2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

雷の音に・・・

DSC04600.jpg


下の畑で草取りをしていると、タロウが吠えてうるさい。
私の姿は見えるので、いつもは上から見下ろして静かにしている。

今日は鳴き止む気配が無い・・・・・?
意味が分かった、遠くの空から微かに聞こえる雷の音。
空は真っ青だけど、こっちに来るのかな?

そのうちに雲が出てきて、雨が降りそうな空になって来た。
ポツリポツリ・・・・、午後はゆっくりする事にしよう。


家に入り、その気になってノンビリし始めたのに・・・・・。
雷の音が遠ざかり、雨もすぐ止んでしまった。

仕方なく(?)、又下の畑の草取りの続きを始めた。
今度はタロウは鳴くことなく、静かなものだ。




ユキノシタ、本当に可愛いね~。
今日は未だ一つだけ、皆の咲くのを待っている。

DSC04572.jpg ユキノシタ

DSC04574.jpg

DSC04577.jpg







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 22時55分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

芍薬

茨城から一緒に越して来た芍薬、大きな花を咲かせた。
つい先日蕾が出来ているなと思っていたのに、今日は皆全開です。
青空に良く合います。


DSC04496.jpg

DSC04500.jpg

DSC04513.jpg


これも茨城から持ってきた、マツバギクかな?
とても強い花で、水をやらないでカラカラ状態になっても・・・・ちゃんと花を咲かせています。


DSC04082.jpg

DSC04088.jpg

DSC04090.jpg



 以下はもともと庭にあった花、じっと眺めてしまう可愛い花です。


DSC04095.jpg  ホウチャクソウ

DSC04107.jpg

DSC04516.jpg アヤメ

DSC04543_2014052817065434c.jpg

DSC04555_20140528170654748.jpg

DSC04562.jpg  タツナミソウ








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 17時17分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

チチブシロカネソウ

チチブシロカネソウは一昨年初めて知った花、去年も見に行った。
今年はちょっと遅くなってしまったので、咲いているかどうか・・・・・。

湯ノ沢峠登山口から沢沿いに、スミレやコチャルメルソウを楽しみながら進む。
タロウの父と一緒に、今年もびっしりと咲くサンリンソウを見ながらゆっくりと登る。


DSC04416.jpg


チチブシロカネソウの花、やはりちょっと時期が遅く散っているのが多い。
3年前に見た時はもう少し大きいと感じたが、とても小さくて風にユラユラ揺れている。
清楚にひっそりと咲くチチブソロカネソウ、何とか綺麗に咲いているのを見つけられ嬉しい。
今日の目的はこれなので、足元に咲く小さな花達を見ながら登山口に戻ってきた。


DSC04433.jpg チチブシロカネソウ

DSC04463_20140525182312715.jpg

DSC04474.jpg

DSC04446.jpg サンリンソウ

DSC04439_20140525182428c0f.jpg タチカメバソウ

DSC04479.jpg


美しい新緑と野鳥の囀り、サンリンソウ、タチカメバソウ、ワチガイソウ・・・・。
どれも白い花、タロウの父にはどれも同じに見える、思える。
花の区別はつかなくても、この場所は気に入ったようだ。




DSC04486_20140525182427d44.jpg サラサラ流れる水

DSC04489_201405251824273b4.jpg


綺麗な水、静かな流れ、ナナちゃんやルディー君が水遊びしたら楽しそう。
林から吹いてくる冷たい風、小さな小さな花達と美しい緑、気持ち良い時間を過ごした。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 18時34分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナナちゃんとハサミ

ナナちゃんはパパとママが仕事なので、爺と婆とお留守番。
何時もハサミに目が行き、「危ない。」 と隠すと大泣された。

今日の為に、子供用のハサミを買ってきて置いた。
「これ、ナナちゃんのハサミだよ。」と、渡すとニコニコ・・・。

広告の紙を持って来て、早速チョキチョキではなく・・・・・・・・
チョキ、だけ。
「おもいね。」と、上手く使えない。

それでもハサミに手を入れ、一回チョキと切ってハサミを置く。
そこを手でビリビリとやぶって、又ハサミに手を入れる。



DSC04359-1.jpg 指がぎこちない

DSC04382.jpg どれにしようかな?

DSC04386.jpg ここを切ろう

DSC04401.jpg 真剣だね

DSC04405.jpg 慣れた手つきになった


最初は指の感じが変、小さい方に指を4本入れたり・・・・
チョキチョキとは行かないけれど、最初はこの位が危なくなくて良い。

お菓子屋の広告、ケーキ・アイス・お饅頭・イチゴ・・・・・に大はしゃぎ。
「これ、おいしいね~!」 大きな声で指さして、チョキっと。

小さく切られた広告が、歩くたびにナナちゃんの足の裏にくっつく。
終わりは、ゴミ箱に切っては捨て切っては捨て、楽しかったネ。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 14時32分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

小金沢山(2014m) 山梨県

DSC04314.jpg
小金沢山


【山行日】2014年5月22日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】上日川峠P(7:02)~石丸峠~小金沢山(9:27-9:55)~石丸峠~大菩薩峠~雷岩~上日川峠P(13:57)

大菩薩嶺から南に続く山々を小金沢連嶺と云い、その主峰の山が小金沢山。
何度か登ってはいるが、今年2014年と云う事で2014mの山に登る事にした。


上日川峠駐車場から石丸峠方面に向かい、沢を渡ると小屋平のバス停に出る。
そこからカラマツ林の急登を頑張ると、視界が開けた石丸峠に着く。


DSC04234.jpg 上日川峠

DSC04235_20140522215200740.jpg 石丸峠へ向かう

DSC04238.jpg 沢を渡り

DSC04239.jpg 小屋平に出る

DSC04244.jpg カラマツ林の急登

DSC04251.jpg

石丸峠へ登っていると、富士山が綺麗に見えて来た。

DSC04255.jpg 此処を抜ければ視界が開ける

DSC04257.jpg

これから歩く稜線と右に小金沢山が見えて来た。

DSC04258.jpg 石丸峠に到着

DSC04261.jpg

石丸峠から進み、気持ち良い稜線歩きで狼平へ下る。
その先は原生林の登りになり、足元に注意しながら進む。

DSC04298.jpg 滑りやすい木の根

DSC04293.jpg 原生林を進む

DSC04265.jpg 少し残雪もある

2014mの小金沢山頂上に到着、「今年の山登りが安全でありますように!」と。
美しい富士山は?・・・雲に隠されてしまった。
今年の山登りは大丈夫??
「気を引き締めて、登るように。」・・・と、言う事でしょう。

DSC04270.jpg 小金沢山頂上

DSC04271.jpg 2014m

DSC04273.jpg 富士山は雲に隠れてしまった

DSC04281.jpg

少し待っていたが、富士山は見えてこないので戻る事にする。

DSC04305_2014052222440066d.jpg 狼平から登る先を見る

DSC04309.jpg 小金沢山を振り返る

DSC04315_20140522224359387.jpg 熊沢山、奥に大菩薩嶺

DSC04317_20140522224359c0d.jpg 石丸峠から熊沢山へ登る

石丸峠に戻り、まだ時間も早いので大菩薩嶺へ行く。
石丸峠から熊沢山へ登り、大菩薩峠へ向かう。
小金沢山の右奥に富士山が見えて来たが、相変わらず頂上は雲の中。

DSC04331.jpg 小金沢山と富士山

大菩薩峠に着き、おにぎりを食べて休憩して雷岩へ向け登る。

DSC04346.jpg 大菩薩峠

DSC04349.jpg 賽の河原から雷岩へ

DSC04351.jpg 雷岩から富士山

DSC04353_201405222305355e8.jpg 雷岩から上日川峠へ下る

雷岩からの景色、富士山の頭は相変わらず雲に隠れている。
雷岩から唐松尾根を下り、上日川峠へ戻る。

DSC04339.jpg バイカオウレン

DSC04283.jpg 原生林の根元に可愛く咲く

DSC04288.jpg


今年の山、小金沢山へはもっと早くに登りたいと思っていた。
史上初という大雪の為に雪融けが遅く、今日になってしまった。
小金沢山頂上は私一人だったが、石丸峠に戻るときには何組かの人と出会った。
大菩薩峠迄来ると、こちらは大勢の方が登っておられ賑わっていた。
太陽の光は強いが、吹く風が冷たく、気持ち良く歩けた。









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2014年登山記録 | 23時39分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ