FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

雁ケ腹摺山・姥子山   山梨県

DSC02066.jpg
雁ケ腹摺山から富士山

【標高】雁ケ腹摺山(1874m)  姥子山(1503m)
【山行日】2017年10月27日(金)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
 大峠(7:45)~雁ケ腹摺山(8:45-9:05)~姥子山(10:00-11:45) 
 往路戻り 大峠(14:30)

雪化粧した富士山を楽しむ為に、雁ケ腹摺山と姥子山へ向かう。
2015年11月湯ノ沢峠から、2016年1月金山鉱泉・山口館から登っているが、今回は一番短いコースで大峠から登る。

DSC02042.jpg 大峠

DSC02038_201710282348259de.jpg
大峠から富士山

平日だが人気の場所なので、すでに車が多い。
山に登らなくても、此処大峠からも美しい富士山を見ることが出来る。

DSC02046.jpg 登山口

DSC02053.jpg
少し登れば、この景色。

DSC02055.jpg
左に大蔵高丸、窪みが湯ノ沢峠、白谷丸・黒岳、奥に南アルプス。

DSC02057_20171028235014ba8.jpg

DSC02060.jpg 雁ケ腹摺山頂上

DSC02062_201710282350127da.jpg

DSC02064.jpg
旧500円札の富士山撮影地

DSC02067.jpg

DSC02069.jpg

1時間で雁ケ腹摺山頂上へ、景色を楽しんでから次の姥子山へ向かう。
姥子山へは、此処から急な道を下って行く。

DSC02071.jpg 姥子山へ向かう

DSC02074_2017102823515246b.jpg

DSC02076.jpg

DSC02082_20171028235150a22.jpg

DSC02080_20171028235149294.jpg

DSC02083_20171028235148b92.jpg 林道まで下りてきた

林道迄下って来て、此処から姥子山へは登りになる。

DSC02084.jpg 岩場を登って頂上

DSC02108.jpg 姥子山頂上に到着

DSC02088.jpg
雁ケ腹摺山、帰りはあそこを登り返す。

DSC02089_201710282353469bf.jpg
眺望が広がる

DSC02090_201710282353459ad.jpg
姥子山東峰

DSC02091_20171028235345946.jpg
姥子山東峰からの展望

DSC02103_20171028235533fbd.jpg いい景色・・・

雁ケ腹摺山は人が多いが、姥子山は静かでお気に入りの場所。
姥子山からの眺望は視界が開け、とても気持ち良い。
頂上には私一人だけ、気が付けば1時間45分ものんびりとしていた。
帰る準備をして、頂上から下りはじめたら3人の女性が登って来た。
「頂上にザックを置いてきて、東峰に向かう。」というので、
「この上が頂上ですよ、手前のピークは頂上ではないですよ。」と。
「姥子山の頂上は見晴らし最高ですから、楽しめますよ。」と言って、分かれた。
直ぐに、「ウワー、凄い景色!」と歓声が聞こえて来た。

DSC02111.jpg 雁ケ腹摺山へ

DSC02113.jpg

DSC02121_20171028235530610.jpg

DSC02123_20171028235529b8d.jpg

写真ではなだらかな道に見えるが、中々キツイ登り・・・。
今日の行程は短いので、楽しみながら登ります。

DSC02124_20171028235528edc.jpg 雁ケ腹摺山に戻ってきた

雁ケ腹摺山まで登り返して、あとは大峠まで下るのみ。
このまま下ってしまうのは惜しい。
頂上から少し下った所の岩の上に、ごろんと横になる。
ポカポカ陽気で、一寝入りの気分。

DSC02128.jpg

今日の山は、富士山を眺める為の山、一日すっきりと見えていた。
今まで山でノンビリゆっくりとした中で、今日は一番だった。
景色・眺望が素晴らしくても、寒くてはゆっくりもしていられない。
ポカポカ陽気でも、霞んでいてつまらない。
短い行程で、暖かで、頂上一人占めで景色を眺めて、良い山だった。


関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時13分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1047-c6000c9a

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ