2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | 次のページ

≫ EDIT

塔ノ岳(1491m) 神奈川県

DSC02899.jpg
 完成発売となった「東丹沢登山詳細図」


【山行日】2012年10月27日(土)
【天候】曇り時々晴れ
【形態】2人・日帰り
【コースタイム】大倉(7:35)~分岐(8:06)~大倉高原山の家(8:18)~見晴茶屋(8:29)~掘山の家(9:25-9:45)~花立山荘(10:30-10:38)~塔ノ岳(11:13-12:30)~新大日(13:05)~行者ヶ岳(13:43)~烏尾山(14:04-14:28)~烏尾尾根コース~新芽山荘(15:22)~戸川林道~大倉(16:30)


何度か登った事が有る塔の岳に、今回は先週に続き娘と登った。
私は車で大倉まで行き、運良く登山者用の駐車場に停める事が出来た。
此処に停められないと秦野戸川公園の駐車場(8:30から)になるので、
登山開始が遅くなってしまう。
娘は電車とバスを利用し、増発されたバスから大勢の登山者が次から次と下りてくる。


準備をし、大倉尾根を行く。
後ろに前に大勢の人、階段の連続・・・・、疲れきってしまった。
前に大倉尾根を登った時は、これほど階段が多くなかった気がする。


DSC02819.jpg 秦野戸川公園・大倉バス停

DSC02822.jpg 大倉尾根コース

DSC02823.jpg 未だ歩き易い道を行く

DSC02824-1.jpg 人混みを避け、大倉高原山の家へ

DSC02826_20121028231317.jpg 丹沢の門をくぐり

DSC02828.jpg
             大倉高原山の家、パノラマ展望台からの景色(うっすらと伊豆半島迄見える)

DSC02830.jpg 下山は「秦野の門」

DSC02831.jpg 合流し、見晴茶屋へ 

DSC02833.jpg 階段の始まり

DSC02840.jpg どこまでも続くよ、上へ上へ

DSC02842.jpg 疲れた・・、娘は遥か上を登っている

DSC02844.jpg 花立山荘、もう少しで頂上だ

DSC02847.jpg 疲れを癒して


「先週の北岳、八本歯の方が疲れなかったョ!!」と弱音を吐いてしまった。
「階段疲れでなく、人疲れだね、お母さんは。」と、娘に慰められ・・・・・。
いつもは一人で静かな山登りをしているからね、此処はそうは行きませんョ。
何度か休憩をし、塔ノ岳に着いた。


DSC02851.jpg 真っ白な塔ノ岳頂上

DSC02854.jpg 前に富士山が・・・見えない

DSC02855.jpg 尊仏山荘前で登山詳細図の販売

DSC02857.jpg 今日の目的、勿論購入した


残念ながら、目の前に大きく見える筈の富士山はガスの中で見えない。
今日の目的のもう一つは、「東丹沢登山詳細図」を買う事。
早速購入し、次の山行きの参考に活用し楽しもう。

ゆっくり休憩・昼を済ませ、下山はヤビツ峠方向にする。
こちらのコースの登山道は、岩場・鎖場ありの変化があり楽しい。


DSC02861.jpg 新大日、ヤビツ峠から登って来た人達で賑わう

DSC02863.jpg
                                          目の前に岩場・鎖場が現れる

DSC02869.jpg
                                          岩場の鎖に登山者の姿が

DSC02871-1.jpg 始めて見た、イワシャジンかな?

DSC02873.jpg 鎖を掴み、岩場を登る

DSC02875-1.jpg
                              鎖場を超え、歩いてきた道を振り返る

DSC02876.jpg 行者ヶ岳から三ノ塔と右下に烏尾山

DSCN9862_20121029001529.jpg マユミの木が並んで

DSCN9861.jpg 可愛いマユミの実

DSC02881.jpg 広々とした烏尾山

烏尾山迄下りてきて、仲尾根ルートを利用するつもりいたが、
小屋の方に「今朝雨が降ったので、下山に使うのは止めた方が良い。」と。
烏尾尾根コースを下り、最初はとても歩き易い道が続き足に楽だったが、
途中から急坂になり道も荒れて悪くなった。
戸川林道に下りてきて、ひたすら大倉まで歩く。


DSC02883.jpg 烏尾尾根コースを下る

DSC02888.jpg 戸川林道をひたすら大倉へ

DSC02890.jpg 風の吊り橋を渡り

DSC02894-1.jpg 大倉バス停に戻る


秦野戸川公園に着き、風の吊り橋を渡り大倉バス停に到着した。
大倉尾根コースの登りは階段の連続で参ってしまったが、塔ノ岳からの表尾根縦走コースは楽しかった。
今回は三ノ塔・二ノ塔の方へは行かなかったので、次回はそちらのコースを歩いてみたいと思う。


駐車場隣のお蕎麦屋さん、新蕎麦美味しかった!!

DSC02895.jpg 蕎麦の実がのって

20121027_165450-2.jpg 大きなかき揚げも美味しかった








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 10時39分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋色の庭

DSC02818.jpg


この間の暑さは・・・・・、朝晩とても寒くなってきた。
庭の景色、花も秋色に・・・。

真っ赤な楓の葉、枯れてパラパラ庭に落ちている。
葉が全部落ち寂しくなると、寒~い寒~い季節到来。


DSC02774.jpg

DSC02779.jpg

DSC02783.jpg


今年も沢山の竜胆が咲き、彼方此方から上を向いて咲く。
色も青いのから、赤紫色まで、可愛く綺麗です。


DSC02796.jpg

DSC02786.jpg


八重のクジャクソウ、青・ピンクと多くの花を付けた。
白は一株だけで、植えた場所が悪かったのか余り殖えなかった。
来年は白も沢山咲くと嬉しいナ。


秋色かと思ったら、これはクロッカス?
春に咲いた、なんで又・・・秋咲きって有るの?
寒くなったけど、昼間の暖かさで春と思ったのか・・・。


DSC02362.jpg


それにスミレも彼方此方に咲いている。
畑にあるリンゴの木、何か白い物が所々にある。
近寄って見たら、可愛い花が咲いていた。

勘違いして、咲いてしまったのでしょうね。
可愛いけど・・・寒いでしょ、可哀そうに。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 23時50分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳(2日目) 山梨県

DSC02709.jpg
 肩ノ小屋からの日の出


【標高】3193m
【山行日】2012年10月20・21日(土・日)
【天候】晴れ
【形態】2人1泊2日
【コースタイム】
1日目 広河原(7:18)~分岐(7:46)~二俣(10:00-10:45)~八本歯コル(13:35-14:15)~トラバース道分岐(14:47)~吊尾根分岐(15:16-15:30)~北岳頂上(16:05-16:18)~肩ノ小屋(17:00)
2日目 肩ノ小屋(8:00)~二俣(10:18-11:00)~広河原(12:30)


皆出発して静かな肩ノ小屋から、ゆっくりと眺望を楽しんで小屋を後にする。
今日も真っ青な空に北岳が聳え、周りの山々、紅葉・・・・、素晴らしい2日間を過ごした。


DSC02704.jpg
                             肩の小屋から日の出(富士山、左に鳳凰山)

DSC02708.jpg

DSC02710.jpg

DSC02724.jpg

DSC02727.jpg
                                            仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳  

DSC02731.jpg

DSC02732.jpg
                                       仙丈ヶ岳と左奥に中央アルプス

DSC02737.jpg
                                          甲斐駒ヶ岳と右奥に八ヶ岳

DSC02745.jpg
                                           笑顔の雪ダルマと鳳凰山

DSC02751_20121024004050.jpg 北岳、肩ノ小屋を後に、下山

DSC02752.jpg

DSC02766.jpg

DSC02769.jpg
                 中央に早川尾根、左に甲斐駒ヶ岳、右に鳳凰山、中央奥に八ケ岳

RIMG0050.jpg
                  並んで景色を眺め、仙丈ヶ岳の右に北アルプス(肉眼では)が見える

RIMG0056.jpg
                                 右俣コースより、紅葉のナナカマドと北岳

RIMG0079_20121024010655.jpg
                                     大樺沢に下ってきて、紅葉が見頃

RIMG0080.jpg
                                                 大樺沢から高嶺

RIMG0083.jpg
                                              私のザックも黄葉色    

RIMG0085.jpg
                                          大樺沢から北岳を振り帰る

RIMG0104_20121024012553.jpg 広河原に戻り、あそこから下りて来たんだ・・・・



娘は今回の登山で初と付くものが、北岳・3000m越え・雪・アイゼン・ブロッケン現象・山小屋泊・・・・、
辛くキツイ山登りになってしまったと思うが、それ以上に楽しんでくれたかな?


私にとって今回の北岳(12回目)は、最高に楽しい山登りになった。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 23時23分 | コメント:4 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

北岳(1日目) 山梨県 

DSC02709.jpg
 肩ノ小屋からの日の出

【標高】3193m
【山行日】2012年10月20・21日(土・日)
【天候】晴れ
【形態】2人1泊2日
【コースタイム】
1日目 広河原(7:18)~分岐(7:46)~二俣(10:00-10:45)~八本歯コル(13:35-14:15)~トラバース道分岐(14:47)~吊尾根分岐(15:16-15:30)~北岳頂上(16:05-16:18)~肩ノ小屋(17:00)
2日目 肩ノ小屋(8:00)~二俣(10:18-11:00)~広河原(12:30)



雪で真白な南アルプス、19日肩ノ小屋に電話して登山道の様子を聞き、北岳始めての娘と一緒に登る事にする。
芦安からバスで広河原へ、インフォメーションセンターでセブンで買ったおにぎりをゆっくり食べ、
北岳に向け出発する。


RIMG0002_20121023154516.jpg インフォメーションセンター、登山道の様子を聞く

DSC02530.jpg 広河原、青空に北岳

DSC02536.jpg 吊橋を渡り


白根御池分岐を大樺沢コースを二俣へ向かう。
快晴の空に北岳が聳え、木々の紅葉を楽しみながら順調に進む。


DSC02539.jpg 大樺沢を行く

DSC02548.jpg 足元が滑りそう、注意!!

DSC02559.jpg 二俣はもう少し

DSC02561.jpg ミヤマハナシノブ

DSC02564.jpg グンナイフウロ

DSC02567.jpg 二俣で腹ごしらえ

DSC02573.jpg
                        二俣から(左窪みから広河原峠、白鳳峠、高嶺、鳳凰山)


二俣で大休憩、左俣コース・八本歯を登る事にする(朝は登山道が凍結するので、
この時間の方が雪道が歩きいやすい)。
途中から雪道になり、所々凍結しているので軽アイゼンを付けて登る。


DSC02587.jpg
                                      左俣を登る(後ろは白鳳峠・高嶺)

DSC02584.jpg
                                              バットレスを見上げる

DSC02591.jpg 雪道・凍結、アイゼンの出番

DSC02596.jpg 梯子の始まり

DSC02598.jpg まだまだ続く

DSC02601.jpg ちょっと疲れ、ガンバ!!


梯子をいくつも登り、やっと八本歯ノコルに出る。
大分疲れた様子の娘も、コルに出ての景色を見て「凄いネー!!」と。
雪の間ノ岳・農鳥岳が大きく、素晴らしい景色に疲れを忘れてしまう。

此処で、今の場所と小屋到着が遅れる旨を肩ノ小屋に連絡して置く。
まだまだ先は長いので、ゆっくり休憩と腹ごしらえを済ませ歩を進める。


DSC02608.jpg やっと八本歯ノコルに到着

DSC02610.jpg 八本歯ノ頭が聳える

DSC02611.jpg
                              八本歯ノコルから大きな間ノ岳と向こうに農鳥岳

DSC02619.jpg コルより、良い眺め!!

DSC02605.jpg 頂上は、まだまだ先だね

DSC02620.jpg あそこにも梯子が有るョ

DSC02622.jpg 一段一段、ヨイショ・・・・


またまた梯子を登って北岳山荘へのトラバース道分岐、尾根分岐迄頑張って登って来た。
途中疲れを癒してくれたのがブロッケン現象、何度も何度も現れ
「今日は、ブロッケンの大安売りか!!」との声も聞こえたり・・・・・。


DSC02632.jpg 北岳山荘へのトラバース道分岐

DSC02635.jpg 吊尾根分岐

DSC02636.jpg
                           頂上へ向けてザレを登る(北岳山荘、間ノ岳を下に)

DSC02638.jpg  真っ白な雪、足元注意!!

DSC02641.jpg
                       登ってきましたね~!(農鳥岳・間ノ岳が遥か下に大きい)

DSC02642.jpg
                                  あの岩場を超えれば、頂上は近い!!

DSC02643.jpg
                                       鎖をしっかり掴んで、慎重に!!

DSC02645.jpg
                                     頂上は目の前だよ、 頑張った!!

DSC02650.jpg
                                          ついに到着、凄い景色だ!!

娘にとってはキツイ、辛い急登の連続、この登りを頑張れば北岳頂上に着く、頑張れ!!
やっと到着、北岳頂上!!
頂上から景色、ブロッケンで暫く遊び、肩ノ小屋に向け下る。
両俣分岐から肩ノ小屋を下に見ながらの下り、凍結したザレ場、ちょっと怖かったね。


DSC02652.jpg
                                 疲れた・・・、ホッとして先ずは証拠写真を

DSC02654_20121023182641.jpg
                               北岳最高!!(疲れは吹き飛んだようだね)

RIMG0026.jpg 頂上三角点にタッチ

DSC02655_20121023182641.jpg ブロッケンで一遊び

DSC02667.jpg

DSC02672.jpg 頂上を後に、小屋へ急がないとね

DSC02674_20121023173536.jpg
                             両俣小屋への分岐、目の前に甲斐駒ヶ岳・鋸岳

DSC02676_20121023173536.jpg
                     分岐を肩ノ小屋へ下りる(足元凍結しているね、要注意!!)

DSC02677_20121023180543.jpg
                                   またまた出現、楽しませて頂きましたョ

DSC02682_20121023173535.jpg
                                   下に肩ノ小屋、小太郎山、甲斐駒ヶ岳

DSC02683.jpg 肩ノ小屋に着き、夕日

小屋に入り「暖か~い。」、冷たい風が吹いていたからね、頑張って登ってくれた娘にありがとう!!


    2日目に続く



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 2012年登山記録 | 14時41分 | コメント:0 | トラックバック:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘と北岳へ

20・21日、娘と北岳に登って来ました。
18日午後に降った雪で山は白く、青空と紅葉を楽しんできました。


DSC02654.jpg 頂上で感動


楽しめたのは、私だけかな?
娘は北岳登山は始めて、相当きつかった事でしょう。
頑張った後には、素晴らしい景色の御褒美が有りました。


DSC02655.jpg ブロッケンで大喜び


付き合ってくれた娘にありがとう!!
何度登っても飽きることのない景色、最高です。


DSC02751.jpg 2日目の朝も快晴、寒~い!!


7月・8月・9月・10月、いつ登っても大満足の山です。
又来年キタダケソウを見に行きますョ~!!




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

| 田舎暮らしあれこれ | 11時14分 | コメント:2 | トラックバック:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページ