2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

雲取山(2017m) 東京・埼玉・山梨

DSC02998_201505291745333b5.jpg
雲取山頂上


【山行日】2015年5月26日(火)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】三峰神社駐車場(6:00)~地藏峠~霧藻ケ峰(7:33 休憩)~白岩山(9:35)~芋ノ木ドッケ(9:44)~大ダワ(10:20)~雲取山荘(10:48)~雲取山頂上(11:20)~雲取山荘(11:50-12:37 昼食) 往路戻り 霧藻ケ峰(休憩)~三峰神社駐車場(16:58)

雲取山は何度も登り楽しんでいるが、このコースは2005年11月20・21日に登ったことがある。
その時は途中から雪道になり、アイゼンを使用して頂上へ登った記憶がある。
今回は一人なので、無理して頂上まで行かなくても良いという感じで登り始めた。

RIMG0079_201505291723321e1.jpg 三峰神社駐車場

RIMG0080_20150529172329600.jpg ハイキング気分で・・
RIMG0081_2015052917232852a.jpg 造林地を行き

RIMG0083_20150529172324a1d.jpg 

RIMG0084_20150529172322862.jpg 炭焼窯跡

RIMG0085_20150529172320205.jpg 地藏峠に到着

RIMG0087_20150529172554d52.jpg 目安になる海抜標識

RIMG0092.jpg 秩父宮両殿下レリーフ。

RIMG0094_20150529172550e9a.jpg 霧藻ケ峰で休憩

霧藻ケ峰で休憩、両神山などの秩父の山並みが見える。
手前の展望地はロープが張られて、入れないようになっていた。
ここからお清平までは、下りになる。

RIMG0095_201505291725473bd.jpg 下ってきてお清平

RIMG0096_201505291725458d7.jpg 大血川方面分岐

RIMG0097.jpg
                現在地(お清平)は、雲取山へ半分未満

お清平からは急な登りになる。
この先、白岩山まで上り下りを繰り返す。

DSC03057.jpg 岩混じりの登山道になる

RIMG0099_201505291749243a2.jpg 急登

RIMG0100.jpg 前白岩の肩

RIMG0101_201505291749222e2.jpg やっと半分を超えた

RIMG0102_201505291749206b6.jpg 前白岩山

RIMG0108_2015052917491918a.jpg 雲取山がだんだん近くなる

RIMG0112_20150529174917afe.jpg 白岩山

三峰から半分を過ぎると、キロ数標識を見るのが嬉しくなる。
白岩山からは下って芋ノ木ドッケ、更に下って下って・・・大ダワに着く。
三峰からのキロ数の標識、雲取山まで2.7キロ、近づいてきた。

RIMG0114_20150529181227508.jpg 芋ノ木ドッケ

RIMG0115_20150529181226e69.jpg

RIMG0116.jpg 嬉しい標識のキロ数

DSC03011.jpg 下ってきて大ダワ

大ダワへ着けば、一頑張りで雲取山荘に着く。
小屋前にザックを置いて、空身で頂上へ向かう。

RIMG0118_20150529180214ff6.jpg 雲取山荘に到着

DSC02999_2015052918233514f.jpg
                雲取山頂上、三峰から10.7キロの表示

DSC03000_20150529183522555.jpg 東京都の標識

DSC03003_20150529182334b8c.jpg 埼玉県の標識

雲取山は東京都・埼玉県・山梨県に接しており、頂上標識が夫々ある。
山梨県の頂上標識は、避難小屋の所にある。

DSC03004.jpg 田部重治レリーフ

DSC03008_20150529222848795.jpg 小屋へ戻って昼食

小屋前はひっそりとして、日陰でゆっくりと昼食にする。
今は静かだが、今晩は60名の団体さんが泊まるという。
下山は往路を、少しゆっくりと花を見ながら歩く。

DSC02996_201505292250530a9.jpg オサバグサ

DSC03016_20150529225052c45.jpg マムシグサ

DSC03019.jpg ミツバツチグリ

DSC03024.jpg キバナノコマノツメ

DSC03027_20150529230440ef5.jpg ハルリンドウ

DSC03029.jpg 石灰岩が彼方此方に

DSC03036.jpg

DSC03051.jpg

DSC03060.jpg

帰りも霧藻ケ峰で両神山方面の景色を見ながら、ゆっくりと休憩する。
ここから駐車場までのだらだらとした道を下るのが、長く感じた。

DSC03063.jpg
                      霧藻ケ峰より両神山

DSC03064.jpg サラサドウダン

DSC03069.jpg

DSC03074.jpg クワガタソウ

DSC03075.jpg 後少しで駐車場

DSC03079.jpg 鳥居の所に登山届入れ

DSC03081.jpg
                駐車場から霧藻ケ峰・白岩山・雲取山


今日は朝から下山まで、天候も安定しており心地よい風を受けて気持ち良く歩けた。
夏になったら何の花が咲くのだろうかと、葉を見ながら歩いた。
バイケイソウの群生地、大きな石灰岩が彼方此方にあり、時季を変えて登りたいと・・。
平日でも百名山の雲取山、すれ違う登山者も何組かいて、寂しさはなかった。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2015年登山記録 | 22時51分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

復活した登山靴

5年間愛用した登山靴、先日ソール張替を依頼した。
その間の山登りは、新しく購入した登山靴を使用した。

RIMG0074_20150527230552b02.jpg

すり減って丸くなっていた靴底が、こんなに立派になって戻って来た。

RIMG0072.jpg

まだまだ十分使えるよ、履きなれた靴でどこの山に登ろうか?

RIMG0075.jpg


昨日、長~い道のりを快適に歩いてきた。
雲取山へ日帰りで、頼り甲斐のある靴を履いて・・・。

DSC03000_2015052723055187d.jpg


古株の靴と新米の靴、タロウの母の足を守っておくれ・・・。
楽しく山登りが出来るように、交互に活躍しておくれ・・・。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時35分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

一仕事終わって

今週月曜日から、ブドウの房作りのお手伝いをしていた。
これも初めての仕事、ブドウの小さな蕾や実がびっしりとついている。

DSC02975.jpg

大きな房を手にして、小さな鋏で房からどんどん切り落として・・・・。
先のほうに、3センチから4センチ位残していく。
これが、大きな大きなブドウの実と房になっていくそうです。

DSC02991.jpg

巨峰とピオーネの房作りをしましたが、残す長さが違います。
明日からは、家の庭の草取りや畑の作業をやりますよ。

DSC02969.jpg

農家の方は、この後にジベ処理(種無し)の作業、さらに房作り・・・。
タロウの母は、袋かけの時にまた行って作業します。
袋かけも初めての作業、摘果・房作りも無事に済み、次も楽しみ!!

DSC02984.jpg

朝急いで出かけていたので、庭の花をゆっくりと眺めていなかった。
シャクヤクも小さな蕾だったのが、丁度見頃に開いていた。
いつの間にか咲いて散ってしまうサンショウバラ、ピンク色が綺麗だ。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 15時21分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

三ツ峠山(1785m) 山梨県

IMG_0015.jpg
天狗岩

【標高】開運山(1785m) 御巣鷹山(1775m) 木無山(1732m)
【山行日】2015年5月17日(日)
【天候】晴れ
【形態】3人・日帰り
【コースタイム】三ツ峠登山口(8:40)~(木無山・開運山・御巣鷹山)~三ツ峠登山口(14:00)


久しぶりの山友と、のんびりとおしゃべりしながらハイキング、三つ峠に行った。
人気の三つ峠、駐車場・広場・頂上・岩も、どこも人で賑わっていた。

IMG_0004.jpg 登山口

IMG_0009.jpg 富士山

IMG_0010.jpg 天狗岩にて

IMG_0014.jpg
開運山頂上と屏風岩

IMG_0017.jpg

IMG_0020.jpg

IMG_0023.jpg

IMG_0026.jpg 三ツ峠頂上

IMG_0024.jpg 富士山は綺麗かな・・・

IMG_0028.jpg

IMG_0040.jpg 屏風岩

IMG_0033.jpg

IMG_0036.jpg

今日はのんびりとベンチがあれば座り、天狗岩では景色を見ながら・・・。
天狗岩も屏風岩も人人・・・、大勢の人が岩壁を登っていた。
三つ峠(木無山・開運山・御巣鷹山)へ歩き、花は咲いていないかとキョロキョロ。
スミレ・ミヤマエンレイソウ・ハルリンドウは可愛く咲いていた。
小さなカモメランは、よく見ると蕾を付けているものもあった。
クモイコザクラは散った物ばかり、やっと咲き残りを見つけた。

IMG_0030.jpg クモイコザクラ

楽しくハイキング気分、久しぶりの山友とゆっくりとする時間を過ごせた。
帰りの天下茶屋からの富士山、ここからの富士山もいい眺めだ。

IMG_0043.jpg
天下茶屋前より富士山






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2015年登山記録 | 22時30分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛龍山(2077m) 山梨県

DSC02885.jpg
クモイコザクラ


【山行日】2015年5月14日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】三ノ瀬(6:10)~将監小屋(7:40 休憩)~飛龍権現(9:54)~飛龍山(10:14)~北天ノタル(10:36)~飛龍権現~禿岩(昼食 12:50)~三ノ瀬(16:14)

10日は前飛龍迄で下山してしまったので、今日は2013年10月14日に歩いたコースで飛龍山へ行く。
目的はクモイコザクラの咲く場所へ、見つかるかどうか行ってみる。
民宿みはらし(500円)に駐車し、唐松の新緑を見ながら将監小屋まで行く。
トイレが新しくバイオトイレになり、快適になった。

RIMG0002_201505151336033c5.jpg 民宿みはらしに駐車
RIMG0003_201505151336020c9.jpg 登山道入口
RIMG0004.jpg 牛王院下
RIMG0056_201505151354153dc.jpg カラマツの新緑
RIMG0012.jpg 将監小屋
RIMG0015.jpg バイオトイレ

将監小屋は今日は休みで、テント場も誰もいなかった。
休憩し軽食を食べて、分岐を飛龍・雲取山方面に進む。
小屋からきつい急登になるが、そこを登り切れば後は歩きやすい道になる。
将監小屋までは新緑が綺麗だが、上はまだ芽吹きが始まったばかりで葉が開いていない。

RIMG0018.jpg 芽吹きが始まったばかり
RIMG0019_201505151354142ce.jpg 手つかずの自然林を行く
RIMG0020_20150515135414000.jpg 歩きやすい道
RIMG0024_2015051513541372b.jpg 遠くに南アルプス
RIMG0026_20150515135413530.jpg 樹林帯の登り
RIMG0030.jpg 禿岩(帰りに寄る)
RIMG0032_20150515140133639.jpg 飛龍権現から頂上へ登る
RIMG0034_20150515140132005.jpg 飛龍山頂上
RIMG0036_20150515140132afa.jpg 雲取山方面
RIMG0038_201505151401313bc.jpg 北天ノタル

今日は誰とも会う気配がなく、一人鳥の鳴き声と鈴の音をお供に快適に歩く。
ほぼ平行移動のような道を、富士山や南アルプスを眺めながら進む。
目の前に飛龍の大きな塊、樹林帯の登りになる。
禿岩は後でゆっくり寄るとして、飛龍権現から飛龍山へ登る。
飛龍山頂上からは今日の目的、クモイコザクラを探しに北天ノタルまで進む。
北天ノタルからは、ゆっくり写真を撮りながら禿岩へ戻る。

RIMG0039_20150515140131a6e.jpg クモイコザクラが・・・
DSC02902.jpg クモイコザクラ
DSC02823_20150515152458f6f.jpg

DSC02867.jpg

DSC02854_2015051515332633a.jpg

DSC02837_20150515152458f42.jpg

DSC02855_20150515152457235.jpg

禿岩から何時もの眺望に、一人で大満足の時間を過ごす。
写真では、富士山や南アルプスが良く見えませんが・・・。
シャクナゲの蕾はまだ固く、禿岩の日当たりの良い場所でやっと開きかけて・・・。
これからも誰とも会うことはないだろう、気を引き締めて禿岩から将監小屋・三ノ瀬に戻る。

DSC02914.jpg 禿岩に一人(体は・・?)
DSC02920.jpg シャクナゲ、満開は未だ先 

DSC02906_20150515142855ada.jpg

DSC02910.jpg

DSC02911.jpg

DSC02913_20150515142854d35.jpg

DSC02912.jpg

DSC02931.jpg 岩ウチワ
DSC02939.jpg

DSC02936_20150515152744059.jpg

DSC02957_20150519095024648.jpg コイワカガミ
DSC02958.jpg

DSC02952.jpg バイカオウレン
RIMG0043_201505151410120d2.jpg  一人来た道を戻る
RIMG0044_20150515141011247.jpg  飛龍山を振り返る
RIMG0059_20150515154611224.jpg 三ノ瀬に戻った

今日は誰とも会うことなく、一人快晴の道を気分よくあまり疲れずに歩くことが出来た。
何やらボキボキ、ガサガサ・・・と音が、フッと見ると猿と目が合ってしまった。
ビックリして「おおーッ。」と声をあげたら猿が逃げて・・・猿で良かった。
クモイコザクラに会えるか心配したが、去年雲取山・飛龍山を1泊2日で歩いた時に、
咲きそうな岩があったのでそこを目指して歩いて行った。
鞍掛山のクモイコザクラと比べたらとても少ないが、探しながら歩いたら他の岩にも
何ヵ所か少しづつ咲いていて、可愛かった。
民宿みはらしに戻り、いつもの様にお茶とお菓子を用意してくださっている。
おかみさんによると「前はもっと沢山あったのだけどね・・・、鹿もいるしね。」と。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2015年登山記録 | 14時45分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ