前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

甲武信ヶ岳 2475m(山梨県・埼玉県・長野県)

6-5eRIMG0382.jpg
甲武信ヶ岳

【山行日】2010年10月17日(日)~18日(月)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 西沢渓谷P(6:45)~西沢山荘(7:17)~徳ちゃん新道~合流(近丸新道9:10)~樹林帯(休憩9:30-9:45おにぎり)~ザレ場(10:53-11:00)~破風山分岐(11:17)~木賊山(11:26)~甲武信小屋(11:42)  甲武信ガ岳頂上往復
2日目 甲武信小屋(6:30)~木賊山~分岐(6:53)~笹平避難小屋(7:30)~西破風山(8:09-8:13)~東破風山(8:33)~雁坂嶺(9:18-9:30)~雁坂峠(9:57-10:22)~沓切沢橋(12:02)~舗装された林道~駐車場(13:05)

甲武信ヶ岳は3回目になるが、今回は2002年11月Tさんと登った時と同じコースを一人で登る。2009年5月は毛木平から登っている。

道の駅みとみの少し先の登山者用駐車場に車を停め、西沢渓谷・西沢山荘から徳ちゃん新道を登る。
樹林帯の長い急登が続く、ザレ場からは富士山の眺望が美しい。
隣の鶏冠山の尾根が紅葉で美しい。

6-5eRIMG0371.jpg 登山者無料駐車場

6-5eRIMG0374.jpg 徳ちゃん新道から鶏冠尾根方面の紅葉

6-5eRIMG0376.jpg  徳ちゃん新道から富士山

6-5eRIMG0377.jpg 近丸新道に合流

6-5eRIMG0379.jpg 破風山方面との分岐

6-5eRIMG0380.jpg 木に囲まれた木賊山頂上

6-5eRIMG0381.jpg 樹林帯を抜けると甲武信ヶ岳が目の前に 

6-5eRIMG0391.jpg 見晴らしの良い甲武信ヶ岳頂上

6-5eRIMG0388.jpg 頂上より富士山

木賊山は木に囲まれ見晴らしは無いが、下りになるザレ場からは目の前に甲武信ガ岳が現れ眺望が良い。
そのまま下るとすぐ甲武信小屋に着く。
早く着いたので小屋の前で昼のおにぎりを食べ、其の後頂上に行き富士山・金峰山・八ヶ岳・御座山・・・などを眺めながら時間をつぶす。
小屋に戻り今日の泊りは3組(4名)で、徳ちゃんが「今日はお刺身のご馳走だ。」と言って、5人でストーブを囲みながらお酒のつまみに美味しく頂いた。

2日目 朝食を食べてから2組は西沢渓谷に下り、私一人破風山から雁坂峠に向かう。
笹平避難小屋は綺麗で中にダルマストーブと薪が用意されていた。
露岩帯の急登を頑張ると西破風山に着く。
樹林帯を進むと東破風山、さらに進むと雁坂嶺。

6-5eRIMG0393.jpg 徳ちゃん、お世話になりました

6-5eRIMG0397.jpg 甲武信ヶ岳を振り返る

6-5eRIMG0399.jpg 破不山避難小屋

6-5eRIMG0401.jpg 西破風山

6-5eRIMG0403.jpg 東破風山

6-5eRIMG0406.jpg 枯木帯、悲しいね

6-5eRIMG0408.jpg 雁坂嶺

6-5eRIMG0413.jpg 美しく紅葉した木々

6-5eRIMG0414.jpg 雁坂峠を見降ろす

6-5eRIMG0415.jpg 雁坂峠 

6-5eRIMG0421.jpg 心地よい秋晴れを一人占め

6-5eRIMG0417.jpg 

ここからは見晴らしの良い道を下り雁坂峠に着く。
ここでゆっくり景色を眺めながらパンを食べる。
これからは急な下りを進み、飽きるほど下るとやっと舗装された広い林道に出る。
さらに1時間のんびりと道の駅に向け歩く。
今日は小屋を出てから誰とも会わず、イノシシを見掛け、鹿と眼が会っただけで本当に静かな山歩きだった。

6-5eRIMG0425.jpg マユミかな?

6-5eRIMG0426.jpg キノコ(美味しそうだけど・・・)

6-5eRIMG0427.jpg

6-5eRIMG0428.jpg 可愛い鹿としばらく見つめあい

6-5eRIMG0429.jpg 雁坂峠登山口に到着


昨日西沢山荘から1時間位登った時、沢の方で熊の唸り声を聞いた。
徳ちゃんに話したら「子熊が母熊と離れてしまったのだろう。」ということだった。
熊とは出会いたくない、鈴がたより。

関連記事
スポンサードリンク
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2010年登山記録 | 22時28分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yamatohana.blog27.fc2.com/tb.php/104-d94d2d3a

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ