2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

涙ながしての胃カメラ

DSC01362.jpg 庭より(28日16時43分)


健康診断の再検査、初胃カメラ・・・先日やりました。
タロウの父は胃カメラは何度も経験済み、
「簡単だよ、バリューム飲んでレントゲンより全然良いよ。」と。

涙・涙・・・、オウェ・・・
「力を抜いて、楽にして・・・。」
ゲホッ、ゲホッ、力抜けませんから・・・・。
フー、やっと終わりました。

「異常ありませんね、綺麗ですョ。」
涙を拭き拭き、「ありがとうございました。」。

レントゲンも胃カメラも・・・どっちも嫌です。
健康が一番、病気も早期発見が大事。
嫌でも、毎年受けなければいけませんョ。


DSC01371.jpg シムニーのガラスに夕焼け・・・




明日は、久し振りに電車に乗って出かける。
不安だらけ・・・・
横浜の娘夫婦から、いつも言われている言葉。
「お母さんはもう歳だから、車でなく高速バスや電車で来てね!」

電車の乗り継ぎ、新宿駅・・・・、考えると嫌になって来て・・・車に。
元々は車も苦手なのだから、電車に慣れて行かなければ。

山梨から千葉・流山(父の墓参り)へ。
そして、東京・足立の母の所へ向かう。

田舎者のタロウの母は、キョロキョロ、ウロウロ・・・・・。


電車も胃カメラも慣れれば、どーって事無いでしょ・・・・・きっとね。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 20時37分 | コメント:6 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

権現岳(2715m) 山梨県・長野県

DSC01250_2013111801170293b.jpg
権現岳・阿弥陀岳・中岳・赤岳



【山行日】2013年11月14日(木)
【天候】晴れ
【形態】単独・日帰り
【コースタイム】天女山駐車場(7:06)~天の河原(7:19-7:23)~前三ツ頭(9:36)~観音平への分岐(10:17)~三ツ頭(10:21)~権現岳頂上(11:23-12:33)  往路戻り 天女山駐車場(15:18)


gonn.jpg
今日のコース(青)


今日は何度か歩いた事が有るコース、天女山駐車場から権現岳に登る。
長い樹林帯の急登を頑張った後は、素晴らしい景色が待っている。

朝6時30分過ぎに駐車場に着くと、一台の車もなく私の車だけだ。
準備を済ませ天の河原に向かう。
天の河原からは早速綺麗な富士山や北岳などが美しい姿を見せていた。


DSC01193_201311180117022e6.jpg 天女山駐車場

DSC01194_201311180117012e2.jpg 天の河原

DSC01201_20131118011701f04.jpg 富士山

DSC01199_201311180117010b1.jpg 南アルプス

DSC01203_201311180117010b7.jpg 奥秩父連峰

天の河原を後に、頂上からの眺望を楽しみに長い樹林帯の急登に向かう。
青空にこれから登る山々、前三ツ頭・三ツ頭・権現岳の姿を見る事が出来る。

DSC01205_20131118011849abf.jpg これから登る山々

DSC01213_20131118011848372.jpg 樹林帯の急登が続き

DSC01216_20131118011848236.jpg 霜柱を踏んで登る

DSC01217_201311180118484d3.jpg 前三ツ頭が間近に

前三ツ頭に着くと視界が開け、南アルプスから中央アルプス・御嶽山の眺望が綺麗だ。
雲海に浮かぶ富士山、金峰山の五丈岩のとんがりが可愛い。

DSC01228_20131118011847754.jpg
                                      南アルプス、右奥に中央アルプス

DSC01229_20131118011955e5f.jpg
                                       中央アルプス、右奥に御嶽山

DSC01232_20131118011955c1d.jpg
                                 前三ツ頭から登って富士山、左に金峰山

DSC01234_201311180119545a7.jpg 登山道に雪

DSC01238_20131118011954b58.jpg 分岐より編笠山と西岳

DSC01240_201311180119549c2.jpg
                 編笠山の向こうに左から、中央アルプス・御嶽山・乗鞍岳・北アルプス

三ツ頭に着くと、今日の目的地・権現岳は目前になる。
八ヶ岳の最高峰・赤岳が高く聳えて、八ヶ岳連峰が美しい。


DSC01243_20131118011954bac.jpg
                                                  三ツ頭頂上

DSC01249_2013111801211249f.jpg
                                左からギボシ・権現岳・阿弥陀岳・中岳・赤岳

DSC01253_201311180121122b7.jpg 権現岳・赤岳を後ろに一枚


此処まで、誰とも会う事は無かった。
権現岳の鎖場の所で、頂上から下りてきた単独男性と出会った。
この方は観音平から編笠山に登り、権現岳・三ツ頭から観音平に戻る周回コースを行く。
「頂上は混んでいますか?」
「男性が一人だけいましたョ。」と、三ツ頭に向かって行かれた。


DSC01262_201311180121118b2.jpg
                                                 三ツ頭と富士山

DSC01267_20131118012111a77.jpg
              霧氷の付いた木々と権現岳を見上がる、頂上に一人登山者の姿が見える

DSC01268_201311180121110b0.jpg 権現岳頂上

DSC01313_20131118012344f6a.jpg 頂上岩峰の下に石祠

DSC01299_2013111801234560b.jpg
                                           権現岳の岩塊と富士山

DSC01270_20131118012110987.jpg
                                 頂上よりギボシの奥に乗鞍岳・北アルプス

DSC01282_2013111801224208b.jpg
                                                   北アルプス

DSC01271_2013111801224306e.jpg
                                中央アルプス・御嶽山・乗鞍岳・北アルプス

DSC01272_20131118012243fb2.jpg
                                南アルプス・中央アルプス、手前は編笠山

DSC01277_20131118012242219.jpg
                        左奥は蓼科山、赤岳の左奥に横岳・硫黄岳が見えている

DSC01291-1_20131118012239554.jpg
                金峰山の五丈岩が良く見える(右のとんがり、写真では分かりにくい・・)

DSC01284_20131118012345379.jpg

DSC01285_20131118012345e2c.jpg
                                        

大きな岩塊の権現岳頂上に着くと、先ほど居られた男性のかたは下りて行かれ、私一人になった。
素晴らしい景色、権現岳頂上独占・・・・・、岩の上でゆっくりおにぎり・パンを食べる。
ギボシの方を見ると、登って来られる2人の姿が見える。
待って居たい気持ちも有るがまだ時間が掛りそう、下山する事にする。


DSC01309_201311180123442f0.jpg
                                              樹氷の木々と富士山

DSC01315_20131120013750e0e.jpg
                                   赤岳から伸びる県界尾根と真教寺尾根

DSC01320_20131118012508b8d.jpg
           三ツ頭と富士山・南アルプス、三ツ頭から右の尾根は木戸口公園から観音平へ

DSC01342_2013111801250720a.jpg

DSC01346_20131118012507322.jpg

DSC01347_2013111801255710f.jpg 浮かれだしたのか?・・・・枯れ木

DSC01349_20131118012557b51.jpg
                                   北岳・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳

DSC01352_20131118012557453.jpg
                              前三ツ頭まで下って来て、富士山と南アルプス


前三ツ頭迄快調に下りきて、十分景色を堪能し樹林帯に入る。
その頃からガスが出て来て、天の河原に着いた時には富士山も南アルプスも姿を隠していた。
駐車場には数台の車が停まって居り、これから天の河原に向かう観光客の姿が有る。


DSC01353_20131118012557433.jpg 駐車場に戻った



スッキリとした景色、霜柱、初雪、樹氷・・・・、慣れ親しんだ山で一日楽しむ事が出来た。
何時も登山者が多い八ヶ岳、今日は一人でノンビリと出来て良かった。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2013年登山記録 | 23時22分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

干し柿作り

16日に頂いてきた蜂屋柿、今日は3人で干し柿作りを行った。


RIMG0588_20131118201845e11.jpg 皮剥きは慣れているトーマスさんが

RIMG0591.jpg タロウの父は紐に柿を通し

RIMG0610.jpg 熱湯に10秒

RIMG0617_20131118201844940.jpg 今回は紐を長くして吊るしてみた

RIMG0626.jpg タロウの父が作った柿干し場

RIMG0622_201311182018438b3.jpg 8日に下げた百目柿は、良い具合だ


百目柿と比べると大分小さいですネ。
干しあがる時期は同じになるかな?

雨よ・・・・降らないで・・・!!









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 20時35分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は蜂屋柿

先日甲州百目柿を頂いて干し柿の作業を済ませた。
日に日に柿の大きさが、小さくなって来ている。

「もっと柿が欲しいなら、有るよ。」と・・・。
欲張りなタロウの母は、早速柿もぎに伺った。

庭先に鈴なりの柿、蜂屋柿だそうです。
その隣には、甘柿の冨有柿。
先日頂いた甲州百目柿は、裏庭に有った。

これから干し柿にするのは、この蜂屋柿の方が良いと。
百目柿より少し小さめ、細長い形で、干しあがりが早いそうだ。


RIMG0548_20131117001326e69.jpg


長い竹竿の先に枝をはさみクルクルと回すと、面白いように枝ごと取れる。
取っても取っても、まだまだ鈴なり状態・・・。


RIMG0568.jpg

RIMG0567_20131117001325fad.jpg


程々にしないと、皮剥きが大変だからね~。
家に帰ってきて、箱から出してみるとこんなに沢山有ります。
2日くらいこの儘にしておいて、作業を始めます。


RIMG0573_20131117001325b6c.jpg


干しあがったら、甘~い甘~い・・・・・・。
百目柿・蜂屋柿、食べ比べが楽しみになる。





DSC01361.jpg 
 昨日の夕方雨が上がり、庭の枝垂れ桜ごしに夕焼け。







Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時45分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

健康診断の結果は

先日健康診断をタロウの父と私と娘と3人で行って来た。
娘には結果が郵送されてきた。
郵送されてきたと言う事は異常なし。

案の定タロウの父と私には、期日が指定された葉書が届いた。
去年も同じに呼び出しが有ったので、大体予想はついている。

先ずはタロウの父から・・・・
去年と同じに食事・運動等々、注意が有りますネ~。

私の番、中性脂肪・総コレステロール、今年は大丈夫ですョ。
じゃ、なんで呼び出されたの?

「胃の精密検査を受けて下さい。」

胃ですか、思ってもいなかった事です。
はい、初めての胃カメラです。

・・・・・・・


今日の天気予報は晴れ、山に行かなければ!!
冬山になる前に、何処に行こうかな?

景色が良くて、道の様子が分かっていて・・・・
満足感の味わえる山・・・、八ヶ岳の権現岳に登って来た。


DSC01253.jpg


頂上は岩場なので、写真は撮れない(一人では)と思い、手前でセルフでパチリと。
左のとんがっているのが、これから登る権現岳。
右は八ヶ岳の最高峰・赤岳。


快晴、思った通り素晴らしい景色、頂上も一人でゆっくりして来た。
標高の高い山は、来年の夏山シーズンまでお預けだ。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時38分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ