FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

滝子山(1620m) 山梨県

DSC02349.jpg
檜平より富士山と三ツ峠山

【山行日】2017年11月24日(金)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】初狩駅(7:26)~登山口(8:06)~最後の水場(9:08-9:18)~尾根(9:48)~檜平(10:34-10:40)~滝子山頂上(11:46-12:22)~鎮西ヶ池(12:32)~曲沢峠分岐(13:18)~曲沢峠(13:31)~景徳院分岐(13:41)~景徳院(14:30)~市営景徳院駐車場(14:33-14:51)~甲斐大和駅(15:19)

滝子山へは、2011年11月2014年5月に登っている。
今回は、未だ歩いていない初狩駅からのコースを登る。

DSC02318.jpg 初狩駅

DSC02320.jpg 駅前の山への道表示

初狩駅から道標に従い進み、藤沢集落の中を登山口へ向けて歩く。
列になって歩く小学生、大きな声で「おはようございます!」と挨拶をしてくれる。
「あいさつ街道」と書かれた温かみのある看板が掲げてあり、納得。

DSC02321_201711251007576ba.jpg 藤沢集落を進む

DSC02322_20171125100757923.jpg 「良いね!」

DSC02325.jpg 集落より富士山


DSC02328.jpg 滝子山登山口

集落を抜けて滝子山登山口、この先沢沿いの道は荒れ気味。
小さい沢を何度も渡るので、水の多い時や凍る時は歩きたくない。
やっと沢が終わりに近づき、ベンチが有る「最後の水場」に着く。
ザックを下ろして、少し休憩する。

DSC02329_20171125100956f2a.jpg 最後の水場

DSC02332_20171125101732b31.jpg ベンチで休憩

最後の水場からは、九十九折の登山道になり沢から離れ尾根へと登る。
尾根に近づくと明るくなり、葉を落とした樹々の間から山々を見ながら進む。

DSC02335_2017112510095641f.jpg 尾根に出た

DSC02336_20171125100955638.jpg 青空に葉を落とした樹々

DSC02338_2017112510095592a.jpg

DSC02353.jpg 檜平に到着
 
檜平からは富士山が綺麗に見える。
男坂・女坂の分かれ道、男坂を進み頂上へ向かう。

DSC02343_20171125101136fb4.jpg
檜平から富士山

DSC02342_201711251009541f6.jpg 男坂を行く

DSC02357.jpg 滝子山頂上

滝子山頂上からは、遠くの山々が良く見えて気持ち良い。
金峰山・国師ケ岳方面は、雪を覆いとても寒そうだ。

DSC02358_201711251011347af.jpg
頂上より富士山

DSC02360.jpg
大菩薩嶺への縦走路(大谷ヶ丸・大蔵高丸・白谷丸・黒岳)

DSC02367_20171125101134b6e.jpg 鎮西ヶ池

DSC02368.jpg 曲り沢峠への分岐

DSC02370.jpg 曲り沢峠

DSC02371_20171125101252c9c.jpg 景徳院への分岐

DSC02378.jpg 甲斐大和駅

初狩駅からのコース、うす暗い沢沿い、九十九折の急登、中々つかない檜平。
途中で一人の若い女性に抜かれ、直ぐに見えなくなる姿に、「マイペース・マイペース」と自分に言い聞かせ登る。
登りに中々ペースが上がらずだったが、下山は慣れた道という事もあり順調に歩けた。




関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時40分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1052-68429970

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ