FC2ブログ

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

権現岳(2715m)  山梨県・長野県

DSC01900.jpg
権現岳より、阿弥陀岳・中岳・赤岳、その奥に横岳・硫黄岳・左奥に蓼科山

【山行日】2017年10月10日(火)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
観音平P(6:18)~雲海(7:07)~押手川(7:53)~青年小屋(9:14-9:44)~ノロシ場(10:12)~権現岳(11:00-11:47)~青年小屋(12:45-13:12)~押手川(14:00)~雲海(14:30-14:46)~観音平P(15:24)

北岳に登ってから2週間が経って、何処かへ登りたい。
何度か登った事の有る権現岳、登りがいがあり、眺望も良い山だ。
2015年9月の時は、編笠山の頂上を踏んで権現岳・三ッ頭から観音平への周回だった。
今回はまきみちで青年小屋へ直に行き、権現岳へ登り同じコースで戻る。


DSC01826.jpg 観音平、権現岳登山口

DSC01828.jpg 雲海に到着

DSC01831.jpg 快晴

DSC01832_20171012222606137.jpg
雲海展望台より富士山

観音平から樹林帯の中を進んできて雲海展望台に到着、富士山が綺麗に見える。
直ぐに樹林帯の中の登山道になり、ひたすら足元に神経を集中して歩く。
ふと見上げると、綺麗に色付いた樹木に足を止める。

DSC01835.jpg

DSC01837.jpg

DSC01839.jpg

DSC01842_20171012222907f47.jpg 押手川に到着

押手川の分岐を編笠山へは登らず、青年小屋方面のまきみちに進む。
更に深い樹林帯のまきみち、まきみちと言ってもキツイ登りが続く。

DSC01846.jpg まきみちの岩続きの登山道

DSC01851.jpg

DSC01854_2017101222304843e.jpg 苔の森の中を進む

DSC01856.jpg 青年小屋まで20分の道標

DSC01859.jpg 青年小屋に到着

やっと樹林帯を抜け視界のひらけた場所、青年小屋に到着。
此処で休憩をして、ノロシ場からギボシへの鎖場・岩場の登りに備える。

DSC01862_2017101222304788d.jpg
編笠山

DSC01865.jpg
青年小屋から富士山

DSC01926_20171013023002031.jpg
青年小屋から西ギボシ・東ギボシ・権現岳

DSC01867_20171012223252bd2.jpg
青年小屋から少し登って富士山

DSC01873_20171012223249782.jpg
ノロシ場から富士山、手前に三ッ頭

DSC01869_2017101301022023f.jpg 西ギボシと奥に権現岳

DSC01871.jpg
ノロシ場から、編笠山と西岳

DSC01870.jpg
編笠山と南アルプス

見晴らしの良いノロシ場に到着、これからが今日の登山の核心部になる。
ザレの急登・岩場・鎖場を登っていく。

DSC01875.jpg
西ギボシのザレを登る、上部に登山者が見える。

DSC01874_20171012223430d5a.jpg

DSC01876_20171012223429f69.jpg
ザレが過ぎると、鎖を頼りに進む岩場になる。

DSC01877_201710122234295f7.jpg
登ってきて振り返る、編笠山・青年小屋・中央にノロシ場。

DSC01878.jpg
ギボシの岩稜、左に阿弥陀岳。

DSC01879.jpg
右奥に権現岳

DSC01882.jpg
権現岳と手前に権現小屋

岩場・鎖場を登りきれば、眼下に権現小屋が見えて足元も良くなる。
権現小屋まで下り、一登りして権現岳の岩塊の根元に到着。

DSC01904_20171013002622844.jpg
権現岳と左奥に三ッ頭

DSC01883.jpg 権現岳に到着、岩を登って頂上へ。

DSC01887.jpg 狭い権現岳頂上

DSC01892_2017101300235677b.jpg
頂上から後ろを覗くと、綺麗な紅葉が見えた。

権現岳頂上は狭く危険な岩場なので、順番に写真を撮り合いして場所を空ける。
赤岳へのキレット縦走路の分岐まで戻って、ゆっくりと休憩にする。

DSC01884.jpg
編笠山と青年小屋、右に西岳。

DSC01898.jpg
ギボシと権現小屋

DSC01891_20171013002356989.jpg
左丸い所、分岐で休憩する。

DSC01901.jpg
右が休憩した分岐、赤岳とキレット縦走路。

DSC01903.jpg
縦走路に行くには、この梯子を下らなければならない。

キレット縦走路は2回歩き、この梯子もハラハラドキドキで登った。
その時は一人ではなかったので、何とか登れた。
この苦手な梯子が有るので、一人でこの道を歩く勇気が出ないでいる。

ゆっくりと景色を楽しみ休憩し下山、岩場・鎖場のギボシのトラバースへ向かう。

DSC01913_20171013002620b33.jpg
岩場から振り返る、小屋の上が休憩した分岐。

DSC01921_20171013002814133.jpg
ノロシ場まで戻って来た

青年小屋まで下って来て、ポカポカ陽気で気持ち良く休憩にする。
帰りもまきみちで押手川へ下り、雲海で最後の休憩にする。
富士山は朝と変わらずに綺麗に見えて、下ってしまうのが惜しい気がする。
今日は後になり先になり、休憩もいつも一緒だった方が、雲海からの下山は
富士見平の方の道が良いと教えて下さった。
確かに岩の登山道が続いたので、とても楽に歩けて駐車場に戻れた。

DSC01938.jpg トリカブト


今日の権現岳は、本当に穏やかな天候に恵まれて歩き易かった。
編笠山に登るのを避けたので、時間的にも余裕が有りのんびり出来た。




関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2017年登山記録 | 23時02分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

今日から暫く、雨模様。

怖い!と思うと余計な力が身体に入るでしょうから、
止めておいた方が、良いと思いますよ。
まだまだお元気なタロウの母さんには、もっともっと
私達夫婦には、見る事のできないお山の可憐な花たちの
写真を、期待していますから・・・・。

| **ばーばら** | 2017/10/13 09:11 | URL |

**ばーばら** 様

此処の梯子は長くて宙に浮いている感じがして、ガチガチになってしまうのです。でも行きたい、怖い・・・歳を考えろってね。
今日からシトシト雨降り、寒いです。
寒いのは我慢しても、太陽が出ないのが困りますね。

| タロウの母 | 2017/10/13 16:27 | URL |















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/1045-d947846a

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ