゲの咲く時季は良い。
東峰から下り、水干に向かう。

DSC02930.jpg
水干、上に水神の碑と更に上に祠がある。

DSC02932.jpg 東京湾まで138㎞

水干に着き、源流部へ下ってみる。
岩の間から浸みだした水が、小さな沢になり流れている。

DSC02941.jpg 多摩川への始まり

DSC02937.jpg 源流部から上に水干

DSC02933.jpg
水干の登山道にも休憩に良いベンチが有る

DSC02946.jpg

水干から平らな道を歩き、先ほど登った笠取山への道に合流する。
もう一度小さな分水嶺に登って、景色を眺めてから笠取小屋へ向かう。
笠取小屋からの下山は、一休坂の道を行く。

DSC02960.jpg 笠取小屋の水場

DSC02963.jpg 一休坂

DSC02964_201712251027452e2.jpg 一休坂で最後の休憩

一休坂を下って来て、ベンチでゆっくりと休憩にする。
静かで暖かくて、座っていると眠くなってくる。
今年最後の山は、歩きなれた道と景色を楽しめた。
 


DSC02900.jpg

DSC02897_20171225103705c7d.jpg
一番左が笠取山

作場平に通じる林道の見晴らし所からの眺望。
笠取山から飛竜山・前飛竜までの山々が連なる。
眺望が良くお気に入りの西御殿岩も、良く見えている。


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時33分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1057-dd1a00db

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ