2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

徳和渓谷

昨日、徳和渓谷にタロウの父と散策に行って来た。
西沢渓谷は何度か行っているので、近くで何処か・・・・。

乾徳山の登山口と同じなので、分かりやすい。
渓谷・滝・紅葉と、ゆっくりと楽しんできた。


DSC09560_20141030210125924.jpg 長尾の滝

DSC09577_201410302101250ac.jpg

DSC09591.jpg 他に誰もいません

DSC09597.jpg

DSC09604.jpg 気持ち良いネ~

DSC09617_20141030210123c7c.jpg 真っ赤です

DSC09624_2014103021034808e.jpg 荒神の滝

DSC09638.jpg 疲れた?

DSC09641_20141030210347943.jpg 乾門の滝

DSC09658.jpg

DSC09661_2014103021034629f.jpg

DSC09664.jpg


西沢渓谷の滝の方が美しいかもしれないが、此処は静かで良い。
滝を眺めながらゆっくりと歩いて、タロウの父にも丁度良い道程だ。


DSC09666_20141030210511ed9.jpg

DSC09670.jpg


渓谷の散策を終わり、ザックを下ろして昼食にしていると・・・・人影が。
一人、4人、今度は2人・・・・・と、胸元にワッペンを付けている。
東京からバスツアーの人達が、ノンビリと自由散策なのでしょう。

今度は、新緑の時に歩いてみよう。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 21時58分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲取山・飛龍山(2日目)  東京都・埼玉県・山梨県

DSC09404.jpg
朝陽に照らされる雲取山頂上と富士山


【標高】雲取山(2017m) 飛龍山(2077m)
【山行日】2014年10月24・25日(金・土)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 道の駅・たばやま(6:17)~サヲウラ峠(8:40-8:50)~三条の湯(10:54-11:14)~三条ダルミ(13:55)~雲取山頂上(14:40-15:03)~雲取山荘(15:25)
2日目 雲取山荘(5:23)~雲取山頂上(5:55-6:30)~三条ダルミ(6:51)~北天ノタル(9:16)~飛龍山頂上(10:05)~分岐~禿岩(10:30-11:37)~分岐~前飛龍(12:25)~熊倉山(13:29)~サヲウラ峠~道の駅・たばやま(15:50)


去年10月に三ノ瀬から飛龍山へ日帰りで登ったので、今回は丹波から登る事にする。
道の駅たばやまに駐車し、サヲウラ峠から三条の湯経由で雲取山と飛龍山への1泊2日の行程。

2日目 今日は雲取山から飛龍山へ向かい、禿岩で景色を眺めながら昼食にして丹波へ下る。
朝食は自炊で済ませ、東の空がオレンジ色に輝き急いで頂上へ登らなければと・・・・。
気持ちは焦るが身体が重い、これでは日の出に間に合わないかもと諦め気味で頂上へ。

DSC09391.jpg 小屋を後に頂上へ登る

「お母さん、早く・早く・・・・。」と、昨夜食事のときに一緒だった青年が、大きな声を掛けてくれた。
太陽が上がって来ている、間一髪カメラを出しシャッターを押す事が出来た。

DSC09397.jpg
                                       間に合った、美しい御来光

DSC09396_20141028211812a5c.jpg
                           みんなのお顔も真っ赤か・・・・・、正面に富士山

DSC09405_20141028211811db0.jpg
                                        飛龍山の奥に南アルプス

DSC09409_201410282123175b2.jpg

DSC09416.jpg 雲海
                                  
DSC09428.jpg

DSC09406.jpg 頂上で一枚

DSC09432_20141028212316c91.jpg
                                   避難小屋の方に移動して富士山

頂上からの景色、何時までも眺めていたい。
同室の若い女性、「お先に・・・・。」と鷹ノ巣山から奥多摩湖へと出発して行った。
いつの間にか人影は少なくなってしまい、飛龍山へ向けて出発する。

DSC09437.jpg 三条ダルミに下って、飛龍山へ

DSC09439.jpg 三条ダルミから富士山

DSC09445.jpg 狼平で苔に霜

DSC09456.jpg 富士山を見ながら進む

DSC09459.jpg 危険な所には鉄の橋が

DSC09462_20141028215442eff.jpg 飛龍山と富士山

DSC09470.jpg 北天ノタル

三条ダルミからは歩き易い道を狼平へと進み、北天ノタルまで富士山を左に見ながら歩く。
北天ノタルに着けば、飛龍山はもう少し、頂上へ向けて登る。

DSC09473.jpg 雲取山を振り返る

DSC09475.jpg 飛龍山

飛龍山頂上は樹木に囲まれて、眺望は無し・・・と思っていた。
頂上標識は富士山の方を向いて立てられ、木が小さい時は富士山が良く見えただろう。
此処まで来て、やっと登山者(将監小屋から来た)4名と出会う。

DSC09476.jpg 分岐まで下って、禿岩へ

DSC09477_2014102821562006c.jpg 見晴らしの良い禿岩へ

DSC09479.jpg
                                   禿岩より富士山、手前に大菩薩嶺

DSC09483.jpg
                                             大きな和名倉山   

DSC09485_20141028215619aa8.jpg
                                             連なる南アルプス

DSC09490.jpg
                                         富士山と右に南アルプス

DSC09491_201410282157174b8.jpg
                                      南アルプスから奥秩父の山々

DSC09486.jpg 山肌の紅葉

禿岩で昼食にしながら、最高の眺望を楽しむ。
飛龍山へ来たら、此処(禿岩)へ寄らずに帰るのは勿体ない。
分岐まで戻り、前飛龍へ下る。

DSC09508_20141028215716b1f.jpg 前飛龍

DSC09506_201410282157156c9.jpg
                                         雲取山から奥多摩の山々

DSC09514.jpg 急な道を下る

DSC09515_20141028215816e16.jpg

DSC09523.jpg

DSC09526.jpg 熊倉山

DSC09528_201410282158141dc.jpg

DSC09532_20141028215814419.jpg

DSC09536.jpg

DSC09545_20141028215908b44.jpg

DSC09547.jpg

熊倉山手前からは紅葉の林、歩き易い道を上を見ながら歩く。
サヲウラ峠まで気持ち良く下りてきて、少し休憩をして丹波へ下る。

DSC09549.jpg サヲウラ峠

DSC09553.jpg 丹波の集落が下に

DSC09555_20141028215907112.jpg 道の駅たばやまへ戻った



2日間とも天候に恵まれ、美しい景色・紅葉と思う存分楽しむ事が出来た。
丹波からのコースは余り利用しないのか、静かな山歩きが出来た。
雲取山荘で皆さんの様子を伺うと、電車・バスを利用して来た人が殆どだった。
鴨沢から登って三峰口へ(その反対や)、同室の方の様に奥多摩湖へと、縦走する人が多かった。

シラヒゲソウが咲く事が分かったので、来年はその時期に登る事にしよう。








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 23時26分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

雲取山・飛龍山(1日目)   東京都・埼玉県・山梨県

DSC09404.jpg
朝陽に照らされる雲取山頂上と富士山


【標高】雲取山(2017m) 飛龍山(2077m)
【山行日】2014年10月24・25日(金・土)
【天候】晴れ
【形態】単独・1泊2日
【コースタイム】
1日目 道の駅・たばやま(6:17)~サヲウラ峠(8:40-8:50)~三条の湯(10:54-11:14)~三条ダルミ(13:55)~雲取山頂上(14:40-15:03)~雲取山荘(15:25)
2日目 雲取山荘(5:23)~雲取山頂上(5:55-6:30)~三条ダルミ(6:51)~北天ノタル(9:16)~飛龍山頂上(10:05)~分岐~禿岩(10:30-11:37)~分岐~前飛龍(12:25)~熊倉山(13:29)~サヲウラ峠~道の駅・たばやま(15:50)


去年10月に三ノ瀬から飛龍山へ日帰りで登ったので、今回は丹波から登る事にする。
道の駅たばやまに駐車し、サヲウラ峠から三条の湯経由で雲取山と飛龍山への1泊2日の行程。


DSC09246_20141027213408375.jpg 道の駅に駐車して

DSC09248.jpg 411号から右に入る

DSC09251.jpg 柵を開け、畑の脇を通る


天気予報では晴れだが、昨日迄雨が降っていた為靄が掛り樹林帯が薄暗い。
「熊出没注意」に熊除けの鈴を一つ多く鳴らしながら、急登を峠へ向かう。

DSC09256.jpg 薄暗い森を登る

DSC09264.jpg  靄がかかって

DSC09267.jpg  太陽の光が差して来た

DSC09275.jpg  サヲウラ峠に着いた

DSC09277.jpg

DSC09279_20141027214424c8f.jpg  森の守り主(中川翁)の祠

DSC09278.jpg サヲウラ峠から三条の湯へ

今日は身体が重く調子が出ない儘、やっとサヲウラ峠に着いた。
靄がまだ掛っているが、紅葉した木々の林の様子がとても良い。
休憩して三条の湯へ向けて出発し始めると、明るくなり青空が綺麗だ。

DSC09291.jpg 木々の紅葉が綺麗

DSC09293.jpg

DSC09294_20141027233449faa.jpg

DSC09296.jpg

DSC09306.jpg

黄色や赤・オレンジ・・・・綺麗な色に見惚れ、上ばかり見てしまう。
ふと目の前の林の一点が明るいのにビックリ、何事・・・と足を停めてしまった。
こんなに近くにブロッケン現象が、こちらも負けずに綺麗な色だ。

DSC09309.jpg 間近にブロッケン現象

DSC09313.jpg

DSC09319_20141028000026c5a.jpg

DSC09320.jpg

DSC09325.jpg 

DSC09324_20141028000025bea.jpg 足元も綺麗

DSC09329.jpg 沢筋まで下ってきた

DSC09327.jpg 段々に石積みされた跡・・・

DSC09334.jpg 三条の湯

DSC09336.jpg 真っ赤に染まって

三条の湯迄は緩やかに下り、沢を幾つか越えて到着する。
小屋周りの紅葉も見頃、屋根の上の大きな木が真っ赤になっていた。
此処から三条ダルミへは、だらだらと長い登りになる。

DSC09338.jpg 休憩に丁度良い場所

DSC09339_20141028000120f4e.jpg

DSC09344.jpg 可愛い! クサギの実

DSC09348_2014102800022267e.jpg 

DSC09358.jpg

DSC09369.jpg 雲取山が見える

DSC09370.jpg

DSC09373_20141028000220793.jpg 三条ダルミから雲取山へ

DSC09375.jpg 頂上へキツイ登り

疲れた身体に、三条ダルミから頂上までの登りは堪えた。
頂上で景色を眺めて休憩し、雲取山荘へ下った。

DSC09377.jpg やっと着いた頂上(山梨県側)

DSC09381_20141028000330cdc.jpg
                                    小雲取山からの登山道を見降ろす

DSC09382.jpg 雲取山頂上

DSC09383.jpg 雲の上に富士山

DSC09389.jpg 雲取山荘


何度か泊った事が有る雲取山荘、部屋にコタツが有るのが嬉しい。
鴨沢からと三峰からの方と3人で、炬燵の周りに布団を敷きゆったりと寝る事が出来た。
明日の予約は268名とか、大変な混雑ぶりが想像できる。

今日丹波から雲取山迄に行き会った登山者は一人、若い男性の方に追い越された。
東京都の水道局の調査の方が8名、鹿の食害調査の方2名とお会いした。
頂上に着くと、避難小屋を利用する方がノンビリと景色を眺めていらした。


2日目 雲取山荘~雲取山頂上~飛龍山~禿岩~前飛龍~熊倉山~サヲウラ峠~丹波





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 21時46分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

祭りだ・まつりだ!!

今日は楽しい祭りが行われている。
「会場に着いたよ。婆婆達は何時頃になるの?」
ナナちゃんママからメールが来た。

直ぐに準備して出かけたが駐車場満杯、ノロノロ・・・・・・。
ジッと我慢して、祭りを楽しんでいるナナちゃん達と合流した。

あっちも見たい、こっちも見たい・・・・と。
爺は何処かへ、婆婆は勿論ナナちゃんと一緒だよ。


RIMG0395_20141026223555cad.jpg 

RIMG0397_20141026223554a20.jpg

ナナちゃんも並んで順番待ち、ふわふわ遊具は楽しいよ。
ポンポーン、ゴロンゴロン・・・・・、キャキャ。

RIMG0410.jpg

RIMG0407_20141026230354aab.jpg

楽しみにしていた迫力ある踊り、見ごたえが有りますョ。
カメラを持った爺とは別行動、何処かで写真を撮っているだろうと・・・。

RIMG0413_20141026223850e8a.jpg

RIMG0414.jpg

RIMG0420.jpg

爺が何処に居るのか気が付かなかったけど、写真を見るとナナちゃんが写っている。
お互いに気が付かないでいたが、道路を挟んで正面に居たのですネ。

RIMG0418_2014102622355306b.jpg

トーマスさんも真剣に見入っています。
ナナちゃんは大迫力に怖くなり、婆婆に抱きついいるんだよね。

RIMG0425-1.jpg

第2会場の駐車場に移り、迫力のあるものから楽しいのまで盛りだくさんの踊り。
踊り子さんの鳴子を手渡され、照れながら踊った(?)ナナちゃん。

烈車戦隊のショー、最初はキョトンとしていたナナちゃん。
会場全体の盛り上がりにつられ、一緒に大きな声を出していたね。
婆婆まで一緒に、夢中になってしまったよ。

早くから来て遊んだナナちゃん、眠気を我慢して・・・・・。
爺と合流して、写真を一枚撮りバイバイだね。

RIMG0430_20141027011116bec.jpg 婆婆の帽子をかぶって、顔が見えないョ。

RIMG0433.jpg バイバイ・・・

爺はこれからが本番、太鼓を楽しみに来たのだからね。
椅子に座って待っていると、太鼓の音が何処からか聞こえて来た・・・?
しまった、場所を間違えた、慌てて移動する。

RIMG0441_20141026224132a1e.jpg

始まっているよ、丁度良い具合に一番前に一人座れた。
勇ましいバチ捌き、心に響く太鼓の音、最高に良いネ。

RIMG0479.jpg

RIMG0455.jpg

RIMG0471.jpg

RIMG0487_20141026224221e40.jpg


ナナちゃんは勿論、爺も婆婆も大満足したお祭りだったね。
婆婆はね、無料のワインと日本酒を何杯か足を運んで・・・・ね。

来年も思いっきり楽しもうね!!







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 00時12分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日晴れを願って

今日も小雨が降って、とても寒い寒い。
天気予報によると、明日からは晴れてくる・・・とか。


DSC09240_20141023171115acf.jpg シャラの木も色付いて


晴れたら、勿論山に行きたい。
何度か登った事の有る雲取山に行こう。


DSC09241.jpg 干し柿を下げる台を作りかけ


去年、三ノ瀬から飛龍山に行っている。
今度は丹波からサオラ峠に登り、雲取山と飛龍山に行こう。

雲取山荘に泊って、ゆっくりとして来る予定。
丹波に下山したら、道の駅に有る「のめこいの湯」に入って・・・・。


雨降りでは行かないので、晴れて・・・・・!!





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 17時17分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ