FC2ブログ

2018年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大菩薩嶺(2057m) 山梨県

DSC03099.jpg
丸川峠にて

【山行日】2018年2月23日(金)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】
丸川峠分岐P(7:47)~丸川峠(9:55)~大菩薩頂上・雷岩(11:50-12:36)~
唐松尾根~福ちゃん荘(13:27)~上日川峠(13:47-14:04)~丸川峠分岐P(15:13)


2月23日は富士山の日とは知らなかったけど、富士山の見える山へ行こう。
今日も寒さが緩む感じ、昨夜は少し雪が降ったようなので綺麗な景色が楽しめるだろう。
何度も登っている大菩薩嶺に登りに行く。

DSC03124.jpg  上日川峠へは冬季閉鎖

DSC03086.jpg 丸川峠分岐駐車場

上日川峠までの道路は冬季閉鎖なので、丸川峠分岐駐車場から大菩薩嶺の周回コースを行く。
先に止まっていた車の方はどちらのコースを進んだか、丸川峠から大菩薩嶺に登るコースを進む。

DSC03088.jpg 丸川峠へ進む

DSC03089.jpg
昨夜降った雪がうっすらと積もり、一人の登山者の足跡と動物の足跡が残っている。
同じコースを進んでいるようで、ちょっと安心する。

DSC03091.jpg 凍り付く登山道

DSC03093.jpg 先行者の靴跡

DSC03094.jpg 一面凍り、転んだ

丸川峠まで先行者の靴跡と動物の足跡が続き、うっすらと積もった雪の下はツルツルの氷。
綺麗なのでついカメラに手を、その途端、ツルッっと「痛!!」。
余りの痛さに、今日は此処で下山かと頭によぎった。
起き上がり手の痛みはあるが、折れている感じはしない。
早速アイゼンを装着し(転ぶ前に着けろ!)、直ぐに丸川峠に到着。

DSC03095.jpg 丸川荘

DSC03097.jpg
丸川峠

DSC03098.jpg
富士山は、雲の中に頭だけ見えている。

DSC03100.jpg
キラキラ輝いて、綺麗。

丸川峠からの富士山が綺麗なのだが、今日は雲が多く辛うじて頭が見えている。
回りの景色は青空に輝く雪で、とても綺麗だ。

DSC03104.jpg 大菩薩嶺への登山道

DSC03102_20180224142100a5a.jpg 霧氷

丸川峠から大菩薩嶺までは真っ白な雪の登山道と、霧氷の樹々の中を進む。
静かな樹林帯、風で舞い散る霧氷を身体にに受けながら登る。

DSC03107.jpg 大菩薩嶺頂上

DSC03109.jpg 雷岩

DSC03113.jpg
雷岩から大菩薩湖、富士山は?

DSC03110_20180224142239d88.jpg
眼を凝らして、富士山の頭が見えている。

DSC03111.jpg
南アルプスも雲と一緒に

DSC03114.jpg 青空で気持ち良い

雷岩からの景色は雲が多く残念だったが、青い空と暖かい陽射しで気持ち良かった。
ゆっくりと雷岩で昼食タイム、しばらくして単独男性が同じコースを登って来られた。
もう一人唐松尾根を登って来られた男性が、雷岩で休憩する。
此処から、大菩薩峠から上日川峠のコース、唐松尾根から上日川峠のコースに分かれる。
私は大菩薩峠へは行かず、唐松尾根を下る短いコースにする。

DSC03116.jpg 福ちゃん荘に到着

DSC03115.jpg

DSC03117.jpg パスした大菩薩尾根

DSC03119.jpg 上日川峠に下りてきた

DSC03121_20180224144735143.jpg  駐車場に戻る

DSC03125.jpg 丸川峠分岐駐車場

一番歩いて気持ち良い雷岩から大菩薩峠までの縦走路、今日はパスして正解。
転ぶアクシデントが有り、これ以上長い行程だと疲れ切ってしまったかも知れない。
駐車場に戻ると一台増えて3台になっていた、先行者の方は大菩薩峠に向かわれたようで未だ戻って来てなかった。
今回の目的は、汚れていない雪の上を歩く、霧氷の景色を見るだったので大満足。
何時も転ばないように気をつけているのに、更に気を引き締めて山に登ろう。




トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 16時15分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛奥ノ雁ケ腹摺山(1994m) 山梨県

DSC03070.jpg
牛奥ノ雁ケ腹摺山より富士山


【山行日】2018年2月14日(水)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】ペンションスズランP(9:16)~牛奥ノ雁ケ腹摺山登山口(10:15)~パノラマ岩(11:22)~牛奥ノ雁ケ腹摺山頂上(11:46-12:53)
往路戻り・ペンションスズランP(14:15)

余り寒くても山に行く気になれないが、今日は寒さが緩んで登山日和。
白い雪を踏み、景色の良い牛奥ノ雁ケ腹摺山へ、ペンションスズラン荘から登る。
この先は道路が冬季閉鎖なっているので、スズラン荘に駐車させて頂く。

DSC03034.jpg スズラン荘に駐車

DSC03037.jpg スズラン荘から指示に従う

DSC03039.jpg 快晴で気持ち良い

DSC03041_201802151500262c8.jpg 眺望の良い登山口

DSC03046.jpg 牛奥ノ雁ケ腹摺山登山口

DSC03049.jpg景色が良い パノラマ岩

DSC03050.jpg
富士山・南アルプス

DSC03051_20180215150209907.jpg
南アルプス全山

DSC03054.jpg

DSC03053.jpg
八ケ岳、右に国師ケ岳・金峰山

DSC03059.jpg
富士山

DSC03060_2018021515040895e.jpg
頂上近くより富士山

DSC03063_20180215150406c48.jpg 牛奥ノ雁ケ腹摺山頂上

DSC03064_201802151504067ad.jpg

DSC03068.jpg
左手前に黒岳と富士山

頂上から1時間足らずで小金沢山に行かれるので、その予定でいたが止めにした。
誰も居ない牛奥ノ雁ケ腹摺山で、一人で富士山・南アルプスの眺望を楽しんだ。
風の当たらない場所はとても暖かく、真っ白な雪の頂上でゆっくりと昼食にする。
下山時は軽アイゼンを装着し、快適に歩く。

DSC03082.jpg
八ケ岳と下に大菩薩湖

DSC03084.jpg スズラン荘に戻った


登山口近くは歩いた足跡が凍って滑りやすいが、上に行くにつれてサラサラの雪になる。
青空と白い雪、澄んだ景色、ザクザク歩き気持ち良かった。



トマスパパ、磁器カップ販売中。
tdesign02.jpg


【英語で楽しく陶芸体験☆トマス陶芸】
https://www.facebook.com/tomas.tougei/

【陶器カップ☆T Design Ceramics】
https://www.facebook.com/TDesign.ceramics

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2018年登山記録 | 15時33分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |